このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

「ABEMA」、4月新ドラマ『ブラックシンデレラ』を2021年4月22日(木)より独占配信 見た目に悩むド平凡女子と、ナルシストで完璧な国宝級イケメンが恋をする? ルッキズムに立ち向かいながら、夢や恋に奮闘する“逆襲”ラブストーリー

主演は莉子ほか、神尾楓珠、板垣瑞生や愛花など、今を時めく若手俳優が一挙総出演 ~莉子「一人でも多くの人の背中を押せるようなドラマになっていたら」~

メディア

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、4月新ドラマ『ブラックシンデレラ』を、2021年4月22日(木)夜10時より全8話にて配信いたします。

本作は、今注目のフレッシュな若手俳優陣が一挙に出演する、完全オリジナルストーリーのドラマ作品です。舞台は、学園一の美男美女を決めるミスコンが今なお行われる清蘭(せいらん)学園。ミスコンに憧れながらも、見た目に悩みを抱いていたド平凡女子高生の主人公は、とある出来事からコンテストに出場することになります。そんな彼女の前に現れたのは、ナルシストで完璧な国宝級イケメン。なにもかも対照的な2人ですが、コンテストの準備を進めるにつれ急接近し、まさかの恋の予感が漂います。しかし、コンテストを目前に予想だにしない悲劇が彼女を襲い、取り巻く世界が一変してしまいます。見た目の悩みを抱えながら、学園内に色濃く残る外見主義に立ち向かう、夢や恋に奮闘する“逆襲”ラブストーリーです。“本当の美しさ”とはいったい何なのか…?「ABEMA」より、自分を好きになりたいすべての若者に向けた恋愛ドラマをお届けいたします。
脚本は、「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」「花のち晴れ~花男 Next Season~」「センセイ君主」「ヒロイン失格」など、数々のドラマや映画を手掛けた吉田恵里香氏。監督は、「のだめカンタービレ 最終楽章」「L♥DK」「海月姫」などを手掛けた川村泰祐氏がそれぞれ担当いたします。

本作にて、主人公の、綺麗に憧れるド平凡女子・神谷愛波(かみや・まなは)を演じるのは、ファッション誌「Popteen」の専属モデルとして活躍する莉子さん。「好きな女性インフルエンサー」ランキング1位(※1)にも輝き、「2021ヒット予測」にも堂々ランクインするなど(※2)、10代女性を中心に絶大な人気を誇っています。このたび「ABEMA」のオリジナルドラマ初出演にて主演を務めます。一方、そんな愛波の同級生で、コンテストをきっかけに急接近する、自他ともに認める身も心も最強イケメン・橘圭吾(たちばな・けいご)を、神尾楓珠さんが演じます。端正なルックスとクールな眼差しが印象的で、“NEXT国宝級イケメン”と称されながらも、「3年A組 今から皆さんは、人質です」など話題作に続々出演し、ルックスだけでなく新世代の実力派としての評価も高まっている若手俳優です。さらに、愛波らが通う高校に転校してきたミステリアスな一匹狼・島村空(しまむら・そら)役に、大河ドラマ「麒麟がくる」や連続テレビ小説「エール」ほか、数々の映画やドラマで活躍の幅を広げる板垣瑞生さん、日本有数の美容ブランド・カスミコスメのひとり娘で、学園一の美女と謳われる香澄百合(かすみ・ゆり)役に、ファッション誌「ViVi」の専属モデルで本作にて女優デビューとなった愛花さんがそれぞれ出演いたします。旬なキャスト4名が織りなす珠玉のストーリーに、ご期待ください。
※1:マイナビティーンズラボ調べ(2020年4月調査)
※2:情報提供:モデルプレス


数々の恋愛リアリティーショーやドラマなどオリジナル作品を配信し、ティーンをはじめ様々な世代の注目を常に集める「ABEMA」がお送りする、2021年最初の新作オリジナルドラマ『ブラックシンデレラ』に、ぜひご注目ください。
 

▼主演・莉子さん(神谷愛波役)

―「神谷愛波」について
神谷愛波はお人好しで純粋な女の子です。私と重なるところは、早口でしゃべりたいことを全部しゃべってしまう部分が似ていると思います。違うところは、愛波は周囲に辛い姿を見せないという強さがありますが、私だったら辛いことを笑顔で隠すことができないので、辛い時こそ笑顔でいれる愛波を尊敬します。

―ドラマ『ブラックシンデレラ』の見どころ
みなさんに楽しんでいただけるような、ラブコメの中にも外見主義に対するメッセージが詰まったドラマになっています。見た目に悩みを抱えながらも強く生きる愛波とその周りの登場人物も悩みながら真っ直ぐ生きていく人間模様も見どころになっています。見終わってから一人でも多くの人の背中を押せるようなドラマになっていたらいいなと思います。

