このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

技術支援制度

Developer Experts制度

サイバーエージェントには、特定の分野に抜きん出た知識とスキルを持ち、その領域の第一人者として実績を上げているエンジニアに、新たな活躍の場を提供するとともに、各専門領域において、その分野の発展のための貢献および、サイバーエージェントグループに還元することを目的とした「Developer Experts制度」があります。

「Developer Experts」の選出は、これまでの実績に基づいて、サイバーエージェントが注力する技術領域から5名を選出しました。任命されたメンバーは、担当領域における、その技術や使われ方などについて中立的な立場で発信することで、各担当領域の活性化に貢献することを目指します。

「Developer Experts」の5名には、大きく以下の3つの役割が任されています。

1. 各専門領域において高い専門性を身につけ、その発展に貢献すること。
2. 対外活動(登壇・コミュニティ活動・執筆・情報発信)を通して、各専門領域の発展に貢献すること。
3. 各専門領域におけるサイバーエージェント全体の旗振り役として、管轄や事業部の垣根を超えて、担当領域の相談を受けたりサポートすること。


これらの活動を支援するため、会社からは国内外を含む活動費のサポートを行い、全面的にバックアップしていきます。

Developer Expertsのご紹介

青山 真也

担当領域:Kubernetes / Cloud Native

プロフィール
2016年新卒で入社しアドテク本部に所属。入社後、OpenStackを使ったプライベートクラウドやGKE互換なコンテナプラットフォームをゼロから構築。国内カンファレンスでのKeynoteや海外カンファレンス等、登壇経験多数。世界で2番目にCertified Kubernetes Application Developer、138番目にCertified Kubernetes Administratorの認定資格を取得。著書に『Kubernetes完全ガイド』『みんなのDocker/Kubernetes』。現在はOSSへのコントリビュート活動をはじめ、Cloud Native Days TokyoのCo-chair、CNCF公式のCloud Native Meetup TokyoやKubernetes Meetup TokyoのOrganizerなどコミュニティ活動にも従事している。

コミュニティ
Cloud Native Days Tokyo 2019 共同委員長
Kubernetes Meetup Tokyo 主催
Cloud Native Meetup Tokyo 主催
KubeCon 日本交流会 主催

登壇情報
Google Cloud Kubernetes Day 基調講演
・Japan Container Days v18.04 基調講演
・情報処理学会 コンピュータシステムシンポジウム 2018 招待講演
・Developers Summit 2019 招待講演
KubeCon + CloudNativeCon China 
など多数

メディア掲載
KubernetesとOpenStackは、クラウドネイティブに向けた旅を支える
Kubernetesとは何か?3大クラウドが追従する「コンテナ管理」入門
OSSコミュニティ活動が技術的成長と事業貢献につながる
サイバーエージェントがKubernetesで独自に構築!アドテク 特化のコンテナ基盤とは?

書籍
Kubernetes完全ガイド
みんなのDocker/Kubernetes

SNS
Twitter
GitHub

五藤 佑典

担当領域:動画技術 / プロダクトデザイン

プロフィール
米国カリフォルニア州立大学サンバナディーノ校でグラフィックデザインを学んだ後、大手 IT 会社にてマーケティングとデザイン業務に従事。現職でエンジニアに転向。現在は AbemaTV 開発本部にてプロダクトのデザインとエンジニアリングに広く携わる傍ら、動画技術エバンジェリストとして国内外で動画事業における技術調査を行っている。著書に『Atomic Design ~堅牢で使いやすいUIを効率良く設計する』がある。
動画技術やデザインに関する最新情報をキャッチアップするためNAB ShowClarityIBCdemuxedなど、世界各地で開催されるカンファレンスにも参加している。

メディア掲載
日本を代表するメディアを創るために~AbemaTV が対峙する技術的課題と開発の現場【Connected Media TOKYO 2019】

書籍
Atomic Design ~堅牢で使いやすいUIを効率良く設計する

SNS
Twitter
Blog

谷 拓樹

担当領域:UXデザイン / プロダクトデザイン

プロフィール
中小企業向けの事業ベンチャーから、フリーランスでの受託、起業などを経験。Web のフロントエンド開発だけでなく、UI 設計・デザイン・ディレクションをおこなう。現在は株式会社サイバーエージェントのフロントエンドエンジニア、UX エンジニアとして従事。その他講演活動、技術書の執筆もおこなう。代表著書『Web制作者のためのCSS設計の教科書』

メディア掲載
「一旦これで」は黄色信号――エンジニアとデザイナーの“意思疎通がうまくいかない問題”の解決法

書籍
Web制作者のためのCSS設計の教科書
iPhone & Android スマートフォンサイト制作の教科書
HTML5+CSS3で作る 魅せるiPhoneサイト

SNS
Twitter
GitHub
note

降矢 大地

担当領域:Android

プロフィール
2011年サイバーエージェントに入社。さまざまな新規サービスの立ち上げに携わり「AbemaTV」の立ち上げにもリードエンジニアとして携わった。現在も新規サービスの開発を行っている。2016年にGoogle Developers Expert(GDE)に加入し、shibuya.apkをはじめとする、多くの勉強会で登壇を行なっている。

コミュニティ
Shibuya.apk 運営

SNS
Twitter
GitHub

桝田 草一

担当領域:アクセシビリティ

プロフィール
セールスからウェブ業界に転身し、ウェブ制作会社を経て、2017年にサイバーエージェントへ入社。「FRESH LIVE」のウェブフロントエンド開発を経て、現在はCATS(CyberAgent Advanced Technology Studio)にて新規サービスの開発、また社内外でのアクセシビリティの啓蒙・推進に従事している。ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)作業部会2(実装)委員。

コミュニティ
ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)
Japan Accessibility Conference - digital information vol.2 主催
CA11Y

メディア掲載
アクセシビリティ」の本当の意味とは? より多くの人にサービスを届けるその実践法

SNS
Twitter
Blog
 

Developer Expertsの紹介記事