「就活と恋愛は似ている⁉︎」
AWA社長から学ぶ今日から意識できる就活術

採用

はじめに

サイバーエージェントという会社はいわゆるメガベンチャーと呼ばれる会社です。

「もうベンチャーじゃなくて大企業じゃん。」
「他の企業とも変わらなさそう。」

そんな風に思ってはいませんか?

今回は社長室で働いていた経歴を持ち現在AWAの代表取締役である小野さんに取材をしてきました。

小野さんが就活生だった時に何を感じていたか?
また就活生や経営者になりたい人に向けてのメッセージは必見です!

(取材・文:19内定者)

Profile

  • 小野 哲太郎

    岐阜県出身 名古屋大学卒業後、2007年サイバーエージェントに新卒入社。
    新卒時は社長室に所属しており、現在はAWAの代表取締役を務めている。

  • 三浦 拳利

    サイバーエージェント19年度新卒内定者。この記事の取材・文を担当。

なんとなく足を運んだ会社説明会

氏名

三浦

本日はお忙しい中ありがとうございます。よろしくお願いします。

氏名

小野

よろしくお願いします!

氏名

三浦

さっそくなのですが、小野さんは2007年入社だとお伺いしております。
今ほどインターネットが発展していない中で、どうしてサイバーエージェントに入社を決意されたのですか?

氏名

小野

いやいや、インターネットが発展していないってことはさすがになかったですよ。そこまで昔じゃないです!(笑)

氏名

小野

ただ、確かに今と比べるとサイバーエージェントの規模は小さかったです。

僕にとっての転機は、サイバーエージェントの会社説明会に参加したことで、それまで疑いもしていなかった自分の価値観が少しずつ変わり始めるきっかけになったと思っています。

氏名

三浦

価値観ですか?

氏名

小野

その年は、サイバーエージェントが初めて名古屋で会社説明会を開いた年で、ひょんなことからそれを知り、参加しました。

当時は藤田社長が会社説明のプレゼンをしてくれていました。

そこで「大企業に入るよりも、これからの大企業を作っていく方が面白い。そういうことができる仲間を探している」と淡々と話されていたんです。

誰もが知っている大企業をいくつか受けていて、「どこかに入れればいいや」くらいに考えていた自分はドキっとして恥ずかしくもなりました。

もしかして、そんな人生つまらないんじゃないか?って思い始めたんです。

ちょっと嫌味に聞こえるかもしれないですけど、幼少期からそれなりに何でも器用にできる子どもでした。
勉強も運動もできたし、小さな田舎町だったのもあって学級委員なんかもやってノリノリの少年でした。

(はい、嫌味ですね。)
(はい、嫌味ですね。)

氏名

小野

ただ、そんな中で、いつしか何かを決める時に周りの目をすごく気にするようになっていたと思うんです。

周りの期待に応えることが一番大事だと自然に体に染み付いていったような感じです。
先生とか、親とか、友達とかから「すごい」「うらやましい」「さすが」と言われることが自分の価値観の中心になっていました。

例えば高校受験や大学受験でも自分が行ける中で、
最も良い偏差値のところをただ選んだだけだったんです。

氏名

三浦

なるほど、だから就活も名だたる大企業ばかりを?

氏名

小野

はい、就活についてもその延長線上にあるままだったので、心ではなく、頭で計算して就活していたという感じです。

でもサイバーエージェントの若い社員の方々と面接や懇親会を通して話す度に、そのいきいきとした会社の性格みたいなものに、心はどんどん惹かれていきました。

氏名

三浦

最後は何がきっかけでサイバーエージェントに入ると決断したんですか?

氏名

小野

2006年の5月だったんですが、頭と心が別々の方向に行ってるような状態で、藤田社長との最終面接を迎えました。
内心、そこで藤田社長から「いいから、うちにおいでよ」と言ってもらいたいと思っていました。
そしたらバラバラの頭と心が自然に一本につながって、決心がつくんじゃないかと。

でも実際藤田社長に言われたのは、「小野くんの地元の名産は何?」など、たわいもない話をした程度で背中を押してはくれませんでした(笑)。

氏名

三浦

なんと!名産品ですか!

氏名

小野

最終面接も終わり藤田社長の部屋を出て、すぐに人事の方と別室で話をしました。藤田社長が誘ってくれなかったことで決め方を失ってしまった僕はグルグルと考え込んでしまっていて、人事の方の話はあまり耳に入ってきてなかったと思います。

氏名

三浦

名産品を聞かれただけなら自分でもそうなると思います(笑)。

氏名

小野

でも気づいたのは結局何も変わってないじゃんってことでした。

自分では「周りの期待に応えてきた。」と思い込んで、それを盾にして、でも本当は自分で何かを決めるのが怖かっただけだと。
だから就職も誰かに強く誘われたからとか、周囲の人が良いと言っているからとか、誰かに背中を押してもらわないと決められないとか、「決めるのが怖いだけじゃん」ってとこに行き着きました。

なので人事の方の話を遮って文脈も無くその場で「僕をサイバーエージェントに入れてください。必ず活躍してみせますから。」と決心をして話しました。

その日をもって就職活動は終了しました。

成果を上げるための人間関係

氏名

三浦

現在小野さんはAWAの代表取締役ということで、毎日お忙しいと思います。そんな普段から仕事をするにあたって意識していることはありますか?

氏名

小野

そうですね、当たり前ですけどとにかく成果に集中することです。簡単なように聞こえますが、成果への集中を乱すものがそこらじゅうに転がってるのが社会だと思います。

氏名

三浦

例えばどういうことでしょう?

