このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

「AbemaTV」が5月の人気番組ランキングを発表“史上初の快挙”を成し遂げた藤井聡太七段の将棋対局と、 「AbemaTV」3周年記念特番『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』の生中継が上位を席巻

~オンデマンドエンタテイメント「Abemaビデオ」の再生数は、「今日、好きになりました。香港編」がTOP3を独占~

動画

株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、2019年5月1日(水)から5月31日(金)までに放送された番組の視聴データをもとにした5月の人気番組ランキングを発表いたします。

■「AbemaTV」5月の人気番組ランキング


※本ランキングは、2019年5月1日(水)から5月31日(金)までに放送された全番組を対象に算出。
※「Abemaビデオ」は、「AbemaTV」の放送で見逃した番組を一定期間、好きな時に見ることができる機能
※「Abemaビデオ」は月額960円(税込)のAbemaプレミアムへのご登録で利用可能。一部の番組は登録することなく無料で視聴可能


「AbemaTV」の2019年5月の人気番組ランキングは、将棋と『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』の生中継が上位を席巻いたしました。1位には、5月31日(金)に将棋の高校生棋士・藤井聡太七段が強敵の先輩棋士・菅井竜也七段に勝利した、『第32期 竜王戦4組 ランキング戦 決勝』の生中継がランクインしました。プロデビューから3期連続で竜王戦のランキング戦で優勝したのは藤井七段が初めてで、“史上初の快挙”を生み出した本対局は日本中の関心を集めました。


続く2位には、5月18日(土)夜7時より「AbemaSPECIALチャンネル」で生放送された「AbemaTV」3周年記念特番『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』がランクイン。昨年の大晦日に行われた、プロボクシング世界5階級制覇フロイド・メイウェザー・Jr選手との試合で大きく注目を集めた現RISE世界フェザー級王者・那須川天心選手による本企画では、「AbemaTV」特別ボクシングルールにのっとり、1000万円の賞金をかけて那須川選手と挑戦者が対戦。今をときめく那須川選手との“夢の対戦”に、多くの視聴者が熱狂しました。さらに、9位と10位にも本企画の挑戦者を決定するトーナメントなど関連番組がランクインしました。
また、6月22日(土)夜7時からは、那須川選手とWBA世界ライトフライ級、WBC世界フライ級、WBA世界バンタム級と日本人初の世界3階級制覇を果たした元プロボクサーの亀田興毅さんの夢の対戦カードが実現する『AbemaTV1000万円シリーズスペシャルマッチ那須川天心VS亀田興毅』の放送も決定。新時代「令和」の格闘界を担う那須川選手と、圧倒的な強さと派手なパフォーマンスで常に注目を集めてきた「平成」を代表するファイター・亀田選手による日本中が待ちわびた究極の戦いにも注目が集まります。

3位は、5月17日(金)に行われた『第77期 名人戦 七番勝負 第四局 2日目』の生中継がランクインし、4位~6位、8位にも羽生善治九段や藤井聡太七段ら、人気と実力を兼ね備えた棋士の対局が連なるなど、注目のタイトル戦を24時間編成している「将棋チャンネル」で放送された番組がランキングを席巻する結果となりました。
さらに、7位には「AbemaTV」の本開局から3周年を迎えたことを記念し、『テレビ朝日ネオバラ&AbemaTVリレーーー→放送WEEK』と題してテレビ朝日の看板バラエティー4番組の完全オリジナル企画を「AbemaTV」でリレー放送した企画のうち、『アメトーーク!』がランクイン。番組では、ケンドーコバヤシさん、笑い飯・西田幸治さん、かまいたち・山内健司さんら、が集結し、『AVサミット2019』を開催。白熱の激論に、視聴者からも「神回!」「これがAbemaTVで見れて最高」「底知れぬ面白さ!」といった大興奮の声が多数寄せられました。

 

「AbemaTV」オリジナル番組のランキングでは、全体ランキングにも登場した『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』や、『アメトーーク!』などの人気番組が占めるなか、「AbemaTV」が独占生中継した最大級の都市型ロックフェス『メトロック2019 独占生中継!Day2』と『メトロック2019 独占生中継!Day1』がそれぞれ5位と7位にランクイン。今年の「メトロック2019」は、「メトロック」史上最大数のアーティストのパフォーマンスを生中継でお届けし、放送中の総視聴数が300万を突破したほか「メトロック」がTwitterにて最高3位にトレンド入りするなど、大きな話題を呼びました。2日間の生中継の中で、瞬間最高視聴数となったのは圧倒的人気を誇る4人組バンド・KingGnuが「白日」を披露した瞬間でした。現在、いつでも見たい番組を何度でも楽しめるオンデマンドエンタテイメント「Abemaビデオ」では、あいみょん、Official髭男dism、04 Limited Sazabys、山本彩など一部アーティストのパフォーマンス映像を全編公開しているほか、打首獄門同好会、キュウソネコカミ、THE ORAL CIGARETTETSなどのライブの模様や特別インタビューも公開しております。ぜひご覧ください。(https://abema.tv/video/title/289-21)

