このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

AIを活用した広告クリエイティブ制作プロセスを提供する「極予測AI」、導入数400アカウントを突破

導入アカウントで獲得件数が163%に向上する事例も

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)はAI事業本部において、AIを活用した革新的な制作プロセスで広告クリエイティブを制作する「極予測AI(キワミヨソクエーアイ)」の導入アカウント数が400件を突破したことをお知らせいたします。なお、「極予測AI」を活用した事例において、獲得件数が163%に増加する結果が出ております。

近年、デジタル広告において活用が進む運用型広告で効果を維持するためには、多種多様かつ大量の広告クリエイティブの制作や迅速なクリエイティブ運用、さらに、既存の広告クリエイティブよりも広告効果の向上が期待できる「勝てる広告クリエイティブ」を高確率で作り出すことが重要となっております。

当社では、広告クリエイティブによる広告効果の改善最大化を目的に、2020年5月より「効果予測AI」を活用し、革新的なプロセスで制作された広告クリエイティブにおいて、広告効果が出た時のみクリエイティブ制作費を成功報酬とする「極予測AI」を提供しております。

アカウント導入実績について

このたび、2020年5月の提供開始から約2ヶ月で「極予測AI」導入アカウント数は400件※1を突破いたしました。さらに、「極予測AI」を導入した運用型広告の配信アカウントの実績では、「通常の広告クリエイティブの制作プロセス」における配信結果と比較し、獲得件数が163%に増加する事例がみられました。

「極予測AI」では、当社のAI研究開発組織「AI Lab」と共に「効果予測AI」の開発に取組むことで、予測精度の継続的な向上を実現しており、この「効果予測AI」を用いた制作プロセスで制作された広告クリエイティブを提供することで、多くの導入アカウントの広告効果改善へ貢献しております。

当社は今後も高い技術力を生かし、更なる予測精度の向上を図る研究開発を進め、AIを活用した高品質なクリエイティブの制作および新しいクリエイティブの価値提供を目指すとともに、広告主企業のみなさまの広告効果最大化に尽力してまいります。


極予測AIについて
「極予測AI」は、事前に広告配信効果を予測する「効果予測AI」を活用し、革新的な制作プロセスで広告クリエイティブを制作いたします。
また、配信中で最も効果が出ている既存クリエイティブに対し新クリエイティブの効果予測値を競わせ、AIによる効果予測値が既存1位よりも上回った新クリエイティブのみを広告主に納品・広告配信を行い、広告効果がでた時のみクリエイティブ制作費を成功報酬型で提供しております。

※1 2020年7月21日時点