『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』連動企画
藤井夏恋のリベンジサクセスストーリー

サービス

2021年10月21日より放送を開始した、ABEMAオリジナル連続ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』は、仕事(人生)に熱狂する若者のリアルを描く完全オリジナルストーリーの作品です。

野村周平さんが主演を務める、イタいくらいにアツい若手起業家・鶴田祐介(つるた・ゆうすけ)が、順風満帆だと思われた人生で、初めての大きな壁にぶつかり挫折を味わいながらも、経営する会社とともに自身が成長していく「リベンジサクセスストーリー」が見どころになっています。

「FEATUReS」では、ドラマとの連動企画をスタート!
リレー形式で出演者の「リベンジサクセスストーリー」、挫折や大きな壁にぶつかり自身が成長した話をお伝えしていきます。

野村周平さんに続く第2弾は、藤井夏恋さん。
祐介の学生時代からの恋人で、のちに恋と仕事のはざまに揺れる新卒社員・常田智美役として、初の連続ドラマに挑戦中です。
仕事に夢に一生懸命になって苦悩している多くの人へのエールとなれば幸いです。

藤井夏恋さん(常田智美役)のリベンジサクセスストーリー
「簡単に手に入る成功なんて面白くねぇんだよ」

  【藤井夏恋】 1996年7月16日生まれ。大阪府出身。2011年、女性ダンス&ヴォーカルグループのHappinessとしてデビュー。アーティスト活動のみならず、ファッション誌でもモデルとして活動。新たに自身がディレクターを務めるファッションブランド「NEROLI」を立ち上げ、多方面で活躍中。

【藤井夏恋】1996年7月16日生まれ。大阪府出身。2011年、女性ダンス&ヴォーカルグループのHappinessとしてデビュー。アーティスト活動のみならず、ファッション誌でもモデルとして活動。新たに自身がディレクターを務めるファッションブランド「NEROLI」を立ち上げ、多方面で活躍中。

 ──藤井さんご自身の「リベンジサクセスストーリー」とは?

これまでアーティストとしてグループで過ごした約13年間が、私のリベンジサクセスストーリー。どんな困難も乗り越えた先には大きな喜びが待っていると、信じられるようになったからです。

デビューまでの道のりはまさに武者修行でした。
日本全国をめぐりながら、それと並行して行うダンスや歌のトレーニング。それはもう本当に大変で…心身ともに鍛えられました。

でも、たくさんの試練を共に乗り越えたからこそ、大きなステージに立つことができたり、たくさんのファンの方々と出会うことができたりと、幾つもの夢が叶いました。

そういう経験全てが自分の自信となって、アーティスト活動だけではなくて、
ファッションブランドの立ち上げや俳優業といった、個人としての新しい挑戦につながりました。

どんな困難もその先の成長が楽しみで、今はとにかく頑張ろうと思えるんです。
むしろ、大変なことをもっと味わいたいというか…簡単に手に入る成功なんて面白くないですよね。

これからも失敗を恐れずに挑戦し続けて、自分の描く夢を一つずつ叶えていきたいです。


 ──『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』の見どころは?

今回出演のお話をいただき、なかなか踏み出せなかった女優というお仕事に挑戦できる新たなきっかけを下さったことに、感謝しております。
初の連続ドラマ出演なので刺激的な毎日です!
常田智美と共に、私自身もこの作品をきっかけに大きな一歩を踏み出せたらいいなと思っています。

台本を読ませていただき、この作品はそれぞれの役柄から人間らしさがリアルに描かれているなと思いました。
登場人物それぞれの感情に寄り添っていただける内容がぎゅっと詰まっていて、私自身もいろんな角度から心を動かされました。
私が演じさせていただく“常田智美”の恋と仕事のはざまに揺れ動く心情も繊細に描かれていて、学生時代からの恋人でもある祐介との今後の関係性にも注目です。

前作の『会社は学校じゃねぇんだよ』は、私自身も一気見しちゃうくらい楽しませて頂きましたが、今作も見所たっぷりなので是非楽しんでいただけたら嬉しいです!!


 

『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』第3話予告

成功を夢見て邁進する若手起業家の、”すべてを奪われてから始まる”下克上物語『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』、注目の#3は…?

恋の終焉…”社長”の悲しき選択

鶴田祐介(野村周平)と佐藤健吾(佐野玲於)は、天才ハッカー・大松エリ(平祐奈)を自社のエンジニアとしてスカウトする。事業は優秀なエンジニアを得てさらに軌道にのり始めるが、確保できていたはずのアパレル工場が突如ライバル社に取られてしまう。祐介は、ライバル社社長で恋人でもある常田智美(藤井夏恋)を気遣いつつも、工場長へ再プレゼンし仕事を引き受けてもらえることに。しかし、これを知った藤村鉄平(三浦翔平)は、智美に工場との独占契約締結を指示し「出来なければ会社は解体する」と言い放つ。恋人の夢を支えるか、自社を守るかの選択に迫られた智美の決断は…!

見出し:『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』第1話・2話フル

『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』

仕事に熱狂する若者の“すべてを奪われてから始まる”下克上ストーリー 『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』は、新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」にて毎週木曜よる10時より放送

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

記事ランキング

サステナブルな地域社会へ向けた、未来志向の行政DX

サービス

【対談】福井県×サイバーエージェント

昨今、耳にしない日はないDX。当社では小売・行政・医療の分野をはじめエンターテインメント業界でもDX推進を支援しています。
2020年に立ち上げた行政DX専門組織※1では、「誰一人取り残されない」行政のDX支援を目指していますが、本記事では、行政におけるDXがどのように持続可能な社会につながっていくのかを考えます。

お話を伺ったのは、福井県のDX推進監(CDO)米倉氏。福井県は全国で初めて道路規制情報に関する問い合わせ対応にAI音声対話サービスを導入したり、国内外の企業が持つ技術・サービスを用いた実証プロジェクトを誘致するなど、自治体DXの成功例と言っても過言ではありません。

行政DXの「3大課題」は人材・現場の抵抗・予算という調査結果※2もありますが、福井県ではどのように“現場主体”でDXを推進しているのか。また、DXの先に描く未来とは。米倉氏と、当社の淵之上が行政DXの意義について語ります。
※1  2020年4月官公庁・地方自治体向けDX推進支援の専門部署「デジタル・ガバメント推進室」。11月開発組織「GovTech開発センター」設立。
※2「DXの取り組みに関する調査」/日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ

Page Top