Mリーグ2021セミファイナル直前!参加6チームのコメント一挙公開

サービス

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズが、3/21(月)よりスタート。
レギュラーシーズン個人MVPの瑞原選手が所属するU-NEXT Piratesを筆頭に、4度目の正直で優勝を狙う渋谷ABEMASなど6チームが、ファイナルシリーズ出場をかけて戦います。

熱戦を前に、各チームの代表者から 届いた意気込みをご紹介します。

U-NEXT Pirates・瑞原明奈選手

レギュラーシーズンの約半年間、今年も沢山の応援をいただきありがとうございました。
お陰様でU-NEXT Piratesは首位でセミファイナルに進出できましたが、今年度は混戦のためあまりアドバンテージはない状態で16戦の闘いが始まります。
セミファイナルも変わらずパイレーツらしく、小さな得を積み重ねてコツコツとポイントを伸ばしていきたいと思います。
「レギュラー首位通過チームは優勝できない」「個人MVPが出たチームは優勝できない」というジンクスめいたものがありますが、優勝をもってジンクスなんてないということを証明したいです。
引き続き、一緒に一喜一憂して、楽しんでいただけたら嬉しいです。

渋谷ABEMAS・多井隆晴選手

まずは、無事レギュラーシーズンを終えることができ、改めてMリーグを支えてくださった皆様、そしていつも温かく応援してくださるファンの方々に感謝申し上げます。

渋谷ABEMASは、過去3シーズンすべてファイナルに残るも、あと一歩、優勝まで手が届かず悔しい思いをしてきました。今シーズンも4度目の正直という気持ちで「優勝」だけを目指し、たくさんの方々の応援のおかげで、無事に2位でセミファイナルに進むことができました。
苦しい時期もありましたが、全員がチームスコアを大切に丁寧な麻雀を心がけて、大きく崩れることなく、渋谷ABEMASらしい麻雀を打てたと思います。

以前は自分が勝たなくては!という気持ちが強かったですが、今は白鳥、松本、日向という頼もしいチームメイトのおかげで気負うことなく自分の麻雀が打てることが増えました。
なんとしてもこのメンバーで優勝したいという気持ちが日に日に増しています。

いつも応援してくれるサポーターやサロンのファンの皆様と一丸になって闘っていくので、引き続きの応援、よろしくお願いいたします。




 

KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人選手

4年目となる今期は、新加入の伊達朱里紗、滝沢和典の活躍によって、過去最も数字を持った上でのセミファイナル進出となった。
レギュラーシーズンではあまり振るわなかった私と高宮まりだったが、後半戦は調子も上向きとなり、チームとしても大変いい状態でこのステージに臨めるように思う。
レギュラーシーズン同様、トップを量産する麻雀で、セミファイナルも一気に駆け抜けたい。
ただし、4着は控え目に。

EX風林火山・藤沢晴信監督

2021シーズンの目標である「連覇」に向け、レギュラーシーズン4位は好位置と言えます。
今年はこれまでにない僅差でセミファイナルを迎えますので、二回目の開幕戦と位置づけスタートダッシュでセミファイナルを駆け抜けたいと思います。
それには第一週が重要。この週の選手起用にご注目ください!
一気に首位に駆け上がり、2週目以降は着実に守り切り、安全地帯にてのファイナル通過を目指します。
応援よろしくお願い申し上げます。 

セガサミーフェニックス・魚谷侑未選手

いつもMリーグ及びセガサミーフェニックスを応援して下さる皆様、ありがとうございます!

フェニックスは5位でセミファイナル進出となりました。
頼もしいチームメイトの力もあり、次のステージへ進むことが出来ました。
誰かが負けても誰かが勝ってチームを支えるという、チーム戦でしか経験する事の出来ない貴重な経験です。

チームとしてはセミファイナルは通過点で目標はもちろん優勝です。
2019シーズン、目の前で掴み取れそうだった栄光を2021シーズンでは必ず掴みます。


フェニックスを通して、皆様にたくさんの感動体験を。そして、今年度のフィナーレは優勝という形でお届けしたいと思います。

引き続き応援よろしくお願いいたします!

 

KADOKAWAサクラナイツ・森井巧監督

サクラナイツはMリーグ2021-22レギュラーシーズンを無事通過することができました!
レギュラーシーズンではエースの内川幸太郎選手はドラマチックなアガりで印象的なトップがいくつもありました。
岡田紗佳選手は非常に苦しんだシーズンとなりましたが、苦しんだ分1月にトップを獲得した時はチームもファンも拍手喝采でした。
堀慎吾選手は“小さな天才”という名の通り、素晴らしい闘いでチームにポイントを持ち帰ってくれました。
沢崎誠選手は最終日までMVP争いをする獅子奮迅の活躍で、レギュラーシーズンを最後の最後まで盛り上げてくれました。
惜しくもMVP獲得はなりませんでしたが、チーム一丸となってセミファイナルも大暴れしてくれると確信しています。

春は桜の季節ということで、セミファイナル・ファイナルとサクラ旋風を巻き起こしていきますので、引き続き“桜援”をよろしくお願いいたします!
 

■お知らせ
「Mリーグ2021プレミアムナイト」約2年ぶりに開催決定!


「Mリーグプレミアムナイト」は、「Mリーグ」2019シーズンより始まった特別なパブリックビューイングです。EXシアターで行う試合観戦に加え、Mリーガー全32名が一堂に介したステージイベントや、来場者へのプレゼント企画も予定しております。現在、観戦チケット発売中です。くわしくは以下をご覧ください。
「Mリーグ2021プレミアムナイト」について
 

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ

3月21日の対戦はEX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates。
ABEMA麻雀チャンネルでご覧ください。

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

記事ランキング

サステナブルな地域社会へ向けた、未来志向の行政DX

サービス

【対談】福井県×サイバーエージェント

昨今、耳にしない日はないDX。当社では小売・行政・医療の分野をはじめエンターテインメント業界でもDX推進を支援しています。
2020年に立ち上げた行政DX専門組織※1では、「誰一人取り残されない」行政のDX支援を目指していますが、本記事では、行政におけるDXがどのように持続可能な社会につながっていくのかを考えます。

お話を伺ったのは、福井県のDX推進監(CDO)米倉氏。福井県は全国で初めて道路規制情報に関する問い合わせ対応にAI音声対話サービスを導入したり、国内外の企業が持つ技術・サービスを用いた実証プロジェクトを誘致するなど、自治体DXの成功例と言っても過言ではありません。

行政DXの「3大課題」は人材・現場の抵抗・予算という調査結果※2もありますが、福井県ではどのように“現場主体”でDXを推進しているのか。また、DXの先に描く未来とは。米倉氏と、当社の淵之上が行政DXの意義について語ります。
※1  2020年4月官公庁・地方自治体向けDX推進支援の専門部署「デジタル・ガバメント推進室」。11月開発組織「GovTech開発センター」設立。
※2「DXの取り組みに関する調査」/日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ

Page Top