IRチャンネル第23弾は「効果を出すAI - サイバーエージェントのAI研究とビジネス実装力」

IR

株主・投資家向け動画コンテンツ「CyberAgent IRチャンネル」第23弾は、「効果を出すAI  - サイバーエージェントのAI研究とビジネス実装力」です。

AIの発展によりビジネスでの活用が求められていますが、研究が進む一方で、その実用化は難しく、研究や技術を事業成果に結びつけるのは容易ではありません。

サイバーエージェントでは2016年に研究開発組織「AI Lab」を設立。また、最先端のAI研究を進める大学とも連携し、新規AI事業の機会創出をはじめ、社会実装とアカデミックへの貢献に、積極的に取り組んできました。

このような背景のもと、幅広い事業においてAI技術の活用およびビジネスの現場での実装が進んでいます。その中でも、当社の広告事業では、広告効果最大化のためのAIで「勝てる広告クリエイティブ」を高確率でつくり出すことに成功しています。

今回はその代表事例となる、事前に広告配信効果を予測する「極予測AI(キワミヨソクエーアイ)」、広告文を自動生成する「極予測TD(キワミヨソクティーディー)」の広告効果の高さを約6分の動画でご紹介します。 「高い技術力に加え、研究・開発・ビジネスの垣根のない体制がサイバーエージェントの強み」とお話いただいた専門家の声もあわせてご覧ください。

当社は今後も高い技術力をいかし、広告クリエイティブの多様性や予測精度の更なる向上のため研究開発を進め、新しいクリエイティブの価値提供を目指します。また、「極予測AI」および「極予測TD」をはじめとした、AI技術を活用した新しいサービスを今後も開発し、広告主企業のみなさまに提供することで広告効果最大化に尽力してまいります。

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

記事ランキング

​​【後編】わたしたちのパーパス

IR

サイバーエージェントは、パーパス「新しい力とインターネットで日本の閉塞感を打破する」のもと自ら変化し続け、多様な事業を通じて新たな価値を生み出すとともに独自のカルチャーを形成し、持続的な成長を続けてきました。

今回は、会社や事業の存在意義、果たすべき使命について執行役員が語った内容を、前編と後編に分けてご紹介します。

※本記事は、社内報「CyBAR」に掲載した記事を再編集したものです。

IR - 新着記事

Page Top