このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

「Ameba」のスキルシェアリングサービス「REQU(リキュー)」が誰でもスキル出品可能に

ブロガーが自分の特技を販売、Amebaとのシナジーを最大化

メディア

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)が運営する「Ameba」のスキルシェアリングサービス「REQU(リキュー)」は、これまでスキル販売者について審査制であったところから、このたび、どなたでも出品できるようにすると共に、スマートフォンアプリの提供を開始したことをお知らせいたします。

「Ameba」は2004年にブログサービスを開始して以来、15年間にわたり著名人から一般の方まで、多くの方々にブログを開設いただいております。その後、様々なSNSが登場する中でも、ブログでは形式にとらわれず自由に発信でき、記事を書き貯めて振り返ることができるストック性があることから、育児マンガやプチプラコーデ紹介、婚活や子供の受験勉強の記録など、主婦層を中心に自らの体験記や長期の記録などを綴るブログならではのジャンルのブロガーが人気となっております。その中には書籍化や映画の原作になるなど活躍の場を広げる方も多く、SNS上で影響力を持つ「個人」の活躍がめざましくなっています。

「REQU(リキュー)」は、このように多くの価値ある個性について発信しているユーザーを多く抱える「Ameba」が2018年6月に開始したスキルシェアリングサービスとして、これまでに多くの芸能人や有名人、著名インフルエンサーが、販売者として自らが持つ知識や特技といったスキルを審査制で販売してまいりました。このような中、試験的に実施していた一般販売者の中でも自らが持つスキルや特技を元に高い売上実績を築く方が登場し、販売者審査にも「Ameba」の人気ブログと親和性のあるジャンルで多くのリクエストをいただいております。

近年、働き方の多様性が広がる中、より個人が影響力をもち、自らのスキルを価値に変える人が増えることが予想されており、当社ではこうした背景のもと、「REQU(リキュー)」の販売者について、スキル販売をこれまでの審査制から、希望する方はどなたでも販売できるように変更するとともに、本日5月23日より販売用アプリの提供を開始いたしました。

「Ameba」では今後も個人の発信をサポートするサービスとして運営するとともに、「REQU(リキュー)」のさらなる機能拡充によって、影響力を持つ個人の活動を支援する総合的なプラットフォームとして開発を進めてまいります。

※販売手数料について、2018年6月より期間限定で無料としておりましたが、4月25日以降新規で販売開始する商品を対象に、15%とさせていただきました。