Mリーガー 日向藍子・二階堂亜樹が贈る「17歳の自分へ」

サービス

「AbemaTV」オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』特別企画

「AbemaTV」最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』は、”好き”と言えずに17歳で姿を消した幼馴染が 季節外れの桜と共に戻ってくるファンタジー・ラブロマンス。
『恋仲』(フジテレビ系)や『好きな人がいること』(フジテレビ系)など、恋愛ドラマでヒット作品を手がけた藤野良太による連続ドラマです。

本ドラマのキーワード”17歳”にちなんで、「AbemaTV」に関連する方々に<17歳の自分へのメッセージ>を聞いてみました。今の自分だからこそ言える、個性豊かなメッセージをお楽しみください。

今回ご紹介するのは、ひと握りのトッププロだけが出場できる、麻雀プロリーグ戦「Mリーグ」で活躍する女流雀士 渋谷ABEMAS・日向藍子選手(31歳)と、EX風林火山・二階堂亜樹選手(38歳)です。

※同シリーズ 
『僕だけが17歳の世界で』W主演佐野勇斗・飯豊まりえが贈る「17歳の自分へ」
ゲイプロレスラー・男色ディーノ(DDT)が贈る「17歳の自分へ」

もあわせてご覧ください。

─『僕だけが17歳の世界で』あらすじ ─
17歳の航太と、幼なじみの芽衣。2人は互いに意識していることに気付くも、想いを伝えることなく航太がこの世を去ってしまいます。24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりに故郷に戻りますが、そこで芽衣の前に現れたのは、7年前にいなくなったはずの”あの日”の航太でした。心も体も17歳のままの航太と24歳に成長した芽衣。 桜が咲いている期間だけしかこの世にいられないことを知った航太は、残されたわずかな時間で誰に何を伝えるのか。航太の死に隠されていた秘密とは。

渋谷ABEMAS・日向藍子選手

日向藍子選手は、渋谷ABEMASに所属するMリーガーです。
現在は女流プロとYouTuberに加え、最高位戦の主要タイトル戦や対局番組の実況を務める等、マルチな活躍をしています。

加えて、私生活では一児の母。Mリーガーとなった2019年に第一子を出産をし、”ママ雀士”として活躍するパワフルさも魅力の1つです。

そんな日向選手の麻雀との出会いは、高校卒業後となる19歳。
ちなみに渋谷ABEMASの多井選手、松本選手、白鳥選手の3名はみな、高校時代に麻雀に出会い、それから夢中になったと言います。

では、17歳の時の日向選手は?
現在の麻雀プロとは全く違う夢を持っていたという彼女の<今の自分だからこそ言える17歳の自分へのメッセージ>とは。

渋谷ABEMAS・日向藍子選手が贈る「17歳の自分へ」

17歳の藍子へ

服飾科の高校でデザインと服作り、課題に追われる毎日で、将来はアパレル業界で働きたいんだよね。

でもね、その夢よりもっと心躍るものにその後出会います。

信じられないだろ。麻雀プロになるんだぜ。

どこでどう変化したらそうなるんだと思うでしょ。

19歳で麻雀と出会い22歳でプロ試験に合格、
30歳で大きなタイトルを取ってMリーガーに選ばれるよ。

いろんな出来事と素晴らしいたくさんの出会いがあなたを待っています。

伝えたいのは道は一つじゃないってこと。
いま自分の目の前が全てに感じてしまうけど、何度だってやり直して変化していいんだよ。

勝負の世界は厳しいけれど、あなたは仲間と家族に支えられて過ごしています。
だから大丈夫。感謝の気持ちを忘れずに新しい道も乗り越えていってね。

写真左:当時、自身のデザイン画 
写真右:現在、チームメンバーと談笑する様子
写真左:当時、自身のデザイン画
写真右:現在、チームメンバーと談笑する様子

EX風林火山・二階堂亜樹選手

雀士・二階堂亜樹選手は、EX風林火山に所属するMリーガー。
1999年のプロデビュー以来、人気・実力ともにトップクラスを誇る女流プロ雀士です。

家業が雀荘だったため幼いころより麻雀に慣れ親しみ、18歳でプロ入り。当時、「最年少女子プロ」としてて脚光を浴びました。

男性中心とされてきた麻雀界の中で、女流プロ界を牽引してきたパイオニアで、彼女に憧れてプロ入りした女流雀士も多いと言います。

その華やかな活躍の一方で家出、中卒、両親の離婚など壮絶な半生は大きな話題を呼び、漫画化、書籍化、さらには映画化されるほど。

プロ入りから20年間、今なお第一線で活躍する二階堂選手の<今の自分だからこそ言える17歳の自分へのメッセージ>とは。

EX風林火山・二階堂亜樹選手が贈る「17歳の自分へ」

17歳の私、
お母さんがいなくなって10年、
お父さんがいなくなって2年。

ボストンバック1つで東京に出てきて2年、ようやく”都会”に慣れたころだね。

高校に行く選択肢を捨て、麻雀一筋に生きていたね。
雀荘で育った私の唯一の武器だったから。
私が手に入れたかったのは、自分の力だけで勝ち取る「本物の人生」。

ねえ、今辛い??  

今の私にはその頃、辛かった記憶ないんだよね・・
いつも麻雀打てて楽しかった気がする。
それだけ麻雀に夢中だったから。

でもさ、女の子1人で見知らぬ土地で生きてて、辛くないわけないよね。。頑張ってたんだね私。

あれから20年・・・ 
今は、ひと握りのトッププロだけが出場できる晴れ舞台「Mリーグ」っていうのも出来たんだよ。人生って本当に何がおきるかわからない。

でもさ、あの頃必死で頑張ったから今があるんだね。
本当にありがとね、あの頃の私!


あわせて読みたい

 

『僕だけが17歳の世界で』番組概要

放送日程: 2020年2月20日(木)夜11時~(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル
番組URL: https://abema.tv/channels/abema-special/slots/AQvnoNRKuZCbLs
番組公式Instagram:https://www.instagram.com/sakura_neco17/

脚本:相沢友子
演出:小椋久雄
   金井紘
   松本花奈
プロデューサー:藤野良太
制作著作:AbemaTV
キャスト: 佐野勇斗

     飯豊まりえ

     結木滉星
     大友花恋
     渡辺佑太朗
     ・
     浜野謙太
     YOSHI
     古田愛理
     ・
     袴田吉彦

     石田ひかり

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

「オンライン営業」に特化したサイバーエースの
”リモート体制ではない” 本当の強み

サービス

オンライン研修、オンライン飲み会、オンラインデート・・・

コロナ禍で急速に普及が進む「オンライン〇〇」ですが、当社には2年前から「オンライン営業」を積極活用して企業のWebマーケティング支援を行う子会社、CyberACE(サイバーエース)があります。

オンライン上の営業活動を駆使することで、営業拠点に捉われることなく、全国各地のあらゆる企業に対応し、顧客満足度の高いサービス提供を実現しています。

そこで今回は、CyberACE代表の西島に、同社のオンライン体制や、オンライン営業で大切にしていることなどを聞きました。西島の言う、”リモート体制”ではないCyberACE社の強みとは。

もちろん、オンライン取材でお届けします!

Page Top