事業内容 - インターネット広告事業

インターネット広告事業は、サイバーエージェントを中心とした、連結子会社21社で展開しており、インターネット広告の取扱高は、国内ナンバーワンです。
広告予算を持つ広告主に、スマートフォン広告やPC向け広告を販売しています。

主要子会社

動画広告

当社では、需要が高まる動画広告において様々なソリューションを提供しております。
詳しくは、「一目でわかる サイバーエージェントの動画広告」をご覧ください

アドテクノロジー事業

広告効果を最大化するアドテクノロジーを網羅的に提供しています。
詳しくは、「日本一やさしいアドテク教室」をご覧ください

特長

日本国内の一般世帯へのスマートフォンの普及が6割に達する中、スマートフォン広告がインターネット広告市場の成長を牽引しています。また、「Facebook」や「Twitter」に代表されるタイムライン上のインフィード広告が昨今のトレンドです。 サイバーエージェントは、スマートフォン広告市場シェア25.7%、インフィード広告市場シェア24.1%と、インターネット広告のリーディングカンパニーになっています。

※出典:㈱サイバーエージェント/㈱シード・プランニング デジタルインファクト共同調べ、 2015年1月から12月の当社実績と各社の開示資料を元に算出