エンジニア若手座談会

採用

この会社に辿り着いた理由

多くの企業がある中、エンジニアとしてサイバーエージェントに入社を決めるまでに、どんなことを考え、どのような就活をしたのかに迫ります。
当社との出会いや、各々のキャリアの展望について、早川(2019年入社)、中尾(2020年入社予定の内定者)、菊池(2020年入社予定の内定者)の3名に聞きました。

Profile

  • 早川 裕太(ハヤカワ ユウタ)
    2019年新卒入社。愛知県出身。
    位置情報を活用した広告プロダクト「AirTrack」データサイエンティスト。
    学生時代は位置情報による都市動態予測の研究などに取り組む。
    東京工業大学工学修士修了。

  • 中尾 涼(ナカオ リョウ)
    2020年新卒入社予定の内定者。埼玉県出身。
    現在は、OpenSaaS Studio developer productivityチームに所属。サーバーサイドエンジニアとして内定者アルバイト中。
    中央大学商学部商業・貿易学科在学。

  • 菊池 天(キクチ ソラ)
    2020年新卒入社予定の内定者。大阪府出身。
    現在は「AbemaTV」のコンテンツ配信チームに所属。バックエンドエンジニアとして内定者アルバイト中。
    神戸大学電気電子工学科在学。

- 「エンジニア」という職種に興味を持ったキッカケは何ですか?

早川
小さい頃から理系の勉強は好きだったのですが、プログラミングに触れたのは大学生になってからです。
元々プログラミングをバリバリ書いていたタイプではありませんでした。

元々大学では画像解析などを学べればと情報工学科に進みました。学部2、3年の頃に「AIの台頭により、画像認識分野でブレイクスルーが起きる」というニュースを目の当たりにして、AI技術に強く興味を持ちました。
その後、インターン先や研究室を決める際にも機械学習の応用を扱える所を選ぶようにしました。特に研究室で3年間学んだ技術が現在に生きている気がします。

菊池
私は、小さい頃から工作や美術の授業が好きで、モノづくりが好きな子供でした。
大学進学時、ハードウェア・ソフトウェアについて勉強したくて、神戸大学を選びました。
大学の授業で初めてC言語を触ったのがプログラミングとの出会いです。
モノづくりの楽しさを、幼少期とは違った形で知ることでき、さらに興味がわきました。その後すぐUnityを使ってレーシングゲームを作り始めてましたね。

中尾
高校までは野球をやっていましたが、プロ野球選手に憧れを抱いていたわけではなく、グラブやバットのような道具を作る人になりたいと思ってました。
当初はスポーツメーカーに入り商品開発をしたいと思うほど、モノづくりが好きでした。
しかし、大学進学後に広告研究会に入った際、サークルのホームページを作っている先輩がいて、その様子を見て純粋に憧れました。
それから、すぐに自分でもサイトをつくりHTMLやCSSをやり始めたら面白く、のめり込んでいったのを覚えてます。
それがプログラミングをやり始めたきっかけです。

- どのような就職活動をしていましたか?

早川
就職活動シーズンは、研究が忙しく、心理的にも大変だったため、何十社も受けられないし、インターンシップにも参加していません。なので、私の就職活動は参考にはならない就職活動かもしれません。笑

とにかく時間がなかったので効率よく就活をするために、複数社集まる就活イベントに参加したのですが、そこで初めてサイバーエージェントのことを知りました。
ただ、その時は色々な事業をやっていることから、実態がつかめず、自分がそこで活躍できるイメージが持てなかった。
そのことを正直に人事担当者に伝えたところ、様々な部署の人と話す機会をもらったんです。そこから、理解が深まり、活躍イメージが持てて、最終的にサイバーエージェントに入社を決めました。

中尾
大学1年の時から、WEB系のベンチャー企業でインターンをしていました。
そこでは社内ツールを作っていましたが、社内のサービスなので、ユーザーも少なく影響範囲が狭いと感じていました。
もっと大規模で、多くのトラフィックが集まるサービス作りに携わりたいと思い、他のインターン先を探していたら、「AbemaTV」や「AWA」など多くのユーザーを持つサービスを手掛けるサイバーエージェントという会社があることを知りました。
Facebook経由で直接人事に連絡し、インターンしたいと直談判したところ、参加できることに。
それがきっかけとなり、後にサイバーエージェントに入社することになりました。

菊池
私は、就活時期となる大学3年生の時にアメリカ旅行をしていました。笑
旅行と並行して日本にいる知人に就活相談をしていて、自由度高く、挑戦できる環境で働きたいという就活軸が定まりました。
その中の1社にサイバーエージェントという会社があるということを知り、エントリーしました。

帰国後、就職活動を開始したのですが、神戸の大学に通っていたため、金銭や時間との兼ね合いで東京に来ることは限られてしまいますが、私が受けていたベンチャー企業の多くは、最終面接や長期インターンシップ以外は、上京することなく選考を進めることができたので、遠方でも機会の格差はあまり感じずに就活ができたと感じてます。

- なぜサイバーエージェントに入社を決めたのですか?

