このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • サステナビリティ 
  • CyberAgent Way 

 

サービスニュース

BABEL LABEL監督・脚本 藤井道人“日台合作”初の国際プロジェクト『青春 18×2 君へと続く道』、アジアで観客動員数230万人を突破

~アジア全域で大ヒット!韓国でも大規模公開スタート!~

エンタメテック

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証プライム市場:証券コード4751)は、連結子会社である株式会社BABEL LABEL(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山田久人 以下BABEL LABEL)の藤井道人が監督・脚本を務める初の国際プロジェクト・日台合作映画『青春 18×2 君へと続く道』において、アジアで観客動員数230万人を突破したことをお知らせいたします。

本作品は、台湾で話題を呼んだジミー・ライの紀行エッセイ「青春18×2 日本慢車流浪記」を原作としています。この物語にインスパイアされた国際的映画スター・チャン・チェンが映画化を企画、脚本・監督に藤井道人が選出され、台湾の超人気スター俳優 シュー・グァンハンと日本の若手実力派女優 清原果耶のダブル主演で、【日本×台湾】、【18年前×現在】を舞台に、国境と年月を超えた切なくも美しいラブストーリーが誕生しました。
大ヒットスタートをきった今年3月の台湾公開を皮切りに、香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、ベトナム、カンボジアとアジア各地でも続々公開、台湾では今年公開した台湾映画(合作を含む)でNo.1大ヒット、ベトナムでは歴代日本映画実写第1位を記録。日本でも、GW真っ只中の5月3日に公開を迎え、アニメや洋画の大作がひしめく中、スマッシュヒットを飛ばしています。鑑賞後の満足度や評価も非常に高く、口コミが拡がり3週目の週末でもまだまだ満席の劇場が出るなど、話題を呼んでいます。5月19日には中国大陸でも公開し大ヒットスタートを記録、アジア全域で200万人動員を突破、5月22日には韓国でも600を超えるスクリーン数での大規模公開を迎えました。

すでに公開されている日本では、「これまで観た映画の中でNo.1の作品。」「久々に映画館でこんなに泣いた」「まさかの予想がつかなかったラスト…!涙腺崩壊」「絶対に2回観るべき」と絶賛の声が溢れ、多くのリピーターが続出。TikTokでも感想動画が続々登場、200万回以上再生されているものや数万いいね!を獲得している投稿も多数。劇場には10代~シニア層までのカップルや夫婦、女性2人組、男性2人組、そして親子と、幅広い層の観客が訪れています。

この度、ダブル主演を務めるシュー・グァンハンと清原果耶、そして本作が自身初の国際プロジェクトとなる藤井道人監督の訪韓プロモーションを実施いたしました。30回以上の舞台挨拶も予約開始から1時間もたたずして全席完売するなど、事前から期待の高さをうかがわせました。そして、ソウル市内の劇場・MegaBoxにて記者会見、イベント、舞台挨拶が行われ、特にファンが大勢詰めかけたイベントでは、まさに映画公開直後の観客たちの本作への熱い想いや熱狂ぶりがダイレクトに伝わるものとなりました。

