サイバーエージェントのカルチャーに迫る!
~CA料理部を体験!~

採用

みなさん、こんにちは。20内定者です。

突然ですが、皆さんはサイバーエージェントに、たくさんの部活動があるのはご存じでしょうか?

サイバーエージェントには部署を跨いだ社員の繋がりを作ることを目的とした部活動があります。その数はなんと39個!

自分が興味のあることを通して社内で交流することのできる制度の1つです。

今回は、その中でも最大の部員数を誇り、活発に活動しているというCA料理部を体験して来ました!

是非、サイバーエージェントのカルチャーの魅力を少しでも知っていただきたいと思います。
(取材・文:20内定者)

料理部について


部員は200名以上、月2.3回で定員10~20名で様々な講師の方を招き、料理を教わりつつ交流している。

料理初心者でも大歓迎!いざ、CA料理部の魅力を体験

今回の料理部の講師は元料亭の板前、通称ぼりさん。
大人気和食シリーズである「基本の炊き込みご飯と筑前煮」講座を体験させていただきました!
ご自宅でも簡単においしい和食が作れる基本知識も教えてもらいました。

家庭での料理が少しの工夫で美味しくなるポイント満載

今回の炊き込みご飯は「塩鮭の炊き込みご飯」と「五目炊き込みご飯」。

基本的なお米の研ぎ方から、実践させてもらいながら丁寧に教えてもらいまいました。(お米は研ぎ方で美味しさが全く変わるそうです。)

目から鱗の豆知識をたくさん教えてもらえるので、部員の皆さんは興味津々。メモを取ったり、写真を撮ったりしながら「明日の夕食で試してみよう!」とワクワクしている姿が印象的でした。

(ゴボウは皮と実の間が一番旨味と栄養価が高いそうで、洗いすぎには要注意みたいです。)
(ゴボウは皮と実の間が一番旨味と栄養価が高いそうで、洗いすぎには要注意みたいです。)

アットホームな雰囲気で、歓談しながら会は進行していきます。

料理の話だけではなく、プライベートの話や仕事の話など社員のみなさんとの懇親を深めていきます。
炊き込みご飯と同時進行で筑前煮も作ることに。

みなさん、積極的に調理に参加しています。

ここでご飯が炊きあがりました!

(つまみ食いできないかと考えているところです。)
(つまみ食いできないかと考えているところです。)
(とっても美味しそうです!)
(とっても美味しそうです!)

そして、今回は講師の方のご厚意でなんと特別でだし巻き卵も作ることに!

だし巻き卵は、卵の量の3分の1、水をいれてから味付けるのがコツみたいです。
白身がなくなるまでかき混ぜるとフワフワになるのだとか。

(完成しました!とっても美味しそう!)
(完成しました!とっても美味しそう!)
(とっても美味しく出来上がり、ついたくさん食べてしまいました(笑)。)
(とっても美味しく出来上がり、ついたくさん食べてしまいました(笑)。)

みなさんに入部したきっかけも聞いてみました。

お話を聞いた、経営本部の秋道さんは健康のためにも自炊を始めたいと思って入部したそうです。料理部に入って交流も増えて、食事に対する意識も高まったと仰っていました。

料理だけが目的ではない!?部長の想いとは?

前田塁(まえだるい)  
株式会社サイバーエージェント  2007年入社  
現在株式会社CyberZ 
1年半前に料理部を設立し、現在料理部の部長を担う。
前田塁(まえだるい) 
株式会社サイバーエージェント  2007年入社 
現在株式会社CyberZ
1年半前に料理部を設立し、現在料理部の部長を担う。

___料理部を作ったきっかけ

僕が料理部を作ったきっかけは、料理によってコミュニケーションの輪を広げたいと思ったのが一番大きな理由です。最近では、ソーシャルの輪が広まり、企業とのコラボやスポンサーがついたり、どんどん活動の幅が広がってきています。
基本的には料理は楽しむためのツールだと思っているので、料理部というプラットフォームで、普段のお仕事では知り合えないような部署の方と交流することもできる場所であってほしいです。



___部長の想いとは

最終的にはサイバーエージェントに還元したいと思っています。たくさんお世話になっているこの会社で、社員の交流ツールを作り、料理を通して仲良くなってもらい、仕事も部署をまたいで円滑になったり、会社に行くのがより楽しくなってほしいというのが願いです。

そして料理のハードルを高いと感じず、料理部を多くの人のプラットフォームにしていきたいですね。
最近では、料理部で運営しているカフェを月に一回開店しているほど本格的な活動をしています。
料理部以外の社員同士がコミュニーションが取れる空間を作りあげたいという想いもあるので、直近の夢だと、渋谷にサイバーエージェントの社員がいつでもふらっと仕事後に来て楽しめるような、自主的に社員が運営する社員の場所作りを作りたいですね。

ここでも感じたチーム力

初めて料理部を体験させてもらったのですが、年代や部署を問わず色んな方と楽しく料理を学べる素晴らしい部活でした。

美味しい料理を共に作って食べながら、懇親を深めることによって仕事も頑張ろうと思える、そんなアットホームな環境でした。

私はチーム力のある会社で働きたいという軸を持って就職活動をしていたのですが、普段働いている時だけではなく、部活動でも”チームサイバーエージェント”を感じ、チームワークの秘訣を垣間見ることが出来たのではないかと思っています。

年代や部署を問わず、共に会社を創っていく仲間であるという部長のメッセージがとても印象的でした!

CA料理部の皆さん、ありがとうございました!


まとめ

サイバーエージェントには、様々なカルチャーがあり、社員が楽しく生き生きと働ける組織作りの工夫が沢山あります。その中の1つである部活動の魅力を少しでもお届けできたのであれば幸いです。


写真:神 颯斗
https://www.hayatojin.com/

この記事をシェア

新卒採用の公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

リモートワークでも熱量が高い組織を目指す【後編】

採用

社内活性化の施策例

″リモートワークでも熱量の高い組織の実現”を目指すサイバーエージェントならではの組織活性化施策について、前編と後編の2回に分けてご紹介しています。
活性化施策の狙いやリモートワーク下における運用ポイント、取り組み事例の一部を紹介した前編に引き続き、後編となる今回も各事業部で行っている取り組み事例をご紹介していきます。

記事ランキング

Page Top