このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

「QUREOプログラミング教室」が小学校への出前授業を開始 全国47都道府県に展開する2,400教室のネットワークを活用

~授業を希望する小学校の募集を受付~

プログラミング教育

株式会社CA Tech Kids株式会社スプリックスとの合弁会社である、プログラミング教材の開発・運営・販売事業を行う株式会社キュレオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、運営する小学生のためのプログラミング教室「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」において、小学校への出前授業の実施を開始することをお知らせいたします。

【「QUREOプログラミング教室」出前授業について】
この度開始する出前授業は、「QUREOプログラミング教室」が全国47都道府県に展開する2,400教室のネットワークを活かし、各地の小学校の近隣にある「QUREOプログラミング教室」が出前授業を行うという取り組みです。独自のオンライン教材を活用し、簡単なゲームを題材にしながらプログラミングの基礎的な概念である順次処理、条件分岐、繰り返し、並列処理、角度などを学習する授業を行います。プログラミング初心者の子どもに向けて、最初の一歩を楽しく学ぶことができる内容となっております。

出前授業実施の様子
出前授業実施の様子

【出前授業実施の背景】

2020年度より小学校でのプログラミング教育が必修となりましたが、学校教員の7割以上がプログラミング教育に不安を感じており、「児童にプログラミング教育を行える教員が学校にいるか」という問いには、約5割が「いない」と回答したことを示す調査(※1)も報じられております。同年に生じた新型コロナウイルス感染症拡大によって、一斉休校や分散登校、長期休暇の延長など変則的な対応が求められ、この2年の学校現場の負担は非常に大きいものがありました。また同時に、GIGAスクール構想による児童の1人1台端末の配布が1年前倒しの2020年度内にほぼ納品完了した一方で、その端末の活用範囲は各自治体に委ねられており、多くの学校が現在模索している状況です。そうしたなか、プログラミング教育の学習方針が決まっていない、適切な教材が見つかっていない、という課題を持つ学校現場を支援することを目的として、今回の出前授業の取り組みに至りました。
また当社では、かねてより課題視されていたプログラミング教育の地域格差を解消すべく、全国各地への教室展開を推進しております。国内最大の教室数となった「QUREOプログラミング教室」の全国ネットワークを活かし、出前授業を希望される小学校へ、その近隣にある教室が出前授業を行うことで、より多くの子どもたちがプログラミングに触れる機会を提供してまいります。

 

【出前授業をご希望される小学校の募集について】

出前授業をご希望される小学校の募集を開始いたします。出前授業をご希望される小学校関係者のかたは、下記の対応教室一覧ページをご確認の上、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
◎出前授業対応教室一覧 https://qureo.jp/class/news/news-11874
◎出前授業お問い合わせフォーム https://forms.gle/sw3k9mGWmsgyuCnd6
※ 出前授業は、「QUREOプログラミング教室」の出前授業対応教室の所在エリアにおいて実施します。一部対象外のエリアもございますので、対応教室一覧をご確認の上、詳細はお問い合わせください。


 

■「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」とは

「QUREOプログラミング教室」は、未経験の子どもでも本格的なプログラミングの基礎を楽しく効果的に学ぶことができる小学生のためのプログラミング教室です。2019年4月より全国各地への展開を開始し、2021年11月末現在で国内47都道府県にて2,400教室を突破し、教室数国内No.1を誇ります(※2)。加えて、2019年7月より国外ではタイ、マレーシアにも展開しております。

サイバーエージェントグループで2013年よりプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kidsと、国内最大規模の個別指導事業などを展開する株式会社スプリックスが共同開発した運営マニュアルなど、全国の教育事業者向けに質の高い運営サポート体制を提供しています。2020年には、第17回日本e-Learning大賞にて「総務大臣賞」の受賞や、アジアの優れたEdTechサービスを表彰する第1回Global e-Learning Awardで表彰されるなど、提供するオンライン教材と運営サポート体制が国内外で評価されています。また、2024年度の大学入学共通テストから必修となる「情報」のプログラミングに関する範囲への対応を目指した資格試験「プログラミング能力検定」に準拠したカリキュラムを提供し、同検定が実施された2020年より全国各地で多数の合格者を輩出しています。

教室数 : 全国47都道府県2,300教室 (2021年4月末時点。タイ、マレーシア含まず)
対象  : 小学2年生以上
授業料 : 各教室によって異なります。無料体験受付中(一部教室除く)
公式サイト https://qureo.jp/class/


※1 参照データ:「プログラミング教育必修化に関する調査報告書2020年7月」/一般財団法人LINEみらい財団

※2 小学生を対象としたプログラミング教室事業者(アプリケーションやゲームの開発を主とするソフトウェアプログラミング系およびロボットプログラミング系を含む)において、2021年11月末時点当社調べ。

 


■会社概要

社名   株式会社キュレオ
所在地  東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア
設立   2019年4月1日
資本金  75百万円
株主   株式会社CA Tech Kids 60%、株式会社スプリックス 40%
役員   代表取締役社長 上野 朝大
事業内容 小学生向けプログラミング教材の開発・運営・販売事業
■本件に関するお問い合わせ先
株式会社キュレオ 広報担当 E-mail:qureo_business_support@qureo.jp