このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

安心・安全なサービス

公正な広告取引

サイバーエージェントの広告代理事業では、2017年2月にコンプライアンス局、2017年3月にアドフラウド対策委員会、2017年6月にブランドセキュリティセンターを設置し、インターネット広告のリーディングカンパニーとして健全で透明な広告取引を推進し、取引先のみなさまが安心して出稿できる広告代理店を目指しています。
コンプライアンス局
提案書、申込書、管理画面、レポートの監査を定期的に実施し、取引のすべての段階で整合性が取れているかをチェックしています。広告審査では提案する広告の内容がJIAA(日本インタラクティブ広告協議会)のガイドラインや法令を順守し、公序良俗に則しているかを審査。また、広告事業を展開する事業部や子会社の販売管理の品質向上のため、販売管理部門の体制強化、管理フローの随時見直しを行い、ノウハウ・ナレッジの連携を強固にしています。

アドフラウド対策委員会
アドフラウド(広告不正)を防ぐことを目的に、広告事業部門と法務・コンプライアンス室がグループ横断で対策ガイドラインを策定し、グループ内で有する高度なアドテクノロジーへの知見を活用し、アドフラウドが疑われるサイトへの広告出稿を制限する仕組みを構築しています。

ブランドセキュリティセンター
取引先のみなさまが安心して広告出稿できるよう、2017年6月に24時間365日ブランドセーフ監視を行う専門組織「ブランドセキュリティセンター」を設立。広告主のブランド価値の毀損を防ぐと同時に、広告の機会損失を最小限にするサービス「CAブランドセキュリティ」により、広告品質の高さを保ちながら、最大限の広告効果を追及いたします。