このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

IT人材の育成

プログラミング教育の啓発活動

CA Tech Kidsでは、プログラミングコンテストの開催や、プログラミング検定の実施などプログラミング教育を啓発するための様々な広報活動を行っています。

小学生プログラミングコンテストの開催

小学生を対象としたプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix」(テックキッズグランプリ)は『21世紀を創るのは、君たちだ。』 をスローガンに掲げ、VISION(ビジョン:子どもたちの掲げる夢や実現したい世界観)、PRODUCT(プロダクト:夢を実現するクリエイティブなアイデアとそれを体現した作品)、PRESENTATION(プレゼンテーション:自身のビジョンやプロダクトを社会に発信していく姿勢)の3 つの観点から審査を行っている国内最大規模のプログラミングコンテストになります。また、より多くの子どもたちにプログラミング学習の手応えを感じてもらう機会を提供すべく、全国各地の自治体等と連携をして、各地域のプログラミングコンテストを同時開催しました。

2018年より毎年開催し、3年目となる本年度は、前年度の1.5倍を上回る2,189件の応募が全国各地より寄せられました。厳正なる一次、二次、三次審査を経て、選出された10名の小学生が、12月6日に渋谷ストリームホールにて行われた決勝プレゼンテーションにて、自身の作品を発表しました。

Tech Kids Grand Prix 2020の様子
Tech Kids Grand Prix 2020の様子

プログラミング能力検定

サイバーエージェントでは、「森塾」「自立学習RED」などの学習塾を全国で200教室以上展開し3万人超の生徒を擁する株式会社スプリックスとの共同出資によって、プログラミング検定の開発・実施を行う新会社として、プログラミング総合研究所を2020年2月に設立。これからのデジタル社会を生きる小中高生に向けて、プログラミングの知識やスキルを測定する検定「プログラミング能力検定」 を2020年12月より定期的に実施しています。2022年度より高校で必修化され、2024年度の大学入試共通テストの情報科目となるプログラミングへの対応を目的に、プログラミング概念の理解度を客観的に分析・評価することで能力を詳細に把握、それまでの学習の成果を明らかにし、今後の効果的な学習につなげていくことが可能となります。
「プログラミング能力検定」プレ実施の様子
「プログラミング能力検定」プレ実施の様子