このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager」がFacebook Dynamic Ads with Local Productsに対応 フィードの情報更新を自動化し運用工数を大幅削減 ~ フィットネスクラブやエステサロンなど複数店舗を保有する広告主のOMOマーケティングを支援 ~

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、データフィードマネジメントサービス「CA DataFeed Manager(シーエーデータフィードマネージャー)」において、新たに「Facebook Dynamic Ads with Local Products」に対応いたしました。

「CA DataFeed Manager」は、企業が保有する自社の商品データに基づき、各広告配信先の仕様にあわせ最適化したデータフィード(※1)を生成するツールです。ダイナミックリターゲティング広告をはじめ、検索連動型広告や動画広告など、多様な配信先と連携しているほか、充実したオプション機能も備えており、広告配信時のオペレーションに関する管理コストを削減し、広告の費用対効果の最大化に貢献いたします。

「Facebook Dynamic Ads with Local Products」は、ユーザーの位置情報・店舗の緯度経度を元に、指定の半径内にいるユーザーに対し「Facebookダイナミック広告」の配信を行う機能です。

これまで、「Facebook Dynamic Ads with Local Products」を活用した広告配信にはデータフィードの手動更新が必要となり、フィットネスクラブやエステサロンなど複数の店舗を保有する広告主にとってはデータフィード更新にかかる運用コストが高いという課題がありました。

このたび「CA DataFeed Manager」が「Facebook Dynamic Ads with Local Products」に対応したことにより、データフィードの情報を自動で更新することが可能となり、大幅な運用工数の削減を実現いたしました。また、手動運用で起こり得る人的な更新ミスが無くなることで、より最適で効果の高い配信を見込めます。

当社で実施した「Facebook Dynamic Ads with Local Products」を活用した広告の自動配信事例では、通常のFacebookダイナミック広告配信比でCTR225%、CPA88%の改善を実現。

今後も「CA DataFeed Manager」は機能強化を図ると同時に、広告主企業に対しFacebook広告を活用したOMOマーケティング促進に貢献して参ります。


 

※1 データフィードとは、企業が保有する自社の商品情報をリスト化したデータです。

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社サイバーエージェント インターネット広告事業本部 広報担当
E-mail : honbu_pub@cyberagent.co.jp