「Abema Towers(アベマタワーズ)」へのアクセス・入館方法

Other

10箇所に分散していた東京・渋谷のオフィスを集約し、宇田川町の「Abema Towers(アベマタワーズ)」へと本社移転を行った当社。オフィス機能を集約させることで、従業員同士の一層のコミュニケーションの活性化や、生産性の向上、業務効率化を図っています。

当の「Abema Towers」は、渋谷駅から少し離れた場所に位置し、来社いただく方から「場所がいまいちわからない」という声をいただくこともしばしば。
代表の藤田も「宇田川町っていうのは、なんかおかしな場所にある」※と話すほど、渋谷エリアのディープな場所であることは確かです。

そこで今回は、渋谷駅前のスクランブル交差点から「Abema Towers」までのアクセスをわかりやすくお伝えします。
あわせて、入館方法についてもご案内していますので、ご来社の際の参考にしていただけたら幸いです。

※BUSINESS INSIDER JAPAN サイバー藤田社長が語るAbemaTV“脱苦戦”次の一手「2019年はドラマ当てる」「キラーコンテンツ3連敗」(2019年2月) より
https://www.businessinsider.jp/post-184681
 

渋谷駅スクランブル交差点からのアクセス

1 スクランブル交差点を、「SHIBUYA TSUTAYA」方面へ渡ります。

2 「SHIBUYA TSUTAYA」の右側を直進し、「西武 渋谷店」の角を左折します。

3 左折後、道なりに直進します。

4 「渋谷警察署 宇田川交番」のあるY字路の右側を進みます。

5 道なりに進むと右側に「ハンズ 渋谷店(旧東急ハンズ)」があります。

6 「東急ハンズ 渋谷店」のすぐ先の交差点を渡った先にあるガラス張りのビルが「Abema Towers」です。
 

「Abema Towers」入館方法

※採用でお越しの方は、当社担当者からのご案内通りにご入館ください。

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

記事ランキング

アジアで大ヒット『青春18×2 君へと続く道』藤井道人監督が語る、映画づくりの内核 

Other

台湾を筆頭にアジアで大きな反響を呼んでいる映画『青春18×2 君へと続く道』。
本作は、映画『新聞記者』で日本アカデミー賞最優秀賞を受賞し、興行収入30億円の大ヒットを記録した『余命10年』など、数々の話題作を生み出してきた藤井道人が監督・脚本を務める、初の国際プロジェクト。
サイバーエージェントが製作幹事を務め、BABEL LABELが制作を手掛けた初めての作品でもあります。
BABEL LABELの山田社長は「藤井がこれまでの人生での成し得てきた環境全てを活かした作品」と評す本作。
5月3日の日本公開を前に、藤井監督が率直に思いを語ったインタビューをお届けします。監督の内面、思考、そして今目の前に広がる景色とは。藤井監督の現在地を深掘りしていきます。

Page Top