このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

広告クリエイティブ審査ソリューション「AJA GREEN」が著名人及び番組名を利用したクリエイティブを検知する商用フィルタ機能を拡充

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社AJA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野屋敷健太)は、提供する広告クリエイティブ審査ソリューション「AJA GREEN」において、著名人および番組名を利用している広告クリエイティブを検知する商用フィルタ機能を拡充いたしました。

「AJA GREEN」は、メディアに掲載される広告クリエイティブをすべて事後審査することで、メディアのブランド毀損を防ぐソリューションです。メディアに掲載された広告クリエイティブの監視および事後審査により、薬機法および景表法に抵触する恐れのある広告クリエイティブやメディアのブランド毀損につながるようなリスクの高い広告クリエイティブを、専用の管理画面にてレポーティングされます。メディアは本ソリューションを活用することで、膨大な工数と時間を要する広告クリエイティブの審査において、不適切な広告クリエイティブおよび配信元である広告主やアドネットワーク、SSPを効率的に把握することができ、適切な対策を迅速に講じることが可能となります。

この度「AJA GREEN」の新たな機能として、テキストに著名人名および番組名を利用している広告クリエイティブや画像に著名人の肖像を利用している広告クリエイティブを検知し、優先的に抽出することができる専用フィルタを搭載いたしました。今回の機能拡充によって、消費者が誤解を招くような広告クリエイティブや記載されている内容が事実と異なるような広告クリエイティブの抽出が可能となります。

株式会社AJAでは、これまでサイバーエージェントがメディア運営において培ったノウハウや技術力を強みに、優良なメディアの収益向上支援および健全な広告取引を推進していきます。
 

「AJA GREEN」管理画面イメージ