氏名

小野

一番は人間関係だと思います。例えば上司との関係、部下との関係、取引先との関係など色々な人間関係があります。

氏名

小野

人間関係も常にうまくいきながら、成果も出せればそれに越した事はないですが、時には上司と意見が食い違ったり、部下が自分の方針に賛同してくれなかったり、取引先と馬が合わなかったりなんてこともあります。

そんな時に、成果を優先せず人間関係を優先してしまうようではダメだと思っています。

氏名

三浦

人間関係は自分の中で優先にしがちなことでした。

氏名

小野

人間はもともと人からよく見られたい生き物ですし、ハレーションを好む人は少ないと思います。
できればギクシャクすることや人から嫌われることは避けたいものです。

でも、結局ビジネスの場では、人間関係がいくら良くても、成果に近づいていなければ0点です。

理想の成果を常に頭の中に思い浮かべ、そこに向かうことが最優先であり、人から好かれることは後回しにしないといけません。

特にリーダーを務める人には必要な意識だと思っています。結局最後は、成果が全てを癒してくれます。

(絵を使って説明してくださった小野さん)
(絵を使って説明してくださった小野さん)

氏名

小野

ただ、良いチームの方が良い成果を生むと思っているので、成果のためには人間関係はとても大事だと思っています。

氏名

三浦

自分は周りの目を気にしてしまう方なので、今の時期から仕事に向き合うという癖付けをしっかりとしていきます!

相手のためにできることを考える

氏名

三浦

この記事を読んでいる就活生に何か伝えたいことはありますか?

氏名

小野

やっぱり自分の体験から言えることとしては、心で就活してほしいということですね。
サイバーエージェントの新卒採用チームに2008年から入れてもらって、10年くらい採用をする側になってみて、就活と恋愛は似ているなと思うんです。

氏名

三浦

恋愛!?どういうことでしょう。

氏名

小野

気持ち悪がらないでくださいね(笑)

(楽しそうに話される小野さん)
(楽しそうに話される小野さん)

氏名

三浦

はい(笑)。

氏名

小野

頭で考えて恋愛をすると、ステータスとかお金とか見栄えとか色々と自分にとってプラスになる価値を相手が持っているかどうかが相手選びの基準になってくると思います。

一方、心でする恋愛ってもっと純粋なもので、「相手のために何かできることはないか?」っていう貢献心みたいなものに溢れていると思うんです。

氏名

三浦

自分は間違いなく後者です。

氏名

小野

就活も同じで、「自分がより成長できる環境はどこなのか?」という軸で企業を選ぶのは大事なことですが、一方で、「この会社が描いている理想の未来に自分はどう貢献できるのか?」ということもセットで自然に考えられると良いと思っています。

氏名

三浦

「自分が貢献できるかどうか?」は意識することを心がけなければ自分でも難しいです。

氏名

小野

まだまだ社会経験が無い就活生の段階で考えるその貢献の方法が、正解か正解で無いかは重要ではなくて、自分にできる貢献の方法を考える姿勢が大事だと思っています。

氏名

三浦

自分にも必要なことだと思うので自分にできる貢献の方法を考えてみます。

小野さんが考える企業と社員の良い関係性とはどのようなものですか?

氏名

小野

企業は社員に対して成長の機会を与え、社員はその環境を存分に活かして能力を伸ばし、その能力を発揮して企業の業績に貢献する。能力に溢れた社員が頑張る企業はどんどん大きくなる、挑戦の規模が大きくなり、ポストに溢れ、より一層社員が成長できる。

氏名

小野

こういった連鎖こそが企業と社員が相互に支え合う良い関係性だし、社会で活躍している人は一様に、自分の能力をどう企業に役立てるか?ということを考えていると思っています。それが社会人です。

氏名

三浦

確かに。お互いにプラスに働くのでいい関係性であると言えますね。

氏名

小野

求められてないような気もしつつ恋愛の話に戻すと、頭でする恋愛は、どこか「もっと良い人が現れるんじゃないか?」みたいな浮ついた気持ちがつきまとうような気がしますが、心でする恋愛は二人の関係を育むことに集中できます。

仕事も一緒で、「もっと良い環境があるんじゃないか?」と自分のキャリア形成がいつも気がかりになっているような人よりも、今自分の目の前にある仕事で最大のパフォーマンスを出すことに

集中している人の方が、重要な仕事が集まってくるし、自然に成長していくと思います。

氏名

三浦

今の就活生だけではなく、自分自身もその言葉大切にさせてください!

本日はありがとうございました。


まとめ

取材中、終始私たち取材班のことを考えながら取材に応じてくださった小野さん。
AWAの代表取締役だからこそ、周りやメンバーのことを常に考えている方なのだと取材をしていて感じることができました。

「振り切って勝負したい。」

そう思う学生の皆さんは一度サイバーエージェントに興味を持っていただきたいです。

 

この記事をシェア

新卒採用の公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

記事ランキング

「型に縛られずに、新たな領域にいち早く挑戦」
入社3年目でゲーム子会社CTOに就任、その後7年間のキャリアと想い

採用

これまで様々な技術者のインタビューをお伝えしてきましたが「若手社員の活躍のイメージが強いので、もっと多様なキャリアを知りたい」という声をいただくことが増えました。

そこで今回話を聞くのは、2014年10月に入社3年目でサイバーエージェントの子会社GOODROIDの立ち上げに参画し、同社CTOに就任した永石です。設立8年目を迎えたGOODROIDは、先日TVアニメ『東京リベンジャーズ』初となる スマートフォン向けゲームアプリ化プロジェクトを発表。独自の戦略が奏功し、年々躍進を遂げています。子会社設立に至る経緯やCTOとしての想いを聞きました。

Page Top