このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • サステナビリティ 
  • CyberAgent Way 

 

エンジニアコース

バックエンドエンジニア(サービス/広告/ゲーム/DX/プロダクト共通基盤/データエンジニアリング)

サイバーエージェントは、インターネット産業を軸にメディア事業・インターネット広告事業・ゲーム事業など、様々な事業を展開しています。弊社が提供するサービスにおいて、新機能開発や運用、新規事業立ち上げ時の技術選定など、多岐にわたる開発業務に携わっていただきます。

職種紹介

広告/サービス/ゲーム/DX
 

▼業務内容
メディアサービス(ABEMA,タップル,AWAなど)、広告プロダクト、ゲームなど、日本最大級のユーザ数、トラフィック量を支えるためにプロダクトの設計、開発を行います。Golang, Java, Scala, PHPなど多種多様な言語での開発に加え、パブリッククラウドや各種仮想化技術を利用したシステム構築など幅広い領域の業務に携わります。またアプリ・EC・デジタルサイネージの配信システム開発など、小売・医療・行政を含む事業領域の社会課題解決にむけたDX推進も行います。

▼技術キーワード
#Golang #Kotlin #Scala #Node.js #PHP #Java #Docker #AWS #GCP #Kubernetes



プロダクト共通基盤
 

▼業務内容
プロダクトを横断して使用される、管理画面自動生成システム・モバイル端末検証管理システム・画像最適化配信システムなどの共通基盤の開発・運用を行います。

▼技術キーワード
#Docker #AWS #GCP #Kubernetes



データエンジニアリング
 

▼業務内容
データの活用により当社の事業を発展させるためのシステム開発に関する業務に取り組みます。具体的には、推薦・検索システムの開発・運用、機械学習システムの運用やデータ管理の効率化に関する技術開発を担当します。ソフトウェア開発の一般的なスキルに加えて、データや機械学習の活用に関する専門性をいかすことができます。

▼技術キーワード
#情報推薦 #検索 #BI #Kubernetes #Database #データマネージメント #SRE #CICD #MLOps


配属について

2021年度 新卒バックエンドエンジニア配属先
 

そのほか配属先(一部)
※一部の子会社・関連会社では、別採用を行っています。


配属先の決め方
※より深く知りたいと思っていただいた方は、会社説明資料「CyPitch」をご覧ください。

新卒社員の声

大橋 萌枝

大橋 萌枝

バックエンドエンジニア
株式会社Colorful Palette
2021年入社

株式会社Colorful Paletteで「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」のリアルタイム通信基盤を中心に様々な業務に関わっています。バックエンドチームでは主に新規機能実装、運用、負荷試験、インフラ業務など幅広く担当しています。ゲーム運用では新機能のリリースが頻繁にあり、かつハイパフォーマンスなサービスの提供が必要となるため、スピード感とクオリティを常に担保しながら開発することを心掛けています。技術を学び、実装し、リリースするというサイクルを短期間で回し、それに対して熱量が高いユーザからSNSなどを通して率直なご意見をいただけることで、エンジニアとして楽しみながら成長し続けることができています。

久米 祐貴

久米 祐貴

バックエンドエンジニア
AI事業本部
2021年入社

位置情報データを活用し、小売店舗への来訪を促す広告配信プロダクト「AirTrack」にて、広告配信基盤の新規機能開発・パフォーマンスチューニングを業務の主とし、要件定義・設計からコーディング・インフラの運用まで行っています。昨年は、数ヶ月にわたる大規模なデータストア移行を行っていました。また、機械学習エンジニアやデータサイエンティストとともに、データ基盤や新たな配信システムの構築にも取り組んでいます。取り扱うデータ数は億単位であり、それに耐えうる技術が求められることや、エンジニアとしてもビジネスの視点を持ち、議論・提案できることに面白さを感じています。

倉田 慧

倉田 慧

バックエンドエンジニア
AWA株式会社
2021年入社

定額音楽ストリーミングサービス「AWA」の運用に加え、ユーザーやアーティストが音楽を通して繋がり合うプラットフォーム「LOUNGE」の開発を行っています。直近では、新機能の開発だけでなく、「LOUNGE」の負荷対策にも取り組んでいます。リアルタイム通信が発生する「LOUNGE」では、音楽の再生以外にも多くの処理が必要になるため,負荷の急増を想定した対策が必須になります。チームは少人数で編成されているため、1人ひとりが幅広い技術領域を担当します。また、エンジニア職だけでなくビジネス職の業務効率化も行っており、組織が一丸となって事業を成長させようと尽力しています。新しい音楽の価値をユーザーに届け、直接反応をいただけるリアクティブなサービス開発がやりがいになっています。


エンジニア社員の割合

関連記事