このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

プレスリリース

AIで検索キーワード毎に「CTR予測値が高い画像」を一括制作する「極予測トリミング」の提供を開始 ー検索連動型広告の画像表示オプションにいち早く対応ー

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、AI事業本部において、検索キーワード毎にCTR予測値が高い画像を一括制作する「極予測トリミング」の提供を開始いたします。 

昨今、検索連動型広告をはじめとする運用型広告では、広告効果最大化を目的とした継続的な運用が重要とされており、当社では広告効果向上に向け、AIを活用し広告画像・テキストの自動生成および効果の事前予測を行う「極予測AI」や「極予測TD」を提供しております。

そしてこのたび、検索キーワードに対し関連性の高い画像を選択するとともに、AIによって広告効果が高いと予測される素材箇所を自動で切り取り配信する「極予測トリミング」の提供を開始いたします。本機能は、Googleが6月に発表した「検索連動型広告の画像表示オプション」※1 に対応しております。

本サービスでは、広告主企業の素材に加え、当社が提携する6,000万点以上の素材の中から検索キーワードに対して関連性の高い画像を選択することが可能な上、選択した画像からAIによってCTRが高いと予測される箇所を自動で切り取ります。

これにより、多くの主要キーワードに対して効率的にCTR予測値の高い画像を設定することが可能となり、配信設定までの制作プロセスの短縮化および、検索連動型広告をはじめとする広告クリエイティブ素材制作における広告効果向上が見込めます。
 
当社は今後も高い技術力をいかし、広告クリエイティブ・テキストにおける表現の多様性や予測精度の更なる向上を図る研究開発を進め、新しい広告クリエイティブの価値提供を目指すとともに、広告主企業のみなさまの広告効果最大化に尽力してまいります。


※1 Googleのテキスト広告において画像を表示することができる機能
各検索キーワードに応じて適切な画像を設定することで、広告効果の最大化を図ることが可能となります。