このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

プレスリリース

新オフィス「Abema Towers」をグランドオープン

~ビル1Fに「AbemaTV」スタジオを設置、渋谷のランドマーク的存在へ~

サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、2019年3月に本社を渋谷・宇田川町の「Abema Towers(アベマタワーズ)」に移転し、このたびビルをグランドオープンしたことをお知らせいたします。

当社では2000年に渋谷に本社を設置して以来、事業成長および社員数増加と共に本社付近のビルの借り増し、オフィス増床を繰り返しておりました。このたび「Abema Towers」に本社を移転し、これまで分散していたメディア事業・ゲーム事業・全社機能のオフィスを集約することで、社員同士のコミュニケーション促進を図ると共に、内製した各種独自システムの導入によって業務効率化を図ります。また、ビル1Fにはインターネットテレビ局「AbemaTV」の公開スタジオ「UDAGAWA BASE」を設置し、ここからの番組発信により東京・渋谷のランドマークとなることを目指してまいります。
 

Abema Towersの主な施設・特徴について

1.「AbemaTV」公開スタジオ「UDAGAWA BASE」
ビル1Fに「AbemaTV」の公開スタジオをオープン。FANTASTICS from EXILE TRIBEが出演したこけら落とし特番には300人ものファンが集まりました。HIPHOPチャンネルの番組「AbemaMix」など、東京・渋谷発のインターネットテレビ局「AbemaTV」の番組配信を通じて、「UDAGAWA BASE」が渋谷のランドマーク的存在になることを目指しています。
©AbemaTV
©AbemaTV
2.カフェ、食堂を備えたリラクゼーションフロア
社員が手軽に食事をとることができる食堂やカフェ、コンビニエンスストアを併設したリラクゼーションフロアを設置。社員同士のコミュニケーションを促進します。
3.会議室利用状況やエレベータ混雑状況の可視化
3,000名が勤務する「Abema Towers」では混雑の緩和のため、会議室やエレベータホール、お手洗いなどの混雑状況を可視化。社員が席に居ながらにして各場所の混雑状況を把握できるようにいたしました。また、会議室状態の可視化では、実際に利用している社員数とスケジューラーの予約状況を付け合わせることにより、予約時間や会議室の広さを最適化し、社員の無駄な時間の排除、業務効率化を図ります。

4.グループ社員向けスマートフォンアプリの導入
社員向けにスマートフォンアプリ「CARROT」を提供。エレベータホールやリラクゼーションフロア等のオフィス内混雑状況をこのアプリから確認可能なほか、社内のスポット位置表示、社員情報検索、来客受付番号の発行や社外からの有給休暇申請などを社員が簡単にスマホから行えるようにすることで、社員の利便性向上を実現します。



このほかにも、「Abema Towers」では受付の極小化を図り独自の受付システムの開発・導入を行うほか、これまでのオフィス課題を解決するため、空調管理の申請システムや、社員のサポートを行う社内ヘルプデスクの受付予約システムの自社開発、執務フロアへのスマートロック導入などを行っております。

また、2019年秋には東京都渋谷区渋谷に竣工予定の「渋谷スクランブルスクエア」への広告事業のオフィス移転も控えており、当社ではこの2つの拠点を中心に社員の才能開花・利便性向上を実現する環境を用意し、東京・渋谷発のインターネット企業としてさらなる拡大を図ってまいります。

オフィスについてはコーポレートサイト オフィス環境ページからご覧いただけます。
https://www.cyberagent.co.jp/way/office/