このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サイバーエージェントのESG

サイバーエージェントでは1998年の創業以来、「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンを掲げ、インターネット領域で事業を展開してまいりました。当社では、様々な事業や独自の社内制度、有する経営資源を通じて、社会への貢献をめざしています。

積極的な人材投資

市場環境の変化が激しく、変化対応力が求められるインターネット産業では、急速な変化に対して、しなやかに対応できる人材こそが事業成功の要であると考えます。工場など大型の設備投資が必要ない本産業では、人材こそが最も重要な経営資源と捉え、人材の採用、育成、活性化へ積極的に取り組んでまいります。

カルチャー

次世代IT人材の育成

2013年5月に設立した株式会社CA Tech Kidsでは、国内産業の中長期的な成長、国際競争力向上に重要なIT技術者の育成・輩出をめざし、小学生を対象としたプログラミング教育事業を運営しています。多くの子どもたちがプログラミングに触れる機会を創出するため、通学型のプログラミング教室や地域による機会格差を是正するオンライン教材を提供。2018年にはIT業界全体で取り組む小学生プログラマーコンテストを主催し、高度IT技術を使いこなす人材の育成に尽力しています。

また2020年より⼩学校においてプログラミング教育が必修化されることに先⽴ち、地⽅⾃治体や⼩学校と連携し、出張プログラミング授業や教員向け研修を実施。政府・中央省庁に対しプログラミング教育についての政策提⾔を⾏うなど、公教育におけるプログラミング教育の推進・発展にも積極的に取り組んでいます。

次世代へのIT教育

情報インフラ機能を担うインターネットテレビ局

2016年4月に開局したインターネットテレビ局「AbemaTV」は、スマートフォンで最新のニュース・情報を無料で閲覧することができます。普及が進み、常時携帯される機器となったスマートフォンでサービスを提供し、緊急地震速報など災害等の有事にはリアルタイムで24時間報道することで、インターネット時代の新たな情報インフラとしての機能を担います。

情報インフラ機能の強化

コーポレート・ガバナンス

サイバーエージェントは、経営の健全性および透明性の向上、コーポレート・ガバナンスの強化を経営の重要課題の一つと位置づけ、2017年に監査等委員会設置会社に移行。当社のカルチャーや企業価値を深く理解する独立社外取締役3名が、豊富な経験に基づき経営方針等に対する助言、取締役による業務執行の監査・監督などを行っています。

2008年より、取締役交代制度「CA8(取締役の原則8名と定め、2年度毎に原則2名の取締役を入れ替える独自制度)」を導入してきましたが、一定の成果が出たこと、更なる事業拡大に伴う体制構築のため廃止いたしました。2018年10月からは、多様化する事業ポートフォリオに対応するため、一定期間取締役を増員し、経営体制の一層の強化、充実を図ってまいります。

ガバナンス