このページの本文へ移動

Menu

メニュー

  • 企業 
  • ニュース 
  • サービス 
  • 技術・デザイン 
  • 採用 
  • 投資家情報 
  • CyberAgent Way 

 

社会への取り組み

障がい者雇用

2007年より障がい者雇用促進法に基づく特例子会社サイバーエージェントウィルを設立し、障がい者雇用の取り組みを本格化しました。合同説明会への参加や各地で面接会を実施することで採用力を高め、計画的に雇用を拡大。高度なパソコンの能力や技術を持った障がい者の雇用を積極的に行い、2018年6月に法定雇用率2.0%を達成しました。

現在、83名が入力などのオペレーション業務、ヘルスキーパーなどを行っています。
(2018年9月末時点)