このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

プレスリリース

AWLとの資本業務提携及びサッポロドラッグストアーとの広告開発契約のもと、リテール向けAIカメラソリューションを活用した店舗のデジタルトランスフォーメーション実証実験・共同商品開発を開始

広告

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751、以下サイバーエージェント)は、オンラインとオフラインを融合したマーケティングプラットフォームの確立を目的に、AWL株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北出 宗治、以下AWL)と資本業務提携、ならびにサッポロドラッグストアー株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:富山 浩樹、以下サッポロドラッグストアー)と業務提携を締結し、AWLが提供するAIカメラソリューションを活用した小売事業者のデジタルトランスフォーメーションを推進する実証実験・広告商品開発を開始することをお知らせいたします。

近年、人手不足に悩む小売店舗では、店舗のデジタル化によるオペレーションの自動化・効率化が急務とされています。加えて、AIカメラ、デジタルサイネージなどを活用した最適な販促施策を実現するサービスの広がりにより、リアル店舗とオンラインを融合させた施策に関心が高まっています。

このような背景のもと、このたびサイバーエージェント、AWL、サッポロドラッグストアーの3社で業務提携を締結し、店舗のデジタルトランスフォーメーションに関する実証実験を開始いたします。
これまでAIカメラソリューションを通じた防犯対策や接客支援、店内販促、従業員の働き方の最適化を推進してきたAWLと、店舗へのAIカメラやセンサーなどのIoT導入を通して先進的な取り組みを実施してきたサッポロドラッグストアー、デジタル広告による店舗集客や販売促進のノウハウを保有しているサイバーエージェントでは、実証実験から得られた結果をもとに、それぞれの強みを活かすことで、小売のデジタルトランスフォ―メーションを推進し、OMO(Online Merges with Offline)分析運用プラットフォームの開発および店舗の価値向上を目指します。

なお、本実証実験では、サッポロドラッグストアーが北海道を中心に200店舗以上を展開するドラッグストア「サツドラ」において以下の検証をおこないます。

■検証内容
① OMO分析運用プラットフォーム開発に向けたデータ収集、PDCAによるノウハウ蓄積
② デジタルサイネージによる購買の行動変容
③ AIカメラやPOSなどで取得可能なデータを活用した販促施策
④ 自社アプリの販促メディア化と販促施策
⑤ デジタル広告を活用した店舗への集客最適化

会社概要

<株式会社サイバーエージェント>
サイバーエージェントでは、店舗集客型デジタル広告の提供から、デジタル広告での運用力を店内販促にも活用した店舗におけるマーケティングに注力。デジタルサイネージの設置や配信システムの開発および運用まで一気通貫したサポートにより店舗のデジタル化を推進している。

<AWL株式会社>
AWLは、リテール店舗の課題解決、価値向上を実現するためのAIカメラソリューションを開発、提供するベンチャー企業。北海道のドラッグストアチェーンである「サツドラ」との提携により、店舗での実証実験を繰り返し、実際の業務で使える多様なAI機能を、低価格で提供出来ることを強みとしている。

<株式会社サッポロドラッグストアー>
2016年8月に設立したサツドラホールディングス株式会社の事業会社で、北海道を中心にドラッグストア208店、調剤薬局10店(2019年11月15日現在)を運営。1972年に札幌市内のスーパーマーケット内に1号店を出店後、品揃え・サービスを拡大しながら出店を重ね、2016年3月にストアブランドを「サツドラ」に変更。ドラッグストア事業を顧客接点としながら、子育て支援や過疎地域、離島への出店など、地域に根差した取り組みを実施している。