「AbemaTV」の番組をいつでもどこでも見放題のオンデマンドエンタテイメント「Abemaビデオ」のランキングは、人気恋愛リアリティーショー『今日、好きになりました。』の香港を舞台にした最新シリーズがTOP3を独占。シリーズ初となる香港ディズニーランドという“夢の国”で繰り広げられた恋模様は大きな話題を呼びました。
 

※オリジナル番組ランキングは、2019年年5月1日(水)から5月31日(金)までに「AbemaSPECIALチャンネル」、「AbemaSPECIAL2チャンネル」、「AbemaGOLDチャンネル」、「AbemaPremierチャンネル」、「AbemaEXTRAチャンネル」、「AbemaNewsチャンネル」、「麻雀チャンネル」、「将棋チャンネル」にて放送された全オリジナル番組を対象に算出


5月のニュースランキング1位は2019年5月28日に起きた川崎19人連続殺傷事件を受けて被害児童が通っていた私立カリタス学園が開いた記者会見、2位は同事件の速報という結果となりました。また3位には、俳優の原田龍二さんが自身の不倫騒動を受けて31日の夕方に開いた謝罪会見の生中継が、6位にはアイドルグループ・KAT-TUNの元メンバー・田口淳之介容疑者が大麻取締法違反で逮捕されたニュースがそれぞれランクインするなど、社会的に影響力のある芸能人の動向も大きな注目を集める結果となりました。
 

■「AbemaTV」5月 コメント数ランキング  


「AbemaTV」では、Twitterアカウントと連携させてコメントを投稿することで、視聴者が番組放送中にリアルタイムで様々な感情を発信することができ、SNSを通してそのメッセージが広く共有・共感されています。ここでは、そのようなコメントの多かった番組シーンのランキングを発表いたします。

1位となったのは、「ゴールデンウィークは“ずっと俺のターン!!!”」と銘打ち、5月1日(水)から「みんなのアニメチャンネル3」にてノンストップで一挙配信された人気TVアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の5月3日(金)の放送回で、劇中の人気キャラクター・城之内が死んでしまうことを予感させる次回予告が流れ始めたシーンがランクイン。ファンの間では“史上最大のネタバレ”として語り継がれる本シーンに、視聴者からは「これを見に来た」「ネタバレ予告きたーーーー」「伝説の神予告」など、歓喜のコメントが多く寄せられました。


続いて、2位はダンス&ボーカルグループのGENERATIONS from EXILE TRIBEのレギュラー番組『GENERATIONS高校TV』の生放送内にて、GENERATIONS初となる5大ドームツアー『GENERATIONS LIVE TOUR 2019 "少年クロニクル"』の開催がメンバー自身から発表された直後のシーンがランクイン。待望のツアー情報や、7月からスタートする3ヶ月連続シングルリリース決定など、最新情報が盛りだくさんとなった本放送回には、視聴者から「待ってました!!」、「涙止まらない!」といった歓喜のコメントが殺到し、SNSでは、「#GENE」と「#少年クロニクル」がトレンド入りするなど、多くの話題を集めました。
また、3位には全体ランキングでも首位に輝いた『第32期 竜王戦4組 ランキング戦 決勝』の生中継がランクインしました。将棋の対局も、「AbemaTV」のコメント機能を用いて視聴者自身が感想を残しながら視聴するスタイルが定着しつつあると言える結果となりました。


開局3周年を迎えた「AbemaTV」では、オリジナルドラマやレギュラーバラエティ番組、ニュース、格闘の中継、アニメなど、多くの方に楽しんでいただけるような幅広い番組ラインナップを取り揃えています。今後も「AbemaTV」では、インターネットテレビ局という全く新しいスタイルの動画配信サービスとして生活の中に深く浸透したサービスになることを目指し、コンテンツ拡充やサービスの機能拡充を積極的に行ってまいります。
 

■「AbemaTV」について

「AbemaTV」は、"無料で楽しめるインターネットテレビ局"として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供し、利用者を伸ばしています。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、いつでもどこでも好きな番組を楽しめるオンデマンドエンタテイメント機能「Abemaビデオ」では、国内発の動画サービスで日本No.1(※1)を誇るオリジナルエピソード常時18,000本以上を配信しています。さらに、「Amazon Fire TVファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応し、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」や、既に放送が開始された番組を放送中でも最初から視聴することができる「追っかけ再生機能」など、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。
(※1) 2019年5月末時点、自社調べ

■「AbemaTV」概要

名称 「AbemaTV(アベマティーヴィー)」
配信 PC(ブラウザ)/ Google Play /App Store  / Amazon Appstore
推奨環境  
・PC版
推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降
推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)、
Internet Explorer 11以降(Windows)
推奨ソフトウェア:Adobe Flash Player
・Androidスマートフォン/タブレット
推奨環境:Android4.4以降
・iPhone/iPad
推奨環境:iOS9.0以降のiPhone(4S以降)、iPad(2以降)、iPad Air、iPad mini
・テレビ
シャープ AQUOS
ソニー 4Kブラビア®
パナソニック 4K ビエラ
レオパレス21 LifeStick
Amazon Fire TV 4K
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
AppleTV (第4世代)
CCCAIR AIR Stick 4K
Google Chromecast (推奨環境:第1世代以降)
・VRデバイス
Google Daydream View
OS:Android7.0以降
・スマートスピーカー
Amazon Echo Dot
Amazon Echo
Amazon Echo Plus