株主・投資家向け動画コンテンツ「CyberAgent IRチャンネル」第24弾は「『テクノロジー』と 『実行力』でパートナーのDXを実現する - サイバーエージェントの協業DX -」

IR

株主・投資家向け動画コンテンツ「CyberAgent IRチャンネル」第24弾は「『テクノロジー』と 『実行力』でパートナーのDXを実現する - サイバーエージェントの協業DX -」です。

デジタル化によるビジネスモデルの変革や競争力強化が急務となった昨今、業種・業態を問わず、多くの企業がデジタルシフトを図っています。

サイバーエージェントでは、技術者の連結従業員数に占める構成比率が4割を超え、研究開発組織「AI Lab」の研究開発論文がAI技術の世界最高峰の国際学会で数多く採択されるなど、広告事業においても大きな競争優位性となる技術力の強化に積極的に取り組んできました。
また、広告効果最大化を実現するなかで培ってきた運用力や、AI技術の研究開発実績を活かすことで、企業のテックパートナーとして協業し、DX推進および広告事業の創出等を行っております。

今回はその事例となる4社との取り組みを約8分の動画でご紹介します。
データを活用したデジタル広告配信事業の立ち上げやアプリ開発の支援、販促DXの推進、DX人材の育成などを通じてどのようにビジネスを共創しているのか、サイバーエージェントとの「協業DXのリアル」をお伝えいたします。

創業以来、インターネット産業に特化してきたサイバーエージェントにとって、デジタルの力で日本の発展に寄与していくことは使命であり、パーパスとして掲げているテーマです。
今後もインターネットの力で企業の可能性を広げる取り組みなど、新たな事業創出、価値創造に挑戦してまいります。
 

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

【前編】女性活躍推進組織「CAramel」、有志メンバーで6年間続いている理由

IR

女性活躍推進組織「CAramel(カラメル)」は、2017年に発足した社内の有志メンバーで構成される横軸組織*です。
*所属部署やミッションの垣根を超えた社員で構成される、全社横断組織

サイバーエージェントで働く女性社員の課題に向き合い、これまでの6年間で数多くの施策を実施し、社内実績を積み上げてきました。

本記事では「CAramel」がどのように組織づくりを行い、満足度の高い施策を実施し続けられるのか、前編・後編にわたってご紹介します。【後編はコチラ】

これらの情報が、各企業の女性活躍支援・ダイバーシティ推進プロジェクトのご担当者や、有志メンバーによる組織運営の一助となれば幸いです。

IR - 新着記事

Page Top