FC町田ゼルビアの未来を語り尽くす対談が「ゼルつく」で実現!
~サポーター歴14年目 谷原章介 × オーナー藤田晋~

サービス

インターネットテレビ局「AbemaTV」で放送中の、サッカーリアリティーショー「FC町田ゼルビアをつくろう~ゼルつく~」にて、番組の代表をつとめる谷原章介さんと、オーナーの藤田が対談を行いました。12月19日(木)夜9時~放送予定の一部を、一足お先にご紹介します!

Profile

  • 谷原 章介
    1972年生まれ、神奈川県出身。俳優やMCなど幅広い分野で活躍する。FC町田ゼルビアサポーター歴14年目。

好きなサッカーチームが一つあると、人生はこんなに充実する

谷原さん(以下敬称略):実は初めましてなんですよね。FC町田ゼルビア(以下、ゼルビア)ファンのひとりとして、今日は聞きたいことがたくさんあります!まず、激動の一年間だった今年、藤田さんにとってはいかがでしたか?

藤田:成績は少し振るわなかったですけど、課題も見えてきました。10月のサポーターミーティングの件もあって、チームに対する距離感はより近くなったと思いますね。来年からは、さらにギアを上げていきたいと思っています。

谷原:一つの問題が起こったことで、雨降って地固まるということでしょうか?

藤田:本当にその通りです。一年前にゼルビアの経営に参画して、心理的には距離があって遠慮している部分もありました。今回、前面に立って課題に向き合ったことで、サポーターとも直接話せたし、フロントスタッフとのコミュニケーションも密になった。そういう意味では来年がスタートラインかなと思っています。

谷原:チーム名の変更は、ご自身の中でいつ頃から描いていたものでしょうか?

藤田:株を取得するとき、町田という日本全国から見ても一つの町に、なぜそんなにマーケティング予算をつぎ込むんだという意見が社内で出たんですね。そこで、「町田だけではなく東京全域だ」と論理立てて説得しました。世界から見たとき「東京のクラブ」という立ち位置にすることで、多額の出資に見合うと納得してくれました。

谷原:ということは、もともと買収の話は藤田さんから提案したんですか?

藤田:買収自体は受け身でもらった話なのですが、ずっとサッカーチームをやりたいと個人的に思っていました。「AbemaTV」を開局して3年半になりますが、うまくいくコンテンツは、結局、自分たちが精通しているジャンルであったり、情熱が傾けられるものだとわかりました。だから、僕が好きなサッカーで、大学時代を過ごしたゆかりのある町田という土地でやりたかった。それで強引に社内の承認を得たという経緯です。

谷原:藤田さん自身のサッカーへの愛情や情熱は、サポーターが一番気になるところだと思うんですよね。そこは僕もサポーターとして知りたいです。

藤田:サポーターの方に、「藤田さんはサッカー好きなんですか?」と不安そうに聞かれることもあるんですけど、実は社員には言えないくらいサッカーの試合を見ています(笑)。2006年に東京ヴェルディの経営に参画した時、それが生きがいになるくらい、毎週末のサッカー観戦にハマりました。同時に、筆頭株主ではなかったので、思うような経営が出来なかったり、良い選手を取れないことが歯がゆかった。サッカーゲームのウイイレ(ウイニングイレブン)だと、すごい選手をどんどん取れますよね(笑)。それで夢中になってゲームをするうちに選手名を覚えて、ヨーロッパのサッカーをよく見るようになったりしました。

好きなJリーグのチームがあると人生がこんなに充実するのか、ということは東京ヴェルディの経験から知っていたので、やっぱりもう一度やりたい、という思いがここ数年で強くなりました。サッカークラブの経営の難しさは経験済みなので、その中でなんとかやれる方法はないかと模索しましたね。

試合後に熱く語れる相手は、僕だってほしい

谷原:チームの名称については、今後どうしていく考えでしょう?

藤田:メジャーなチームにしていくための足がかりとして、リブランディングを考えていましたが、こういう形で話題になってしまうと負のイメージがついてしまうので難しい。名前は変えられないなと、あのファンミーティング直後から思っていました。

谷原:では、しばらくはこのままで、賛同が得られることがあったら再検討といったところでしょうか?

藤田:そういう時がいつか来れば、ですね。今のところ変えるつもりはないです。

谷原:あのサポーターミーティングの後には懇親会があったと聞きましたが、サポーターとの交流もされているんですね。

藤田:サポーターミーティングなどで直接話したり、Twitterでサポーターだと分かる方は結構フォローしたので、そこでコミュニケーションをとっていますね。試合前になると、みなさんバーっとツイートし始めるので、それを見て一緒に楽しんでます。来シーズンは、試合後の懇親会ももっとやりたいですね。

谷原:直接話す機会を増やすということですね。

藤田:マニアックな共通の趣味を持っている仲間みたいなものじゃないですか。試合が終わった後に熱く語れる相手は僕だって欲しい。旗を振っているサポーターなんて僕より詳しいし、色々聞きたいですね。


ここまでは70分収録した対談のほんの一部!
チーム名変更を聞いた時の谷原さんの本音、SNSから募集したサポーターの直球な意見、新戦力補強など来季への具体策!果たして、ゼルビアの未来はどうなる?! 

続きは、12月19日放送『FC町田ゼルビアをつくろう~ゼルつく~』をご覧ください!

放送日:2019年12月19日(木) 夜9時~
放送チャンネル: AbemaSPECIAL2
出演者 :  谷原章介、藤田晋、こぶしファクトリーほか

ノーカット完全版もAbemaビデオで配信予定

配信開始:2019年12月19日(木) 夜10時~
出演者 :  谷原章介、藤田晋
URL: https://abema.tv/video/episode/90-1238_s10_p2
(19日よる10時よりオープン)

FC町田ゼルビアをつくろう~ゼルつく~

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

「オンライン営業」に特化したサイバーエースの
”リモート体制ではない” 本当の強み

サービス

オンライン研修、オンライン飲み会、オンラインデート・・・

コロナ禍で急速に普及が進む「オンライン〇〇」ですが、当社には2年前から「オンライン営業」を積極活用して企業のWebマーケティング支援を行う子会社、CyberACE(サイバーエース)があります。

オンライン上の営業活動を駆使することで、営業拠点に捉われることなく、全国各地のあらゆる企業に対応し、顧客満足度の高いサービス提供を実現しています。

そこで今回は、CyberACE代表の西島に、同社のオンライン体制や、オンライン営業で大切にしていることなどを聞きました。西島の言う、”リモート体制”ではないCyberACE社の強みとは。

もちろん、オンライン取材でお届けします!

Page Top