インターネット広告事業

現在、日本国内の一般世帯へのスマートフォンの普及が64.7%(※)まで拡大し、スマートフォン広告がインターネット広告市場の成長を牽引しています。
スマートフォンが普及したことで、「Facebook」や「Twitter」に代表されるソーシャルメディアの活用が広がり、ソーシャルメディアのタイムライン上に掲載されるインフィード広告や、動画広告が昨今のトレンドになっています。
サイバーエージェントは、2016年のスマートフォン広告市場シェア21%、インフィード広告市場シェア26.5%と、インターネット広告のリーディングカンパニーとして市場を牽引しています。

※出典:内閣府経済社会総合研究所「消費動向調査(2016年3月実施調査結果)」

13520_ext_02_0.png?a5bd941aae6b4a44257de996cfd45eb4

インターネット広告

動画広告

アドテクノロジー事業

主要子会社

13520_ext_22_0.png?671c630c136d389fab3efaa6f19a1b02

インターネット広告事業の関連子会社をご紹介します。
こちらからご覧ください。