USEN-NEXT宇野社長×藤森慎吾さん×CA藤田
動画ビジネスを語る異色鼎談が実現!

サービス

日経電子版の連載「ネット興亡記」のドラマ化を記念し、USEN-NEXT HOLDINGS宇野社長と藤田の対談が行われました。また、ドラマに出演された藤森慎吾さんも駆けつけ、YouTubeなど様々な場で活躍を広げている近況についてもお話しいただきました。なかなか見られない異色鼎談の一部をご紹介します!

「ABEMA」で目指すのは、テレビの“再発明”

ー「ネット興亡記」で主演を務められた藤森さん、記者の役を演じていかがでしたか?
 

藤森

藤森さん

「藤田さん、めちゃくちゃ苦労してるじゃん」というのが最初に抱いた率直な感想でしたね。起業家を全く経験していない僕が言うのも申し訳ないですけど、芸能人と経営者って、少し似たところがあると思っていて。
自分でやりたい企画やネタを想定して、ビジョンをつくり、どう売り出していこうかと考える。こういう僕らの仕事は結構経営者に近いものがあるのかなと。

ー藤森さんはYouTubeでもチャンネルを持たれていますが、どういうきっかけで始められたんですか?
 
藤森

藤森さん

自然な流れですよね。いまはテレビタレントもYouTubeに参加するのが当たり前。動画配信サービスがすごい勢いを持っているので、テレビと動画コンテンツ、二つの選択肢を持っていて損はないんじゃないかなと思っています。

藤田

藤田

僕の子供が「HIKAKIN」さんを好きで、かなり見ています(笑)。コンテンツ量の豊富さや特性を考えても、他のサービスはなかなか太刀打ちできないなと。テレビが目の前にあっても、手元のiPadでYouTubeを見てしまいますよね。

宇野

宇野社長

YouTubeが出てきた頃は、ちょうどGyaO!を展開していた時期でもありましたが、当時のYouTubeは投稿型の無許諾なコンテンツのみだったので、ある一定の規模になったらそれが成立してしまうのだろうなと思いながらも、まったくコンテンツの種類が異なるので対抗しづらい部分もあって。

結果的に力が出し切れませんでした。ただ、いずれ動画配信サービスの数はさらに増える確信があったので、視聴者にとっていかに選択肢の一つとして残るか、にフォーカスしたのが「U-NEXT」です。

ー「U-NEXT」「ABEMA」、どちらも動画配信サービスという分野ではありますが、それぞれのカラーは結構違いがありますよね。
 

藤田

藤田

「ABEMA」は、一言でいうとテレビをリプレイスしたサービス。24時間ニュース番組を流すことが柱になっていて、それにバラエティやドラマ、スポーツなどのコンテンツもある。そういう意味で、NetflixやU-NEXT、YouTubeなどとは棲み分けられていると思いますね。「ABEMA」では、テレビの再発明を目指しています。

宇野

宇野社長

「U-NEXT」は、ライブ配信やオリジナルにこだわらず、世界中のエンターテインメントを集めていこうという考え方で運営しています。いかに多くの品揃えができるかが勝負。「エンタメの百貨店」を目指していますね。

「超面白い!企画会議」で、徹底的に企画を磨き上げる

ー「ABEMA」のコンテンツづくりとして、「トガったものから‘超面白い’コンテンツへ」、というキーワードも拝見しましたが、その違いはなんでしょう?
 

藤田

藤田

もともと「ABEMA」では、番組名や企画を人々が口にしたくなるようなトガったコンテンツが良い、という発想がありました。でも結局は、みんな人から勧められたものしか見ないんです。そして、人に勧めたくなるのは、自分が満足した面白いコンテンツだという結論にいきつきました。そこに向き合うために「超面白い!企画会議」という会議で、中身が面白くなるまで諦めずに企画を練っています。

ー藤森さん、「超面白い!企画」はどうやったら生まれるんでしょう?
 
藤森

藤森さん

それは、みんなが見つけたいですよね(笑)。たとえば、超有名な人気芸人さんがYouTubeをはじめても、全然チャンネル登録されていなかったり視聴数が少なかったりということが起こります。それでも、自分が面白いと思うことを信じてやるしかないんですよね。

ブレてしまって、その人らしくない方向にいくと人々の心が離れていく傾向にあるんじゃないかなと思います。常に作り続ける、考え続ける必要があるし、それが楽しいですよね。

ーこのコロナ禍ではどんなコンテンツが流行ると思いますか?
 