▼神尾楓珠さん(橘圭吾役)

―「橘圭吾」について
橘圭吾は、顔もイケメンで学園内でも人気者だけど…という役どころですが、今まで演じてきた役柄にはないタイプのキャラクターのため、最初にこの役柄を聞いたときは正直驚きました。そういった意味でも、今までにない新しい一面をお届けできると思います。

―注目シーンについて
詳細はぜひドラマで確かめてもらいたいのですが、“バス停のシーン”に注目してほしいです。少女マンガのような、ラブコメっぽい青春を感じられるシーンであるとともに、ここで圭吾の役が固まったなという感覚がある思い出深いシーンなので、ぜひ本編を楽しみにしていただければと思います。

▼板垣瑞生さん(島村空役)

―「島村空」について
空は、天然、計算、怒り、笑顔、の感情がどこか掴めなく、漢字のまんま空のような人です。
自分のリズムで生きていて、屋上好き。考え方は近いと思います。
すごくマイペースだと言われるので、、自分では全くそんなことないんですが。。。
屋上も大好きで、屋上の撮影シーンはめちゃくちゃテンションが上がりました!

―学生時代のエピソード
友達とふざけ合ってたごく普通の高校生やってました。だだ古墳とかを見に行く授業だったり、時代を感じるものが好きなので、
そういう時はかなりテンション高めで見に行っていた記憶があります
 

▼愛花さん(香澄百合役)

―「香澄百合」について
香澄百合はブランドコスメ社長の一人娘で、学校の頂点に君臨する高校生です。母親の影響で外見にはシビアですし、常に他人の評価を気にして生きてきましたが、愛波と出会い百合の心情にも変化が生まれるのか?ぜひご注目いただきたいです。
私は福島でのんびり家族や友達に愛されて生きてきたので百合とは真逆の生い立ちです(笑)同じなのは私も百合もモデルをしていることでしょうか?

―演技初挑戦の感想
私だけでなく監督や制作の方々と一つ一つ相談しながらひとりのキャラクターを作っていき、さらにみんなが構えてきた役同士で演じることが本当に楽しかったですし、実際に演じてみてお芝居や映像制作の奥深さに気付かされました。初めの頃は劣等感を抱いたり落ち込んだり悔しい思いをしましたが、監督陣に褒められたり、演技よかったよって言われた時は、これまでにないくらい嬉しかったです。
 

吉田恵里香氏コメント

―ドラマの配信を楽しみにしている皆さまへメッセージ
綺麗事だけでは片付けられないこと。
「だって普通は〇〇だから」と片付けられてしまうこと。
多かれ少なかれ私たちは不条理や理不尽と共にいて、
自分のことを軽率に嫌いになってしまいがちです。
そんな毎日を、主人公の愛波は悩みながらも少しずつ変えようと奮闘します。
彼女の愛と変化の物語が、誰かの心に寄り添えますように!
 

川村泰祐氏コメント

―ドラマの配信を楽しみにしている皆さまへメッセージ
莉子さん、神尾楓珠さんはじめ、若いキャストたちが、持てる力を全力で注いで演技してくれました。
本当に「素晴らしいお芝居をありがとう!」多くの方々にこの「全力」が伝わってくれたら嬉しいです。可愛くて、格好よくて、一緒に感動できる『ブラックシンデレラ』ぜひ見てください。
 

■『ブラックシンデレラ』あらすじ

主人公は、「私なんか…」が口癖で自分に自信が持てない女子高生・神谷愛波(かみや・まなは/17歳)。
愛波には幼いころからの夢があった。それは、学園一の美男美女を決める、ミス清蘭コンテストに出場すること。ド平凡女子を自称する愛波だったが、とあるきっかけでそのコンテストに出場するチャンスを掴む。
そこで出会ったのは、ナルシストで完璧な国宝級イケメン・橘圭吾(たちばな・けいご/17歳)と、謎の転校生・島村空(しまむら・そら/17歳)。巻き起こる恋の予感の中で迎えたコンテスト当日、夢の舞台まであと一歩のところで愛波を襲った出来事とは…?
“本当の美しさ”とはいったい何なのか…?その答えを見つけるために、ルッキズムに立ち向かいながら、夢や恋に奮闘する“逆襲”ラブストーリー!

