このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

お知らせ

サイバーエージェント、スノーフレイク社の認定する「Data Drivers Awards」にて、日本初の最上位部門「DATA DRIVER OF THE YEAR」受賞

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、スノーフレイク(所在地:東京都渋谷区、社長執行役員:東條英俊)が今回、日本で初めて選出する「Data Drivers Awards」にて、最上位部門の「DATA DRIVER OF THE YEAR」を受賞したことをお知らせいたします。

当社ではAIを活用したプロダクトやDX推進を行う事業におけるデータプラットフォームとしてSnowflakeを採用しています。Snowflakeの活用により、データサイエンティストの生産性向上および、プロダクトとAI研究開発組織が連携するデータ活用においてスムーズかつセキュアな運用を実現しています。
当社では優れた技術力を持つメンバーが多く活躍し、Snowflakeの新機能をいち早く取り入れ高度なデータドリブンビジネスを実現するだけではなく、社内外での積極的な発信を通してデータクラウドの導入に大きく貢献したことが今回の受賞に繋がりました。

■「Data Drivers Awards」とは
Data Drivers AwardsはSnowflakeのデータクラウドを利用して、自社のビジネスや周囲の世界に変革をもたらし、創造性に富んだ個人と企業を表彰するプログラムです。毎年グローバルで実施され、各国や地域トップクラスの企業と個人が選出されます。日本では今回が初めての選考となります。


当社では今後も、更なる生産性向上とビジネス推進をめざし、スムーズかつセキュアなデータ活用をすすめて参ります。