このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • サステナビリティ 
  • CyberAgent Way 

 

サイト内検索

1 10
379

テクノロジーで競輪の映像体験をアップデートする ―WINTICKETが提供する新機能「WINLIVE」

競輪・オートレースのインターネット投票サービス「WINTICKET(ウィンチケット)」が新機能「 WINLIVE 」の提供を開始。 その裏側には、テクノロジーの力で市場拡大を実現させてきた「WINTICKET」の挑戦が。本記事では、機能開発の背景などを、(...

生成AIがもたらす「業務改革」とは?生成AI導入を総合的にサポートする「AIシフトサービス」

(株)AI Shiftより、企業が生成AIを活用するための業務改革を総合的に支援する「AIシフトサービス」の提供を開始しました。 本記事では、AI シフトサービス事業責任者の磯野と、生成AIリスキリング講師を務める伊藤が、企業が生成AIを導入すべき理由やサ...

目指すのは、1,000名以上の技術者のハブになること。オフライン交流イベント「reCAver」運営の想い

サイバーエージェントには、各事業領域で蓄積された技術的知見を積極的に共有し、所属組織や職種を超えた技術者同士の交流促進を目的とする 様々な取り組み があります。その1つ、全社横断の技術者向けオフライン交流イベント「reCAver(リカバー)」は、コロナ禍...

AWS分野のDeveloper Expertsが挑戦する、生成AIプロダクトを成功に導くためのエンジニアリングマネージメントのあり方

当社には、特定の分野に抜きん出た知識とスキルを持ち、第一人者として実績を上げているエンジニアを選出する「Developer Experts制度」があります。2024年4月、AWS分野のDevelopers Expertsに新たに選出されたのが、2019年...

「極予測AI」データサイエンティストに聞く「生成AIを活用した商品画像の自動生成機能で、広告クリエイティブ制作はどう変わるか?」

「極予測AI」は2023年12月に 商品画像の自動生成機能 を開発し、翌2024年1月から本格運用を開始しました。本機能は、従来の撮影プロセスに代わり、AIが複雑なシチュエーションや素材を考慮した高品質な商品画像を瞬時に生成することを可能としています。こ...

アジアで大ヒット『青春18×2 君へと続く道』藤井道人監督が語る、映画づくりの内核 

台湾を筆頭にアジアで大きな反響を呼んでいる映画『青春18×2 君へと続く道』。 本作は、映画『新聞記者』で日本アカデミー賞最優秀賞を受賞し、興行収入30億円の大ヒットを記録した『余命10年』など、数々の話題作を生み出してきた藤井道人が監督・脚...

神奈川県とタップルが目指す新しい結婚支援

2023年11月、神奈川県とマッチングアプリ「タップル」は若い世代の結婚支援に取り組むため「マッチングアプリの適正利用促進に関する連携協定」を締結しました。 ※1 2023年に結婚したカップルが出会ったきっかけの25.0%が「マッチングアプリ」 ※2 だとい...

「10年以上蒔いた種が、ようやく花を咲かせてきた」主席エンジニアが語る、セキュリティ対策のあるべき姿

2022年より導入した「 主席認定制度 」において、10年以上当社のセキュリティ強化に真摯に向き合い続けている野渡が、主席エンジニアの1人に選出されました。 経営層、各開発責任者が絶大な信頼を寄せる野渡ですが、主席エンジニア就任時の思いを「10年以上にわた...

サイバーエージェントのプロダクトリリースを支える「PipeCD」が、世界に通じるOSSになるまで。

サイバーエージェントが開発したOSS「 PipeCD 」は、KubernetesやGoogle Cloud Run、Amazon ECS、AWS Lambdaといった様々なプラットフォームで統一的なGitOpsスタイルのプログレッシブデリバリーを実現します。本プ...

社内のクリエイターに向けて発表した「画像生成AIガイドライン」策定の裏側

当社には、全社横断で高いクオリティを維持し競争力にすることを目的とした、クリエイターによる横軸組織「 CA Creative Center 」があります。同組織が掲げた2024年度の戦略テーマは「創造性の進化、クリエイターの新章」 クリエイターの創造性をより...