初回配信日:2021年4月22日(木)夜10時~
特報映像はコチラ
初回配信はコチラ
番組ページはコチラ
番組TikTokはコチラ

脚本:吉田恵里香
プロデュース:池田克彦 
演 出:川村泰祐 原桂之介 伊野部 陽平
製作著作:AbemaTV

<出演者プロフィール>
莉子(りこ)さん
2002年生まれ、神奈川県出身。
雑誌「Popteen」の専属モデル。ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー「月とオオカミちゃんには騙されない」に出演し話題を集める。2020年には映画「小説の神様 君としか描けない物語」に出演するなど、女優としても活躍の幅を広げている。

神尾楓珠(かみお ふうじゅ)さん
1999年1月21日生まれ。東京都出身。
2015年、日本テレビ24時間テレビドラマスペシャル「母さん、俺は大丈夫」にて俳優デビュー。2017年には映画「兄に愛されすぎて困ってます」でスクリーンデビューを果たすと、2019年にテレビドラマ「左ききのエレン」にて連続ドラマ初主演を務め、「3年A組 今から皆さんは、人質です」など話題作に出演し注目を集める。2021年には「樹海村」、「10年、渋谷をさ迷って-A de cade of roaming-」、「裏アカ」と既に3本の映画作品に出演しているほか、「彼女が好きなものは」にて映画初主演が決定するなど、今注目の若手俳優のひとり。

板垣瑞生(いたがき みずき)さん
2000年10月25日生まれ、東京都出身。
2014年に、映画「闇金ウシジマくん Part2」にて映画デビュー。2015年には映画「ソロモンの偽証」にて、キーパーソンとなるミステリアスな秀才・神原和彦役に抜てきされ、日本映画批評家大賞新人男優賞を受賞した。2020年は、大河ドラマ「麒麟がくる」や連続テレビ小説「エール」ほか、数々の映画やドラマでの出演を果たし、2021年には「藍に響け」、「胸が鳴るのは君のせい」などの映画作品への出演が決まっているなど、今もっとも精力的に活動している若手俳優のひとり。

愛花(えりか)さん
2000年8月13日生まれ、福島県出身。
2018年に開催されたViVi専属モデルオーディションにて、6812件の応募の中からグランプリを受賞し、2019年に専属モデルデビュー。様々な表情で誌面を魅せる一方、現役の東京理科大学に通う大学生でもあり、クイズ番組「東大王」に出演するなど、多方面で活躍の幅を広げている。

※画像をご使用の際は、【(C)AbemaTV,Inc.】のクレジット表記をお願いいたします。
 

■「ABEMA」について

「ABEMA」はテレビ&ビデオエンターテインメントとして展開する動画配信事業。登録は不要で、国内唯一の24 時間編成のニュース専門チャンネルや、オリジナルのドラマや恋愛リアリティーショー、アニメ、スポーツなど、多彩な番組をお楽しみいただけます。また、オリジナルエピソード数は国内発の動画サービスで日本 No.1(※1)を誇り、総エピソード数は常時 約30,000 本以上を配信。様々なアーティストのライブや、舞台などをオンラインでお楽しみいただける「ABEMA PPV ONLINE LIVE(アベマ ペイパービューオンラインライブ)」や、注目の新作映画、国内外の人気ドラマ、話題のアニメなど豊富なラインナップの作品のレンタルもご利用いただけます。また、スマートフォンや PC、タブレット、テレビデバイスにも対応し、いつでもどこでも、様々なシチュエーションで利用することができます。さらに、月額960円のABEMAプレミアムに登録すると、限定コンテンツや「動画ダウンロード機能」「見逃しコメント機能」が利用できるようになるなど、「ABEMA」の全ての作品、全ての機能をお楽しみいただけます。
(※1) 2020年12月時点、自社調べ

■「ABEMA」概要

名称 「ABEMA(アベマ)」
配信 ブラウザ/ Google Play /App Store / Amazon Appstore
推奨環境 ・ブラウザ(パソコン)
推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降
推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)
・ブラウザ(スマートフォン/タブレット)
推奨OS:Android 8.0以降、iOS 11.0以降
推奨ブラウザ:Chrome最新版(Android)、Safari最新版(iOS)
・Androidスマートフォン/タブレット
Android 5.0以降
・iPhone/iPad
iOS 11.0以降のiPhone(5S以降)、iPad(第5世代以降)、iPad Air、iPad mini(2以降)
・Fire タブレット
Fire OS 5.6.0以降
・テレビ
シャープ AQUOS
ソニー BRAVIA®
パナソニック VIERA
船井電機 funai
東芝 REGZA
・セットトップボックス
レオパレス21 LifeStick
Amazon Fire TV 4K
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
AppleTV (第4世代)
CCCAIR AIR Stick 4K
Google Chromecast (推奨環境:第1世代以降)
・スマートスピーカー
Amazon Echo Dot
Amazon Echo
Amazon Echo Plus 
LINE Clova Desk
利用料金 無料
※サービス名称の表記にご注意ください。
○「ABEMA(アベマ)」   ×「Ameba(アメーバ)」