このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

プレスリリース

AIで広告クリエイティブ制作を一変、報酬は広告効果がでた時のみの料金体系「極予測AI」の提供を開始

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、AI事業本部において事前に広告配信効果を予測する「効果予測AI」を開発いたしました。AIを活用した革新的な制作プロセスで広告クリエイティブを制作し、広告効果がでた時のみクリエイティブ制作費を成功報酬とする「極予測AI(キワミヨソクエーアイ)」の提供を開始いたします。

近年、デジタル広告において活用が進む運用型広告では、広告効果を維持するために短期間で多種多様かつ大量な広告クリエイティブの制作と、迅速なクリエイティブ運用が必要とされています。さらに、既存の広告クリエイティブよりも広告効果の向上が期待できる「勝てる広告クリエイティブ」を高確率で作り出すことがますます期待されていますが、効果を維持・向上するために必要なクリエイティブアイディアは属人的な能力に依存され、大量のアイディアを継続的に生み出し続けることは限界があります。

このような背景のもと、当社ではAIを活用した革新的な広告クリエイティブ制作プロセスにおいて制作された広告クリエイティブについて、広告効果が出た時のみクリエイティブ制作費を成功報酬とする「極予測AI」の提供を開始いたしました。
※イメージ図・AI SCOREは参考値
※イメージ図・AI SCOREは参考値
これまで、一般的に効果予測AIは大量に制作された新規クリエイティブ同士で広告効果の予測値を競い、高スコアのバナーが企業に納品されてきました。このたび提供を開始した「極予測AI」は、新規クリエイティブ同士の効果予測ではなく、現在配信中で最も効果が出ている既存クリエイティブに対し新クリエイティブの効果予測値を競わせ、AIによる効果予測値が既存1位よりも上回った新クリエイティブのみを広告主に納品し、広告配信いたします。また、本技術は静止画・動画共に対応しており、現在特許出願中です。(2020年5月15日現在)

先行テストでは、「配信中で広告効果1位の既存クリエイティブ」に対する広告効果の勝率比較において、「通常の制作プロセス」によるクリエイティブの勝率と「極予測AIによる制作プロセス」によるクリエイティブの勝率を比較した際、「極予測AI」が「通常プロセス」の2.6倍という結果が出ました。
このような効果改善のご期待に応えるべく、「極予測AI」にて制作した広告クリエイティブは、広告効果が確認できた場合にのみクリエイティブ制作の報酬をいただく、成功報酬型で提供いたします。


なお、「極予測AI」の事前予測ロジックは、広告配信やクリエイティブ制作における技術課題の解決に取り組む当社のAI研究開発組織「AI Lab」と共に研究開発しており、今後、学術研究会の場において研究論文の発表を予定しております。


現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、広告クリエイティブ素材や人物の撮影が中止される状況が続いていますが、当社ではクリエイティブ専門子会社を多数保有し、バーチャル撮影システムや3Dスキャン技術を保有する株式会社CyberHuman Productions株式会社Ca Design等と連携し、3DデータやCGも活用し、高品質なクリエイティブ制作に取組んでおります。

このような取り組みや「極予測AI」をはじめ、当社は今後も高い技術力をいかし、「AI Lab」による研究開発や新サービスの開発を進めることで、新しいクリエイティブの価値提供を目指すとともに広告主企業のみなさまの広告効果最大化に尽力してまいります。