このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

奈良県帝塚山小学校にてプログラミング作品発表授業を2月26日に実施

小学4年生全児童を対象に「QUREO」を活用したプログラミング学習の成果報告

CA Tech Kids

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で、小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、2018年6月より9ヵ月にわたって取り組んできた同校4年生を対象としたプログラミング学習について、その最終授業として生徒の作品発表会を2019年2月26日(火)に実施することをお知らせいたします。

当社と帝塚山小学校は、同校4年生全児童78名を対象に、2018年6月から2019年2月まで9ヵ月間にわたり、オンラインプログラミング学習サービス「QUREO」(キュレオ)を用いたプログラミング学習に取り組んでまいりました。生徒の自学自習をメインとする「反転学習(※)」の形式をとり、授業では一人一人の学習進捗や習熟度に応じたサポートをすることによって、生徒の自主的な学びを支援いたしました。実際に、生徒は夏休みなどの長期休暇や、休み時間、放課後などの時間を用いて「QUREO」に搭載されたレッスンに各自で取り組み、条件分岐、正負の数、等号不等号、座標などのプログラミングの基礎概念について各々のペースで理解、習得しております。月に1、2度実施する授業では、「QUREO」の成績機能を活用し、生徒の学習進捗と習熟度を把握しながら、当社スタッフのサポートのもと、帝塚山小学校教員による指導を行いました。
2月26日(火)に実施する最終授業では、9ヵ月の学習から得た学びを活かし生徒自身が開発したオリジナルのプログラミング作品の発表および体験会を行うほか、生徒たちの学習成果を示す成績集計データを公開いたします。

プログラミング教育は2020年より国内の全ての小学校において必修化されることが決定していますが、子どもにプログラミングを教えるための優れた教材や指導者の不足、都市部と地方における教育機会格差などの課題も指摘されており、プログラミング教育の普及への懸念点となっています。そのような中、当社は地方においても教育効果の高いプログラミング教育を持続的に実施するモデルケースを示すべく、本取り組みを実践してまいりました。 「QUREO」の特長である、「子どもが自発的・自律的に学習を継続することができるカリキュラム設計」と「学習進捗と習熟度の両視点が一目で把握できる成績機能」を活用することによって実現した今回の反転授業の方式は、小学生を対象としたプログラミング教育において前例が無く、世界的に見ても極めて珍しい取り組みとなります。

CA Tech Kidsは、今後も「QUREO」を用いたプログラミング学習支援活動に力を注いでまいります。

※「反転授業」とは2000年代にアメリカで始まったと言われる取り組みで、従来の「授業」と「宿題」の役割を反転させた形式の学習方法を指します。従来、生徒は学校の授業で教師から知識の教授を受け、自宅で宿題などを通じてその知識の定着を図ることが一般的でしたが、反転授業においてはこれが逆となり、映像教材などを用いて生徒自身が自宅で基礎的内容を学習(予習)し、教室では疑問点の解決やディスカッションなど、応用的・発展的学習に取り組みます。これにより、生徒一人一人の進捗や習熟度に応じて指導を行うことが可能になるほか、教員と生徒の間、生徒同士の間でも双方向のコミュニケーションが生まれ、より能動的で深い学びにつながる効果が期待されています。

■帝塚山小学校 プログラミング学習 最終発表授業 実施概要

日時 : 2019年2月26日(火)
     13:20~14:00、14:05~14:45(同じ内容を2クラスそれぞれ実施)
      ※各開始時間は状況によって変動する可能性があります。
会場 : 帝塚山小学校(奈良県奈良市学園南3丁目1番3号)
内容 :・生徒のプログラミング作品体験会、選ばれた生徒による作品発表
    ・生徒たちの学習成果を示す成績集計データの公開
    ・生徒、教職員よりプログラミング授業の感想や手応えについて

■帝塚山小学校 プログラミング教育実施概要

期間: 2018年6月~2019年2月
概要: オンラインプログラミング学習サービス「QUREO」を用いたプログラミング反転授業。
    長期休暇や昼休み、放課後を活用した生徒自身による自主学習をメインに、
    全12回(17コマ)の授業を行い各自の学習サポートを実施。
対象: 帝塚山小学校 4年生全児童 78名
目標: 以下の知識を理解・習得・応用的に活用し、自らの力で作品を開発することができるようになること。
   入出力、順次実行、繰り返し、条件分岐、初期化、角度、正負の数、等号不等号、座標

■「QUREO」とは

「QUREO」は、プログラミング未経験の子どもでもIf、ループ、関数など50項目に及ぶプログラミングの基礎を効果的に学ぶことができる小学生向けの本格的なプログラミング学習サービスです。高度なパソコン操作を必要とせず、マウス操作を中心に画面上のブロックを動かすことでプログラミングができるため視覚的に取り組みやすい設計となっているほか、多彩なキャラクターとともにゲーム性を持たせたカリキュラムや、丁寧な説明動画などにより、子ども自身が意欲的に学習を継続することができる仕組みを実現しています。「QUREO」は、家庭での個人利用だけでなく、学校や学習塾、習い事事業者向けにも提供しており、指導者育成研修などのサポートも行っています。

利用料  : 月額1,240円(税込・12ヶ月プラン)より 
       ※利用料は契約期間により異なります。
       ※始めの1-20レッスンは無料で体験いただけます。

公式サイト https://qureo.jp/