tr?id=1308001332621334&ev=PageView&noscript=1 このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

カルチャー

人材の成長=企業の成長

サイバーエージェントは創業以来、人材の「採用・育成・活性化・適材適所」を重視し、組織に所属する人材の資質をきちんと把握し、人材の能力を最大限に活かした事業を成長産業であるインターネット領域で展開することで、成長を続けてきました。大きな設備投資などを必要としないインターネット産業では、優秀な人材が重要な経営資源であり、人材の育成と最適な適材適所が企業の競争力に直結します。社員一人ひとりがモチベーション高く挑戦し、決断機会を数多く経験することが個人の成長につながり、ひいては事業の成長、業績の向上につながると考えています。

企業文化を支える仕組み

サイバーエージェントでは市場環境の変化に合わせ、これまで多くの新規事業を立ち上げ、大型のM&Aに頼らない自前成長を続けてきました。その挑戦の過程では多くの失敗も経験しましたが、失敗を恐れて挑戦を躊躇すれば、変化の速いインターネット産業ではあっという間に取り残されてしまいます。事業拡大を図るとともに、撤退ルールを明確にした仕組みを設けることで、常に挑戦できる環境を創るとともに、人事制度では「挑戦と安心はセット」を掲げ、人材が安心して大きな挑戦を続けられる環境づくりを促進しています。多くの当社オリジナルの人事制度によって、男女を問わず優秀な人材がワーク・ライフを充実させながら、長く継続して働ける会社をめざしています。

挑戦できる環境

  • 取締役交代制度 CA8(シーエーエイト)

    取締役の人数を8名と定め、2年毎に原則2名の取締役を入れ替えます。事業戦略にあわせた役員構成とし、経営人材を多く保有することで強い会社組織体をつくり、事業拡大を目指します。

  • 人材育成

    次世代経営者育成制度 CA18(シーエーエイティーン)

    「CA8」(取締役8名)に加え、次世代経営者の育成や経営の透明性向上の目的から選抜された執行役員10名を合わせて「CA18」とする制度。「CA18」のメンバーのうち、取締役8名を除いた10名のうち原則3名が、1年に1度入れ替わります。

  • 人材育成

    新卒社長

    若手の抜擢が活発に行われているサイバーエージェントに存在する「新卒社長」という言葉。新卒としてサイバーエージェントに入社し、子会社の社長に就任する社員のことを指し、入社1年目から子会社社長に就任するケースもあります。

    新卒社長が目指す未来

  • あした会議

    経営陣を中心としたチームで、サイバーエージェントの「あした(未来)」に繋がる新規事業案や中長期での課題解決案を提案、決議する会議。年に2度開催し、この会議から毎回複数の事業立ち上げが決定しています。

    社員から見た「あした会議」の効用

  • CAJJプログラム・スタートアップJJJ

    事業創出と成長を促すとともに、事業の撤退基準を明確化した当社独自制度。収益化している事業を対象とした「CAJJプログラム」と、原則設立2年以内のスタートアップ事業対象とした、「スタートアップJJJ」があります。

    CAJJプログラム・スタートアップJJJ

  • 新規事業コンテスト スタートアップチャレンジ

    社員・内定者向けの事業プランコンテスト。役員へのプレゼンを経て、事業案が決議されればすぐに事業化へと移ります。サイバーエージェント流の新規事業を生み出す仕組みの1つです。

  • ダイバーシティ

    女性管理職

    女性が長く働ける環境づくりと同時に取り組んでいるのが、女性マネジメントの活用。現在の女性管理職比率は約2割。女性執行役員も活躍しています。

    WOMEN LEADERS 7人の女性リーダーたち

  • 人材育成

    次世代リーダー育成制度 CA36

    20代を中心とした次世代リーダー候補18名を選抜し、役員が講師となる月1回の研修を実施することで、部署をまたいだ交流と若手と役員の接点を生んでいます。

    次世代リーダー育成制度「CA36」で、参加社員が学んだこととは

  • コミュニケーション

    社員総会

    半年に1回、サイバーエージェントグループ全社員が参加する社員総会を実施。経営方針プレゼンのほか、MVPなどの表彰式を行い、活躍した社員を称えます。

  • コミュニケーション

    YMCA

    20代の若手社員活性化組織。若手版あした会議や若手版社員総会の実施を通じ、20代社員の部署を超えたコミュニケーション促進、経営への提言などを行っています。

安心できる福利厚生

  • ワークライフバランス

    女性活躍促進制度 macalon

    女性が出産・育児を経ても働き続けられる職場環境の向上を目指して8つの制度をパッケージ化した独自制度。「ママ(mama)がサイバーエージェント(CA)で長く(long)働く」という意味があります。

    女性活躍促進制度 macalon

  • ENERGY(エンジニア向け技術支援制度)

    勤務する技術者が常に自身の能力向上を図り、開発に集中することができる環境を提供するための制度。技術者の活力を引き出す人事制度として8つの制度をパッケージ化しています。

    ENERGY(エンジニア向け技術支援制度)

  • ワークライフバランス

    生産性向上施策 棚卸会議

    「棚卸会議」とは個人や組織のパフォーマンスを上げるための取り組みで、年2回、各部署で全ての業務を明らかにして必要ない業務を棚卸し、業務圧縮を図っています。

    新たな生産性向上への一手 パフォーマンスを上げる業務改善の取り組み「全社棚卸会議」

  • ワークライフバランス

    家賃補助制度 2駅ルール・どこでもルール

    勤務しているオフィスの最寄駅から各線2駅圏内に住んでいる正社員に対し月3万円、5年以上勤続している正社員に対してはどこに住んでいても月5万円の家賃補助を支給します。

  • ワークライフバランス

    リフレッシュ休暇 休んでファイブ

    心身のリフレッシュ、そしてさらなるチャレンジを目的に、入社3年目以上の正社員が毎年5日間の特別休暇を取得できます。

  • ワークライフバランス

    健康促進施策

    仕事に集中できるよう、健康維持のためサイバーエージェントではインフルエンザ予防接種や婦人科検診費用を全額会社負担しているほか、無料で月2回までマッサージが受けられるマッサージルームを完備しています。

  • コミュニケーション

    月一面談

    上司と部下のコミュニケーション機会を増やすため、サイバーエージェントでは月1回の面談を推奨しています。足元の業務状況を月に1回共有することで、組織内のミスコミュニケーションを防ぎます。

  • コミュニケーション

    部署懇親会

    月1回の部署懇親会を推奨し、1人あたり5,000円の懇親会費用を会社が負担しています。

  • 退職金制度

    業績連動型退職金制度。30歳から積立を開始し、40歳から受け取ることが可能です。 当社業績と連動し営業利益の一定率を配分します。

  • サポ飯

    社内で様々な種類のお弁当が通常価格よりも安く購入できる「サポ飯」。一部費用を会社が負担しています。

    ランチ代をサポート!その名も「サポ飯」

適材適所を叶える制度

  • 人材育成

    人材の適材適所

    大型の設備投資がないインターネット産業では、人材が大きな競争力であり、経営資源です。最大の経営資源である人材の能力を最大限に引き出すため、また変化の激しい当産業にあわせ適切な人材配置を行うための独自施策です。

    人材の適材適所

社員データ

オフィス環境