IRチャンネル第21弾は「5 ways to use AbemaTV」

IR

株主・投資家向け動画コンテンツ「CyberAgent IRチャンネル」第21弾は「 5 ways to use AbemaTV 」です。

無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV」は、2016年4月の本開局以来、多彩なコンテンツと、利便性の高い機能が奏功し、4,200万ダウンロードを超えるとともに、WAU(※1)1,000万を記録。利用者の視聴習慣を形成し、着実なベースアップを重ねています。

本動画では、日本での日常的な「AbemaTV」の利用シーンや、便利な機能を約1分半の動画にまとめました。海外にお住まいの方にも「AbemaTV」の魅力や使いやすさを感じていただければと思います。

※1 1週間あたりの利用者(Weekly Active Users)

■「AbemaTV」について
「AbemaTV」は、“無料で楽しめるインターネットテレビ局”として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供し、利用者を伸ばしています。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、いつでもどこでも好きな番組を楽しめるオンデマンドエンタテイメント機能「Abemaビデオ」では、国内発の動画サービスで日本No.1(※2)を誇り、総エピソード数は常時20,000本以上を配信しています。さらに、「Amazon Fire TVファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応し、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」や、既に放送が開始された番組を放送中でも最初から視聴することができる「追っかけ再生機能」など、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。 

※2 2019年6月末時点、自社調べ
 

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

記事ランキング

藤田晋が語る
新しい時代にイノベーションを起こす覚悟と執念

IR

創業当初からサイバーエージェントに根付く、事業を生み出し続けるカルチャー。

先月発表したパーパス「新しい力とインターネットで日本の閉塞感を打破する」にもあるように、インターネットでイノベーションを起こすことは当社の競争力でもあります。

会社の規模がどれだけ大きくなっても、挑戦を絶やさずに走り続ける組織の風土について、社外取締役を務める高岡氏(ネスレ日本元CEO)が、代表藤田へ聞きました。

※本記事は、アンカー・デジタル・イノベーション・サロン(ADIS)にて行われた対談の内容を編集したものです。
 

IR - 新着記事

Page Top