このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

成長できる仕組み

評価制度について

サイバーエージェントではエンジニア職において「JBキャリアプログラム」を採用しています。「JBキャリアプログラム」では、全社共通のジョブグレード(JBグレード)を設けており、JBグレードはJB1からJB13まで存在します。

グレードは「職務」と「職能」で定義されており、グレード毎に求められる「職務」「職能」は社内で公開されています。、またグレード毎に給与レンジが定められており、半期ごとに評価の見直しが行われます。

「JBキャリアプログラム」は評価制度であると同時に、職務定義やレンジ毎に求める職能をキャリアとして言語化することで、中長期的なキャリアを考える際のガイド的な役割を果たすことを目的としています。
 

職務、職能とは

サイバーエージェントにおいて「職能」とは技術の習熟度など本人の能力を示すもの、「職務」
とは担当する仕事の成果を指します。



職務は「エンジニア」「マネジメント」「スペシャリスト」、キャリアとして定義されている3つのキャリアごとに、求められる職務が全社共通で定められています。職能についても全社共通の指標が定められており「専門性」「戦略性」「業務遂行力」「オーナーシップ」「フォロワーシップ」の5つの項目で構成されています。