このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

プレスリリース

3DCGで「CG HUMAN」を制作、AI×CGによる多種多量な広告クリエイティブ制作と広告運用に強みをもつ「株式会社CyberHuman Productions」 が始動

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、以下サイバーエージェント)は、3DCGによる動画広告制作に特化した株式会社CGチェンジャー(本社:東京都品川区、代表取締役社長:芦田直毅、以下CGチェンジャー)について、株式会社CyberHuman Productions (読み:サイバーヒューマンプロダクション 本社:東京都品川区、代表取締役社長:内藤貴仁、以下CyberHuman Productions)へと社名変更を行い、3Dスキャニングから3DCG動画広告の制作・運用を行う会社として始動することをお知らせいたします。

デジタル広告市場の成長に伴い、ブランド企業のデジタル広告活用が動画広告を中心に広がり、特に3DCGを用いた動画広告は、商品の魅力を訴求したいメーカー企業を中心に需要が拡大しています。さらに今後は5G回線などによる高速化・大容量化を控え、3DCGにおいてもより高品質な動画制作が可能となるとともに、デジタルマーケティングの効果を継続するために多種多量な広告クリエイティブの制作が求められています。


このような背景のもと、AI技術を活用し、「ハイスピード・ハイクオリティ」かつ「3DCGを用いた多種多量な広告クリエイティブの制作と運用」を提供することを目的に、当社グループ子会社である
AVATTAが保有する世界有数の3Dスキャニング技術を取り込み、新たに「株式会社CyberHuman Productions」へと社名変更いたしました。


CyberHuman Productionsでは、引き続き企業の製品やキャラクターのCGを活用した動画クリエイティブを制作するとともに、フォトグラメトリー技術を用いてリアルで高品質な3Dモデルを短時間・低コストで制作し提供いたします。多忙な著名人も短時間でスキャン・3DCG化し、「CG HUMAN」を作成することが可能です。
これまで、実際の広告配信の結果を元に、より良い広告クリエイティブを模索する「クリエイティブ運用」を行なう場合、あらかじめ様々なパターンの撮影を行なう必要がありました。しかし、「CG HUMAN」を用いることで再撮影を行う必要なく、広告配信ターゲットに最適化されたセリフやダンスなどの動きに変えた、新しい広告クリエイティブを作成し配信運用することが可能です。
さらに、パーツデータの組み合わせにより広告配信ターゲットに最適化された架空人物モデルの
「CG HUMAN」を創造し、広告クリエイティブを作成することもできます。

 

■CG HUMANの制作~クリエイティブ運用

目黒に専用スタジオ 「カムロ坂スタジオ」をオープン
また、サイバーエージェントでは動画広告クリエイティブ制作に最適化した撮影・編集スタジオとして「カムロ坂スタジオ」を9月にオープンいたしました。白ホリスタジオ・ハウススタジオ・グリーンバックスタジオ・3Dスキャンスタジオなど、4つの撮影スタジオと編集・録音ルームを併設し、さまざまな用途に対応可能な複合型のスタジオです。撮影・音声収録・編集・3Dスキャンを一つのスタジオで完結させることで、スピーディーな動画制作が可能です。
CyberHuman Productionsでは、今後も3DCGにおける動画制作技術の向上を目的とし、以前より取り組んでいた早稲田大学 森島研究室との共同研究や、サイバーエージェントの広告事業におけるAI技術の研究・開発組織「AI Lab」と共に3DCGやフォトグラメトリー技術の研究開発に努めてまいります。そして、従来の広告クリエイティブ制作の慣習や常識にとらわれず、CGHumanをはじめとした3DCGによる自由自在なコンテンツと、未来の新しい広告の在り方をつくる集団として、企業の広告効果最大化に貢献できるよう邁進いたします。

会社概要

商号 株式会社CyberHuman Productions
設立日 2017年6月1日
社名変更日 2019年7月31日
所在地 東京都品川区西五反田四丁目31番18番
代表者 内藤 貴仁
資本金 1,500万円
出資比率 100%(株式会社サイバーエージェント)
事業内容 3DCG動画広告制作事業
フォトグラメトリースタジオ事業
AR / VR等3DCGコンテンツ制作事業