このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 
  • FEATUReS 

 

IT人材の育成

地域社会との連携

Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト

本プロジェクトは、渋谷に拠点を構える東急電鉄とインターネット企業4社(サイバーエージェント、DeNA、GMOインターネット、ミクシィ)、そして渋谷区教育委員会が渋谷区立小・中学校でのプログラミング教育の充実を図り、次世代に必要な資質・能力を持った人材を渋谷から輩出する土台作りを進めることを目的に、「プログラミング教育事業に関する協定」を2019年6月17日に締結したことから始まった、小学生から中学生向けのプログラミング教育カリキュラムの開発および教育現場支援、また企業訪問などによるIT人材育成に向けたキャリア教育支援を行う官民一体型プロジェクトです。

渋谷区教育委員会は、2017年9月から渋谷ICT教育システム「渋谷区モデル」を推進しており、渋谷区立小・中学校の生徒約8,500人(2019年5月1日現在)に、一人一台セルラータブレットを配布するなど、これまで積極的に教育の情報化に取り組んできました。また、サイバーエージェント、DeNA、GMOインターネット、ミクシィの4社もそれぞれ、子会社を通じたプログラミング教育事業の運営、プログラミング教育向けの専用アプリの開発から講師派遣や授業提供、プログラミング教育メディアの運営、ITデジタル分野への興味喚起を目的とした中高生向け企業訪問プログラムの運営など、プログラミング教育に積極的に取り組んでいます。

本プロジェクトでは、当社も拠点を置く渋谷からIT分野において世界で活躍する人材の育成を目指すとともに、日本全体のプログラミング教育を牽引するため一連の取り組みを体系化し広く発信、社会における人づくりに貢献していきます。

2019年活動内容(予定)

Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト「プログラミングサマーキャンプ2019」開催

【目的】
  • プログラミングにおける試行錯誤・創意工夫の楽しさの体験を提供
  • 企業訪問を通じた、プログラマーやエンジニアなどの職業への興味関心を高めるキャリア教育
  • プログラミング教育に対する保護者および学校関係者の皆様の理解を深める機会の創出

授業カリキュラム開発・教員向け研修の実施

渋谷区立小・中学校におけるプログラミング教育のカリキュラム開発支援、および、所属する教師に対するプログラミング教育の研修の実施

授業支援トライアル

渋谷区立小・中学校の一部における授業支援の実施 (日程・実施校:今後調整)

「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」各社の役割
「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」各社の役割