採用

「どんな良い商品も、売れるかどうかはマーケティング次第」
作ることより、魅せることを選んだ元メーカー営業マンの転職理由

プロフェッショナルなマーケターは今やどの業界でも貴重な人材。とはいえ、どういうキャリアを歩むことがマーケターへの近道なのでしょうか?
メーカーでの営業経験を経て、広告代理店に転職。そこで、メーカーのマーケティングを支援するという特異なキャリアを選んだ大橋にインタビューしました。

Profile

  • インターネット広告事業部 西日本事業部 チーフコンサルタント
    大橋 雅史

    2015年、大手食品メーカーに新卒入社し営業に従事。2018年にサイバーエージェント、インターネット広告事業部に中途入社。同年に事業部内のベストルーキー賞を受賞。

商品の魅力を多くの人に伝える、そのために選んだ広告代理店への転職

- なぜキャリアチェンジを考えたんでしょうか?

前職は食品メーカーで、営業を3年程していました。担当商品の熟知、競合を圧倒するほどの提案数など、努力の甲斐あって一定の営業成績を残せたと自負しています。ただ、「自分の提案によって本当にクライアントのビジネスはスケールしているのか」という疑問がぬぐえず、自分の付加価値は何だろうと考える様になりました。その過程の中で、商品が売れるかどうかはマーケティング戦略が重要で、広告の力を用いていかに商品のメッセージを多くの人に伝えられるかだという結論にいきつきました。それは、テレビやインターネットの広告を流している時は消費者は勿論のこと、それまで興味を示さなかった小売店の店長も話を聞いてくれ、取引がスムーズに行われたという自身の経験が大きかったからだと思います。その後、メーカーでのキャリアを生かし、消費者と広告主の架け橋になりたいという思いで転職を決意。メーカーのマーケティング職へのキャリアチェンジも考えたのですが、マーケティングや広告に関する知識、経験を幅広く体得出来る広告代理店を選びました。

- サイバーエージェントを選んだ理由を教えてください。

大学時代の先輩がサイバーエージェントで働いていて、彼の影響が大きいですね。偶然にもその先輩は、飲料メーカーの担当をしていたので、マーケティング関連の話をしたのですが、彼の広告やマーケティングの知識量とその奥深さに圧倒されました。こんなにもクライアントの事業を理解し、広告のスペシャリストであるこの人と働きたいと強く思いました。また、メーカー時代からデジタル広告に興味があったので、インターネット広告でトップシェアを誇るのサイバーエージェントだったら、多くのことが学べると思ったことも、サイバーエージェントを選んだ大きな理由の1つです。

今ではその先輩が上司ですから人生分からないものですよね(笑)
今ではその先輩が上司ですから人生分からないものですよね(笑)

- メーカーから代理店、異業界へのキャリアチェンジに違和感は無いですか?

それは全く無かったです(笑)。 クライアントとは別の立場ではありますが、目指すべき目標は同じなので、チームとして頑張らせていただいているという感覚に近いです。むしろ、元々メーカーという立場で働いてたので、代理店が見落としがちなクライアントの事情を汲み取る事も出来ます。その結果、自身がメインで担当しているGoogleとYahoo領域の売上を、過去最高の昨対比150%以上伸ばすことに成功。上司からも、私が入ってからクライアントとの一体感が増したとの評価を得ています。
サイバーエージェントに入社してから、様々な業界・業種を担当させてもらったことで、これまで持っていなかった知識や経験が身に付き、成長実感を得られています。

「何でも売れるマーケターになりたいです」

- 今後サイバーエージェントでの、広告マンとしてのキャリアを教えてください。

担当する商材のマーケティングを、全て成功に導くマーケター、かつ広告マンになりたいと思っています。前職時代に良い技術で、良い商品を作ってもプロモーションが上手く行かず、売れ残る商品をたくさん見てきて、悔しい思いをしてきました。またサイバーエージェントに転職してからも自分たちのマーケティングの力量次第で売れる商品、売れなかった商品どちらもあり自分たちの仕事の責任の重さも痛感しました。
開発者の熱い想いや、商品のストーリーを最適な形で消費者に届けるのが私たちの仕事だと思うので、日々使命感を持ってクライアントに向き合っていきたいと思います。

2021年卒本選考エントリー受付開始

2021年度卒ビジネスコース本選考の募集が始まりました。みなさまからのエントリーをお待ちしています。

新卒採用のオフィシャルSNSアカウントをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
Page Top