このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

香川県三豊市のみとよAI社会推進機構(MAiZM)が主催する小中学生向けコンテスト「MAiZM Pepperプログラミングコンテスト2021」結果発表

~ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」を活用するプログラミング~

プログラミング教育

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である小学生向けプログラミング教育事業の株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、全国No.1小学生プログラマーを決めるプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2021」(読み:テックキッズグランプリ)が連携する、香川県三豊市の「MAiZM(マイズム) Pepper(ペッパー) プログラミングコンテスト2021」が発表した表彰結果をお知らせいたします。

香川県三豊市は、人工知能(AI)を用いて地域課題を解決し、新たな地方創生を目指す「三豊モデル」の推進に注力されています。2019年4月には、三豊市、香川高等専門学校、香川県出身であり人工知能研究の第一人者として知られる、東京大学大学院の松尾研究室の3者が連携し、一般社団法人みとよAI社会推進機構(通称:MAiZMマイズム)を設立し、AI人材の育成を軸に、地域や企業が抱える課題のAIによる解決の支援、実証実験などに取り組まれています。
この度、MAiZMが初めて主催する小中学生向けのプログラミングコンテストとして「MAiZM Pepperプログラミングコンテスト2021」を開催し、ソフトバンク株式会社およびソフトバンクロボティクス株式会社の協力のもと、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を使ったプログラム作品を募集しました。10月23日(土)に三豊市財田庁舎内のMAiZMで表彰式が開催され、以下に記載する5名が受賞しました。


なお、連携する各地域コンテストの最優秀受賞者1名は、国内最大の小学生向けプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2021」の3次審査へ進出することとなり、本大会においては、優秀賞を受賞した小学5年生の西山魁人さんの進出が決定いたしました。

「MAiZM Pepper プログラミングコンテスト2021」表彰結果

グランプリ 吉田 好汰さん(中学1年生)  作品名「ペッパーが詫間町を紹介」
優秀賞 西山 魁人さん(小学5年生)    作品名「ダンシングPepper」
奨励賞 木村 謙佑さん(小学5年生)  作品名「ぼくの住む丸亀市」
篠原 幸太さん(小学5年生)  作品名「一般相対性理論〇×クイズ」
安藤 千倖さん(小学6年生)  作品名「ペッパーとクイズ」
受賞者と表彰式の様子
表彰の様子
表彰の様子
受賞者コメント

吉田 好汰さん(中学1年生)
作品名 :「ペッパーが詫間町を紹介」 
作品内容:三豊市詫間町に伝わる浦島太郎伝説を交えながら、町の魅力を「Pepper」が紹介する作品

「賞をもらえてびっくりしましたが、うれしかったです。詫間町の魅力が伝わる様な写真を自分で撮りに行ったり、分かりやすい地図を使ったりして、もっと興味を持ってもらえるようにしたら、もっといいものが出来ると思いました。

 

開催にあたって一般社団法人みとよAI社会推進機構 会長 山下昭史氏よりコメント

「今回は、MAiZM初のプログラミングコンテストの開催ということで、地域の子どもたちが一生懸命作った作品を披露、そして評価していただける場を設けることができ、大変嬉しく思っております。ご支援、ご協力いただきました関係者の皆様に厚くお礼申し上げます。
MAiZMではさまざまなプログラミング体験教室を開催しておりますが、子どもたちは少し学べる環境を与えるだけで、無限大の発想力で楽しみながらプログラミングに取り組んでいる姿が印象的です。このようなコンテストを開催することにより、自分の作品を振り返り、ほかの人の作品を見て学ぶことで、自身の知識やアイデアを増やし、ものごとを広い視野でとらえていけるような人材が育ってくれることを願っております。
今後も、子どもたちをはじめとした市民や事業者の皆様が、自らの可能性を切り拓いてチャレンジすることを支援してまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。」

「Tech Kids Grand Prix 2021」の地方連携について

「Tech Kids Grand Prix」は、『21世紀を創るのは、君たちだ。』 をスローガンに掲げ、これに賛同する全25の企業や団体とともに、これからの時代を担っていくすべての小学生に向けて実施する国内最大のプログラミングコンテストです。2018年より開催しており、4年目となる本年度は全国20地域の自治体等と連携し、地元の小学生を対象とした地域プログラミングコンテストを同時開催しています。9月24日に締め切った応募総数は、昨年度の1.4倍を超える3,122件におよび、その46%が首都圏・京阪神を除くエリアからの応募となり、全国各地の小学生が挑戦してくれました。(※応募総数の詳しいデータはこちら

「Tech Kids Grand Prix 2021」では、3,122件の中から選ばれた10名のファイナリストが自身の作品をプレゼンテーションし、その場で全国No.1小学生プログラマーの称号を競う「決勝プレゼンテーション」を12月5日(日)に開催し、その様子をLIVE配信で無料公開します。

本件に関するお問い合わせやメディアの方はこちらへお問い合わせください。

株式会社CA Tech Kids 広報担当:真下/桑野
Tel: 03-5489-8639 / E-mail: pr@ca-techkids.com