ゲイプロレスラー・男色ディーノ(DDT)が贈る「17歳の自分へ」

サービス

「AbemaTV」オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』特別企画

「AbemaTV」最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』は、”好き”と言えずに17歳で姿を消した幼馴染が 季節外れの桜と共に戻ってくるファンタジー・ラブロマンス。
『恋仲』(フジテレビ系)や『好きな人がいること』(フジテレビ系)など、恋愛ドラマでヒット作品を手がけた藤野良太による連続ドラマです。

本ドラマのキーワード”17歳”にちなんで、「AbemaTV」に関連する方々に<17歳の自分へのメッセージ>を聞いてみました。今の自分だからこそ言える、個性豊かなメッセージをお楽しみください。

今回ご紹介するのは、ゲイプロレスの第一人者、男色ディーノ氏です。

※同シリーズ
『僕だけが17歳の世界で』W主演佐野勇斗・飯豊まりえが贈る「17歳の自分へ」
Mリーガー 日向藍子・二階堂亜樹が贈る「17歳の自分へ」

もあわせてご覧ください。

─『僕だけが17歳の世界で』あらすじ ─
17歳の航太と、幼なじみの芽衣。2人は互いに意識していることに気付くも、想いを伝えることなく航太がこの世を去ってしまいます。24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりに故郷に戻りますが、そこで芽衣の前に現れたのは、7年前にいなくなったはずの”あの日”の航太でした。心も体も17歳のままの航太と24歳に成長した芽衣。 桜が咲いている期間だけしかこの世にいられないことを知った航太は、残されたわずかな時間で誰に何を伝えるのか。航太の死に隠されていた秘密とは。

ゲイプロレスラー・男色ディーノ

男色ディーノ氏は、DDTプロレスリングの看板プロレスラー。言わずと知れた、ゲイプロレスの第一人者です。

男色ディーノ氏の縦横自在なファイトスタイルといえば、
・入場時に好みの男性客には無差別セクシャルハラスメント
・邪魔な女性客にはグーパンチ
・リング上ではイケメンレスラーの唇を奪って至福を満たす
などなど!
常識を覆す破天荒さに、1度見たらやみつきになったというファン続出です。

そんな、24歳のデビュー当時から「ゲイレスラー」として戦う男色ディーノ氏(42歳)が<今の自分だからこそ言える17歳の自分へのメッセージ>とは。

男色ディーノ(DDT)が贈る、17歳の自分へ

何者かになろうともがいていた17歳の私へ。
何者かになって、チヤホヤされたいと思っていた私へ。

急に何者かになんてなれないよ。
結果を残さないと、他人は見向きもしてくれない。

安心していい。42歳の私は、17歳の時から精神的にあんまり変わっちゃいない。
あきらめが早いまま。そして、これから君は、多くの天才たちと出会う。

全部で勝とうとしなくていい。

ただ、自分が負けたくないと思ってる部分では絶対に負けるな。
今負けてても、負けてる部分から目を背けるな。
どうやったら勝てるようになるかを考えろ。

そしたら、勝てる自分にちょっとずつ変わるよ。

あと、「ありがとう」はカジュアルに言えた方がいいね。
言いたくても言えなくなる時は急にやってくる。
今でも口にするのは難しいけど、それでもできるだけ言えるうちに。

あ、チヤホヤはあきらめた方がいいかもね。されないから。

最後に、ありがとう。君がいるおかげで今の私がいる。

もがいてくれてありがとう。


あわせて読みたい

 

『僕だけが17歳の世界で』番組概要

放送日程: 2020年2月20日(木)夜11時~(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル
番組URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/AQvnoNRKuZCbLs
番組公式Instagram:https://www.instagram.com/sakura_neco17/

脚本:相沢友子
演出:小椋久雄
   金井紘
   松本花奈
プロデューサー:藤野良太
制作著作:AbemaTV
キャスト: 佐野勇斗

     飯豊まりえ

     結木滉星
     大友花恋
     渡辺佑太朗
     ・
     浜野謙太
     YOSHI
     古田愛理
     ・
     袴田吉彦

     石田ひかり

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

「オンライン営業」に特化したサイバーエースの
”リモート体制ではない” 本当の強み

サービス

オンライン研修、オンライン飲み会、オンラインデート・・・

コロナ禍で急速に普及が進む「オンライン〇〇」ですが、当社には2年前から「オンライン営業」を積極活用して企業のWebマーケティング支援を行う子会社、CyberACE(サイバーエース)があります。

オンライン上の営業活動を駆使することで、営業拠点に捉われることなく、全国各地のあらゆる企業に対応し、顧客満足度の高いサービス提供を実現しています。

そこで今回は、CyberACE代表の西島に、同社のオンライン体制や、オンライン営業で大切にしていることなどを聞きました。西島の言う、”リモート体制”ではないCyberACE社の強みとは。

もちろん、オンライン取材でお届けします!

Page Top