史上初!VRでのesports大会
1万人が体験した新感覚なリアル

サービス

国内最大級のesportsイベント「RAGE※1が運営する、esports専用VR施設「V-RAGE」β版が3月15日にオープンしました。

外出や、特殊な機材は一切不要。
スマホさえあれば自宅にいながら、リアルイベントさながらの臨場感を味わいながら、大勢と観戦を楽しめるのがVR空間の最大の魅力です。

オープン当日は、国内の新型コロナウイルス感染症拡大状況を鑑み、 無観客試合での実施となった「RAGE Shadowverse 2020 Spring GRAND FINALS powered by SHARP」を開催しました。
VRを活用してesports大会を行うのは、史上初の試みです。

また、「M-1グランプリ2019」の王者・ミルクボーイが3Dキャラ化してオリジナルネタを披露するVR漫才や、人気ストリーマーの「もこう・つるおか(かものはし)」がVR配信を行うなどの連動企画も実施されました。

1万人※2が体験した新しいesports観戦の様子をお届けします。

※1 株式会社CyberZ、 エイベックス・エンタテインメント株式会社、 株式会社テレビ朝日運営
※2 延べ参加人数10041人

「おかんの好きなスポーツは?」ミルクボーイのVR漫才

esports大会「RAGE」は、オフライン会場での観戦、オンライン配信での視聴、地上波での放送に加え、今回、バーチャル空間という新たな取組みを実施しました。

今後は、 現実とバーチャルの2つの空間でのイベント連動や、ファン・コミュニティの活性化など様々な観戦体験の実現を目指しています。

そして、5Gの普及などの通信環境の変化にあわせて、日本のesportsの観戦文化を発展させていければと考えています。

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

記事ランキング

公営競技のネット投票サービス「WINTICKET」がつくる“新しい競輪”
ミッドナイト競輪を楽しむ若者が増加中

サービス

競輪・オートレースのインターネット投票サービス「WINTICKET(ウィンチケット)」の成長が加速している。四半期取扱高は前年比約1.9倍と好調に推移し後発サービスながら市場シェアの3割以上を占めるまでに拡大。サイバーエージェント代表藤田は好調の要因を「ABEMAとの相性の良さとサービスの技術力・運用力の賜物」と説明する。

これまでの競輪ファンに加え、若い世代にもその面白さを伝えることで、市場の活性化と新しい価値の提供を目指す「WINTICKET」の強みに迫る。

Page Top