このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

サービスニュース

GovTech開発センター、「コロナワクチンAI電話エージェント」で東京都多摩市のコロナワクチン接種の電話予約を自動化 全国初のAI予約専用ダイヤルの設置へ

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の官公庁・自治体のDX推進支援を行う専門開発組織「GovTech(ガブテック)開発センター」は、東京都多摩市で行われる新型コロナワクチン接種において、AI電話自動応対サービス「コロナワクチンAI電話エージェント」を用いて、電話予約の自動化を支援することをお知らせいたします。なお、新型コロナワクチン接種予約の電話応対にAI音声対話サービスを導入するのは、全国初の取り組みとなります。

4月以降順次予定されている新型コロナワクチン接種の開始に向けて、全国の自治体ではより多くの住民へワクチンを迅速に行き渡らせるために、実施体制の整備や事務作業の効率化、住民が安心できる相談体制や分かりやすい予約導線の確保が急速に求められています。

このような中、東京都多摩市では、新型コロナワクチン接種の予約体制整備としてWeb予約システムの開発やコールセンターの設置を進めておりましたが、新たに全国初導入であるAI予約専用ダイヤルの設置に向け、この度、AI電話自動応対サービス「コロナワクチンAI電話エージェント」を用いて、電話による予約応対の自動化を支援いたしました。

「コロナワクチンAI電話エージェント」は、オペレーターの対応とは異なり営業時間や接続回線の制限がないため、24時間いつでも、AIによる音声対話形式によるスムーズな電話応対を実現します。多くの方が慣れ親しんだ電話の自動化を行うことで利便性向上を図るほか、分かりやすい予約体制の構築により新型コロナワクチン接種の予約率向上も目指します。
予約システムとの連携で、一方的な予約受付だけなく、希望日時に空きがない場合は対話を通して代案日時の案内ができます。さらに、東京都多摩市では公共施設での集団接種と医療機関での個別接種の併用を想定しているため、各接種会場の位置や公共交通機関の路線情報を加味した近隣会場の提案を行えるような独自の対話設計を進めています。
また、予約受付後にSMSで予約内容の詳細を通知することで、いつでも簡単に予約日時の確認が可能となり、接種漏れの回避が期待できます。

今後もGovTech開発センターでは、「コロナワクチンAI電話エージェント」の提供を通して、行政サービスに関する電話応対の自動化を図ることで、住民にとって利便性や満足度の高い ”使われるサービス”の創造に尽力してまいります。

■「コロナワクチンAI電話エージェント」とは

株式会社AI Shift(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:米山結人)と共同開発した、全国の自治体向け新型コロナワクチン接種の問い合わせ・予約専用のAI電話自動応対サービスです。
AIによる音声対話形式での電話自動応対が可能となり、新型コロナワクチンに対する問い合わせや各自治体の予約システムとの連携により予約対応が行えます。さらに、予約対応には、前の文脈を考慮した「タスク指向対話」を用いており、代案日時の案内を行うなど、より人間に近しい柔軟な電話応対を実現します。
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25849