このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

プレスリリース

薬局・ドラッグストア向けにオンライン服薬指導などDX推進を支援する子会社「株式会社MG-DX」を設立

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、薬局・ドラッグストアのデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を専門に行う新子会社として、株式会社MG-DX (読み:エムジー・ディーエックス、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堂前 紀郎、以下MG-DX)を2020年5月1日に設立することをお知らせいたします。

オンライン服薬指導とは、薬剤師が患者に対してテレビ通話などを利用し薬の飲み方などの服薬指導を行うものです。これまでは薬剤師が対面で服薬指導することが原則として義務付けられており、オンライン服薬指導は一部の特区に限り認められていましたが、2019年度に厚生労働省から発出された医薬品医療機器等法(薬機法)の改正により、一定の要件のもと(※1)2020年9月より全国的に実施可能となることが決定していました。


一方で厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、医療機関の受診が困難になりつつあることを鑑みた時限的・特例的な対応として、オンラインによる診療や服薬指導等の緩和措置(※2)を発出し、当初よりも前倒しでオンライン服薬指導が解禁されることとなりました。そのため、薬局やドラッグストアなど医療現場におけるDX化、オンライン服薬指導の実施体制の整備が急務とされています。

このような状況を受け、このたび設立した新会社「MG-DX」では、薬局やドラッグストア向けに、オンライン服薬指導の推進をはじめとしたDX推進支援を行います。
当社はこれまでも、小売業界をはじめとした様々な業界においてデジタルシフトの支援をおこなってまいりましたが、当社が持つデジタル領域の知見を活かし、時限的緩和措置に対する素早い支援や三密回避といった社会的課題解決に向けたDX化推進を行うとともに、AI技術やブロックチェーン技術等を活用しながら情報管理・収益化施策の提案・運用・実行までを一気通貫して支援いたします。
今後MG-DXでは、薬局・ドラッグストアとの提携を強化し、DXの推進を図るとともに、利用ユーザーひとりひとりに合わせて”健康的な暮らしに必要な情報”を届けられるよう、AI技術を活用したサービスを提供してまいります。


※1 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律等 の一部を改正する法律の一部の施行について(オンライン服薬指導関係)
https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T200401I0510.pdf

※2 新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の 時限的・特例的な取扱いについて
https://www.mhlw.go.jp/content/000620995.pdf

 

株式会社MG-DXについて

社名 株式会社MG-DX (読み:エムジー・ディーエックス)
英名 MG-DX, Inc. 
所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア22階
設立 2020年5月1日
資本金 500万円(サイバーエージェント100%)
代表者 代表取締役社長 堂前 紀郎
事業内容 薬局・医薬品販売業のデジタルシフト支援事業