中尾
学部3年生の時に、他のベンチャー企業で約半年間インターンしていて、実はその会社とサイバーエージェントで迷っていました。笑
その会社は凄く拡大していて勢いがあったのですが、入社のオファーを頂いた時はまだ決めかねていたんです。
そんな時に、サイバーエージェントから「インターンシップの募集をしているから挑戦してみない?」と声をかけてもらい、良い機会だと思い、参加することにしました。

インターンで現場を知ることができ、すぐに感じたことは、社員のサービスに対する思いの強さ。そして、学生かどうかは関係なく意見が求められ、その意見がプロダクトにすぐに反映される環境がありました。
インターンであろうと、学生であろうと、発想次第で活躍できる場所があることを身をもって体感し、ここで働きたいと思い、入社を決意しました。

早川
入社理由が「若いうちから活躍できる」「裁量権をもらえる」というのは、同感です。
サイバーエージェントは、どのチームでも、年齢や立場関係なく、必要であれば、自分の意見がサービスに反映されます。
入社前に「裁量権あるよ!」とは言われたけど、正直そこまで信じられなかった。
でも実際、「こんなに任せてもらえるんだ」と思いましたし、入社前と後でほぼギャップがないのが本当にすごいなって思います。

あと、アカデミックとビジネスの距離が近い点も入社を決意したポイントです。学生時代に参加したAAAIという学会でAI Labのリサーチャーの方々とお話させて頂いたのですが、入社してみると、皆さんがプロダクトにかなり近いところで働かれていて驚きました。

アカデミアの知見をプロダクトに落とし込んだり、逆にプロダクトの課題感から研究テーマ設定されていたりします。データサイエンティストの立場からそういったと協力しつつ仕事ができる環境はすごくありがたいです。

菊池
内定者だから、といって任せてもらえる範囲が限られることはなく、むしろ社員と同様のジョブサイズを与えてくれますね。
私は、色々就活の軸はあったのですが、最終的には会社のビジョンに共感できたことが入社のポイントでした。
サイバーエージェントの「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンは、自身の目指す方向にも重なる点があるためしっくりきましたし、役割や職種に関わらず21世紀を代表する会社やサービスを作るために貢献できると、長期インターンや選考を通して感じたからです。

- 将来のビジョンについて教えてください

早川
特にデータを活用した分野で、アカデミアの最先端を、きちんとビジネスの最前線へ落とし込めるようになりたいと思ってます。
基本的には事業会社にいる以上ビジネス課題が最優先だと思ってます。そのビジネス課題の解決に対する速度や精度などのモチベーションは様々ありますが、全の課題に対して、適切な解決へのアプローチができるような人材になりたいと思ってます。

中尾
思いついたアイデアがソフトウェアになるまでのサイクルを短くするようなソフトウェアを、自分が主体となって開発したいです。
最終的には自身の開発したもので、人の創造性を豊かにし、人が創作活動に専念できるようなソフトウェア開発を目指していきたいと思っています。

菊池
日本発のGAFA規模の会社を作りたいです。
昨今、日本経済の衰退が叫ばれ、特にソフトウェア界隈では外国企業の名前ばかりが目立ちます。
この状況は日本人として非常に悲しいと思ってます。
一昔前にブランドとして認知されていた「Made in Japan」という価値を、ソフトウェアの領域で取り戻したい。
そのために、プロダクトの開発に全力を注いでいきたいと思ってます。

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

インターンシップから内定まで全てオンライン完結!
進化した「UIDA」の全容を21年度卒クリエイター内定者に聞きました。

採用

昨今の新型コロナウィルス感染拡大の影響で、今春に予定していたクリエイターインターンシップ「UI DESIGN ACADEMY」を初のフルリモートで開催しました。
今回、本インターンシップへ参加し、その後も全てオンラインでの選考を経て、当社へ入社を決めてくれた2021年度内定者に、オンラインインターンシップや就活での不安点など、リアルな部分をインタビューしました。

Page Top