ファンの熱狂を受けて、韓国語で挨拶をするなど、さらに会場を沸かせる3人でしたが、「この作品を連れて、また韓国に来られたことはとても嬉しく思います。気に入って頂けると嬉しいです。」(グァンハン)、「韓国の皆さんにこの作品が届くことを嬉しく思います。」(清原)、「久しぶりに韓国に来ることができて嬉しいです。」(藤井)とコメント。皆で韓国での公開を喜びました。
MCからの質問で、作品の内容について聞かれた藤井監督は「グァンハン演じる36歳のジミーが全てを失って日本を旅する話ですけど、その中でアミとの思い出や出会いを回想しながら人生を見つめ直していくストーリーとなっています。」と答えました。
続いて、会場の観客から届いたたくさんの質問を受けることに。今回18歳と36歳ふたつの時代のジミーを演じ分けたグァンハンに「学生役が最後だって本当ですか?」の質問が飛ぶと「そうですね。本当に最後かもしれません。これまでもこういった挑戦が何回かあったわけですし…でも絶対ではないです。素敵な脚本や役が来たらまた演じてみるかもしれません。しかし、これからは自分の違う一面を引き出せる役にどんどん挑戦していこうと思います。新しい挑戦が好きですし、殻を被らないと俳優として成長しないと思うからです。」と今後がますます楽しみになるような回答がありました。清原は本作のストーリーにちなみ「初めての海外旅行は?」と聞かれ、「私が初めて、、あ、初めてじゃないか。。。仕事を始めてから実は台湾でこの作品を撮る前に、撮影に来たことがあって、台湾は私にとって思い出深い場所だったんですけど、今回撮影でお邪魔させてもらってまた深い思い出ができたなと思ってます。」と今回の撮影地台湾の思い出を語りました。藤井監督は「恋しくて想いが膨らみすぎたときはどうしたらいい?」というかわいい質問に対して「この映画を見てください。旅をしてください。」とちゃっかり作品をアピールしました。質問が選ばれたファンにはサイン入りポスターが贈呈されるなど、韓国のファンとの貴重な交流の場になりました。
アジア全域で話題沸騰中の本作。期待を大きく上回る異例のスマッシュヒットを飛ばした日本公開後も、中国大陸、韓国公開と大きく拡がりを見せ、最新記録でアジアでの観客動員数230万人突破を達成し、250万人動員目前となっています。ここから日本含めさらなるヒットに期待が高まります。
シュー・グァンハン  清原果耶
ジョセフ・チャン  道枝駿佑  黒木華    松重豊  黒木瞳
監督:藤井道人  原作:ジミー・ライ「青春18×2 日本慢車流浪記」
主題歌:Mr.Children「記憶の旅人」(TOY'S FACTORY)
エグゼクティブプロデューサー:チャン・チェン  脚本:藤井道人/林田浩川  音楽:大間々昂  撮影:今村圭佑
プロデューサー:ロジャー・ファン(黄江豐)/前田浩子/瀬崎秀人  照明:平山達弥/シュー・チュンチュエン(許鈞筌)  録音:根本飛鳥/チュウ・シーイー(朱仕宜)
美術:宮守由衣/ヤオ・クオチェン(姚國禎)  装飾:野村哲也/ジェニー・コー・チミン(柯治旻)  衣裳:皆川美絵/エマ・ユーユン・リン(林育妘)/ゾーイ・スー(蘇庭卉)
台湾キャスティング:ルーシー・チェン(陳静媚)  キャラクタースーパーバイザー:橋本申二  ヘアメイク:西田美香/ボール・ロー(呂依珊)/ゾイ・リン(林容伊)
編集:古川達馬  CGプロデューサー:平野宏治/トミ・コー(郭憲聰)  VFXスーパーバイザー:高橋裕紀  カラリスト:石山将弘
スーパーヴァイジングサウンドエディター:勝俣まさとし  リレコーディングミキサー:浜田洋輔
助監督:戸祭朝美/ウー・ユハン(呉瑀涵)  制作担当:柿本浩樹/リー・チーシュエン(李其璇)/ウー・チーヨー(巫奇優)
製作幹事:JUMPBOYS FILMS/サイバーエージェント  制作プロダクション:JUMPBOYS FILMS/BABEL LABEL
配給:ハピネットファントム・スタジオ  ©2024「青春18×2」Film Partners

公式サイト:https://happinet-phantom.com/seishun18x2
公式X・公式Instagram・公式TikTok:@seishun18x2
■サイバーエージェント 会社概要
社名   :株式会社サイバーエージェント
所在地  :東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers
設立   :1998年3月18日
資本金  :7,369 百万円(2023年9月末現在)
代表者  :代表取締役 藤田晋
事業内容 :メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資育成事業