藤田

藤田

僕はこの自粛生活で、Netflixを100時間以上は見たんですけど(笑)。正直、オリジナル作品を見ると絶望的な気持ちになりますよ。お金のかけ方もクオリティもすごい。

このコロナ禍で、政府も無観客ライブ支援の方針を打ち出していますが、「ABEMA」ではライブ中継のノウハウが蓄積されてきているので、チケットを買ってライブを見にいくように、無観客ライブでもお金を払うのにふさわしいパフォーマンスが提供できるように準備しているところです。

宇野

宇野社長

もともとネットで動画を見ていなかった層にも、動画配信サービスが使われ始めた感触はありますね。ここ最近だと、「U-NEXT」で電車の車窓からの風景を流しているコンテンツが意外にもよく見られていて。リモートワークで電車に乗らなくなったサラリーマンが、仕事のスイッチを入れるために見ているそうです。

藤森

藤森さん

コロナ禍では、ある意味芸能人も淘汰されていくような気がしていますね。世の中のせいにして嘆くだけでなく、次の一手を考えるパワーがある人はこれからも仕事がなくならない。

僕はこの1-2ヶ月YouTubeの配信があったので、とにかく忙しかったです。芸人仲間とオンラインで飲んだりして、「今日一日、何もすることなかったわ~」と言っているのを聞いた時は「勝った!」と思いました(笑)。

藤田

藤田

番組の制作現場って本当に密なので、今後再開できるのかなと少し不安になりますよね。でも、テレビ番組の王道である、ひな壇にタレントさんをたくさん並べるとか、セットを派手にするとか、僕からすると惰性でやっているように思えるものもある。本当に必要なものを考え直す機会になるかもしれないですね。

正直、ここ10年で今が一番体調が良いんです(笑)

ーWithコロナ/Afterコロナとよく言われますが、今までお二人が経験されてきた危機と比べてどうご覧になっていますか。
 

宇野

宇野社長

今回は大きく影響を受けた業界と、ネットのように影響を受けながらも新しいビジネスチャンスが生まれ進化していく業界と、状況が二分されているような印象をもっています。まさに変化期というか。そういう意味では、経済全体が金融によって影響を受けた過去のリーマンショックなどとはまた違う状況なのではないかな、と思っています。

藤田

藤田

日経平均が下がると、潰れる会社も出てくるし経営者にとっては厳しいんですよね。でも、経済がほぼ止まっているこのコロナ禍でも、日経平均が2万円を維持している。最近発表された政府の補正予算も「絶対に企業を倒産させない」という決意を感じる手厚いものだったから、大丈夫そうだなという感覚はあります。

短期的に影響を受ける産業はあるけど、きちんと支援を受けられれば元に戻れるのではと、今の時点では感じていますね。

ーインターネット企業はリモートも比較的しやすい環境ですし、ダメージは意外と少ないでしょうか?
 
藤田

藤田

そうですね。リモートワークでも全く問題なく働けることがわかりました。ただ、リモートでは極端に個人主義、成果主義に偏ってしまうという実感もあり、当社のようなチームワークを重視する会社には合わないと判断したんですね。

でも、正直僕自身は、ここ10年くらいで今が一番体調が良いんですよ(笑)。心身ともに健康に過ごすにはリモートを取り入れた方が良いことは間違いないと思って、まずは週1回、全社でリモートをする曜日をつくりました。

 

宇野

宇野社長

当社はもともとリモートワークを取り入れようという動きがあったので、今後も職種によって在宅勤務を継続するなど、柔軟に対応していこうと思っています。ただ、定期的に直接顔を合わせてコミュニケーションをとったり、企業文化を感じたりする機会は大切なので、そういう場も推奨していきたいですね。

藤田

藤田

僕は新卒で入社したインテリジェンスでも、サイバーエージェントの創業当初も、寝ている時間以外は会社にいた記憶があって。競合が遊んでいる時間も仕事をしていることが、ある意味競争力になっていた。それについては、宇野さんどう考えてますか?いまの若い子に「そんな働き方はしなくていい」と言うと、ある意味騙してるのかなという感覚もある(笑)。

宇野

宇野社長

当時、まさに“がむしゃら”に働いていましたが、仕事へのコミットを表現する方法が、会社にいる時間の長さしかなかったように思います。組織が団結して何かに立ち向かうには、濃い時間をともにするのが一番という考え方もあった。

でも、今はビジネスチャットなどのツールも普及していますし、いろんな形でコミュニケーションがとれますよね。あの働き方は、そういう時代の産物だったのかなと(笑)。

藤田

藤田

それが我々の成功体験にもなっていますよね。働き方改革やリモートワークが推進される今の時代に、がむしゃらに働く会社が出てきたら競合としてはどうですか?

宇野

宇野社長

一つの企業文化として脅威に感じるかもしれないですね。今まで、会社は行く場所であって、社員と顔を合わせる場だった。それがこのコロナ禍によって、自宅で会社の上司や取引先ともテレビ会議をしていると、「会社ってなんだったっけ」と社員も思い始めている。そうなると、今後会社の繋がりをどうつくっていくのかは難しい課題の一つだと思っています。

藤田

藤田

僕もこの自粛生活の間、会社ってなんだろうと何度も思いましたね。昨年、オフィスを移転してビルを一棟借りしたんですね。それまで雑居ビルに入っていたのをまとめただけだけど、あのオフィスに引っ越してから「すごい会社をつくられましたね」とちやほやされることが増えて(笑)。象徴ってすごいなと思いました。それが会社の規模を表現しているんだなと。

このコロナ禍によって、会社とは何か、そのあり方について考えさせる機会になったのは間違いないと思います。

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

週末なにする?「ABEMA」でオンラインならではのライブ体験を!

サービス

テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA」の「ABEMA PPV ONLINE LIVE」がお届けするビックアーティストのスペシャルライブをご紹介します。オンラインだからこそ実現できるパフォーマンスや一体感をぜひお楽しみください!
 

記事ランキング

Page Top