このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

AIを活用し成功報酬型の広告クリエイティブを提供する「極予測AI」、導入数500アカウントを突破

効果予測AIの活用により、動画広告で獲得件数が2.5倍向上する事例も

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)はAI事業本部において、AIを活用した革新的な制作プロセスで広告クリエイティブを制作する「極予測AI(キワミヨソクエーアイ)」の導入アカウント数が500件を突破したことをお知らせいたします。 なお、「極予測AI」を活用し制作した動画広告の事例において、獲得件数が導入前比較で2.5倍増加する結果が出ております。

近年、スマートフォンでの動画視聴が一般的となり、5Gによる通信速度の高速化が進むなど動画メディアの普及が急速に進んでいます。多くの情報を伝えることができる動画広告のニーズは高く、多種多様な動画広告フォーマットの開発および広告効果の向上が期待されています。

このような背景のもと、当社では広告クリエイティブによる広告効果の改善最大化を目的に「効果予測AI」を活用し、革新的な制作プロセスで静止画および動画広告のクリエイティブ制作を行い、広告効果が出た時のみクリエイティブ制作費を成功報酬とする「極予測AI」を2020年5月より提供してまいりました。このたび、「極予測AI」導入アカウント数は提供開始から約3ヶ月で500件※1 を突破し、動画広告の実績においては、「通常の動画広告クリエイティブの制作プロセス」の配信結果と比較し、獲得件数が2.5倍に増加する事例もみられました。

「極予測AI」では、新規の動画クリエイティブを考案する過程で「効果予測AI」を活用し、複数の動画素材の中から広告に最適な素材・箇所を抽出しレコメンドを行い、より広告効果の高い動画クリエイティブを制作することが可能です。
このような、これまでにないプロセスで「広告効果の出せる動画クリエイティブ」を制作することで広告表現の幅を広げ、多種多様な広告クリエイティブを提供し、導入アカウントの広告効果改善へ貢献いたします。

当社は今後もAI研究開発組織「AI Lab」と共に「効果予測AI」の開発に取組むことで、静止画・動画共に広告クリエイティブにおける表現の多様性や予測精度の更なる向上を図る研究開発を進め、新しい広告クリエイティブの価値提供を目指すとともに、広告主企業のみなさまの広告効果最大化に尽力してまいります。

※1 2020年8月18日時点