採用

「エンタメクイーンになる!」
アメブロに全てを捧げたチアガール奮闘記

2019年4月、サイバーエージェントに395人(連結)の新入社員が入社をしました。先日開催した社員総会では、半年間で特に高いパフォーマンスを発揮し、活躍した新人を表彰する「グッドスタート賞」として5名の新入社員を表彰。彼らはこの半年間どのように過ごしてきたのでしょうか。彼らをよく知るトレーナー社員との対談を通し、新人賞を受賞したビジネス職の4名をご紹介します。

Profile

  • メディア統括本部Ameba事業本部エンタメグループ 高野 礼子

    2019年新卒入社。エンタメグループにて芸能ブログの新規リクルーティングとコンサルティングを担当。2019年、サイバーエージェントグループ総会にて、最優秀新人賞を受賞。

  • メディア統括本部Ameba事業本部エンタメグループ 責任者  種市 真理子

    2016年新卒入社。エンタメグループにて芸能ブログの新規リクルーティングとコンサルティングを担当。同年全社総会にて新人賞を受賞。2018年入社3年目にマネージャーに昇格。また、「YMCA(若手活躍組織)」の中でも入社3年目以内が選ばれる「YM18(次世代幹部候補生)」の1期生にも選抜。2019年10月よりエンタメグループの責任者として芸能ブログ領域全体の担当をしている。

知識がないならで行動量で勝負
華やかに見える世界は実は泥臭かった

- 最優秀新人賞おめでとうございます。仕事内容とミッションを教えてください。

高野:もともとエンタメが好きだったこともありメディア事業部を志望して配属されました。入社後は「アメーバブログ」で約2万人の芸能人との窓口に加えて、新規開拓と既存ブロガーのコンサルティングを担当しています。特にメインで担当しているのはスポーツ選手のブログ。2020年に向けて、「Ameba」でスポーツ選手を盛り上げるために何ができるかを戦略立てて実行しています。もともと「アメーバブログ」はユーザーとして使用していたので、運営側になった時は感慨深いものがありました。

- なぜサイバーエージェントに入社したのですか?


高野:自分の仕事に誇りを持って働いている人が多いことが魅力的だったからです。私は大学時代、体育会のチアリーディング部でキャプテンを務め、部活漬けの4年間を過ごしました。人を応援することが好きで、みんなで目標に向かって努力するのは、きつかったけれど充実した経験になりました。そんな経験を大学だけで終わらせたくないと思ったのがサイバーエージェントを選んだ理由です。初めての社員との接点は、広告事業本部の伊藤成美さん。伊藤さんもチア部で、過去にキャプテンを務めていた経験もあり、そして社会人になった今も夢を持ち仕事に全力を捧げる姿に心を奪われ、選考に進みました。

- トレーナーから見た、高野さんの第一印象は?

種市:彼女の第一印象は「話すのが下手な女の子」でした(笑)。ただ、彼女のポジティブな姿勢は周りをも明るく元気にする存在だとも思いました。高野は大学時代もスポーツに対して熱を注いでいたこともあり、事業部としても力を入れていきたい領域とちょうど合致し、高野をスポーツブログの責任者として任せることに決めました。

- 実際に、どのような実績を残したのでしょうか?


高野:入社してから最初の2ヶ月間は新規ブロガー開拓にコミットしていました。テレアポ、ダイレクトメール、SNSなど、とにかくあらゆる手段を駆使してコンタクトをとり、達成率400%達成しました。また、Ameba内に新たにスポーツページを作りそちらのディレクションも担当しました。

- 400%達成とはすごい実績ですね。ご自身が考える受賞理由はなんだと思いますか?


高野:行動量とコミット力でしょうか。私は学生時代にビジネスの経験はなかったですし、サービスに関する知識も全くありませんでした。ただそんな中でも成果を残すために自分には何ができるのかを考えた結果、人より優れた才能がないのであれば、それを凌駕するだけの行動量で勝負しようと考えました。また、チャンスがあればすぐに飛び込む姿勢を持ち続けられたというのが成果を残せた理由だと思っています。よくエンタメ業界は華やかそうだと言われますし、入社前までは私もそう思っていましたが、実際は泥臭い仕事がほとんどですね。

- 新人賞は最初から狙っていたんですか?


高野:そうですね。入社のきっかけになった伊藤成美さん、そしてトレーナーの種市さんも新人賞をとっていたため、意識はしていました。しかし何も取り柄のない自分が取りたいという発言をすることに抵抗があり、最初は宣言することもできなかったのですが、2ヶ月目で部署内での新人賞を受賞したことをきっかけにそれを発信するようになりました。種市さんにも相談し、受賞に向けての施策を二人三脚で実行してきました。

種市:メキメキと頭角を現してきていた彼女をどうにか壇上に上がらせたいという想いもあり、理想と現状の乖離を全て把握し実行に落とし込みました。

最優秀新人賞を取った高野の強みは
「度胸」と「姿勢」

- そんな種市さんから見た高野さんの強みはどこにあると思いますか?

種市:驚異的な定量成果ももちろんすごいことなのですが、高野の強みは何と言っても「物怖じしない度胸」と「難易度の高さから逃げない姿勢」だと思います。
彼女の担当領域は先輩社員ですら悲鳴を上げる難易度の高さですが、できる手法を考えて社内を巻き込みながら成果を出すその姿勢が本当にすごい。開拓数は私の新卒の時の倍以上です。また、今回初めての取り組みとなるスポーツページは、たまたま高野の座席後ろで行っていたミーティングで「スポーツ」というワードが聞こえたからと、飛び入り参加した高野のアイデア。その、行動力にもびっくりします(笑)、”営業”という仕事の枠組みに囚われず、自らでデザイナーにオリエンをしている姿には、こちらも刺激を貰い、こんなエンタメ人材が次世代には必要だなと思っています。

- 仕事をする上で大切にしていることはありますか?


高野:「相手の立場に立って考える」ことです。相手がなぜその連絡、発言をしたのかを考えて、先回りして行動しています。それは仕事をする上でも、普段の人間関係でも大切だと思っています。種市さんのこの能力が本当に素晴らしく、近くで見ていつも勉強させてもらっています。

- 今後の目標教えてください。


高野:「高野が頑張ってるから自分も頑張る」と、周囲にポジティブな影響を与えられる人物になり、”エンタメクイーン”になることです。そして、何よりもトレーナーの種市さんを超えること。もちろん、そのものになるわけではなく、全て吸収した上で自分らしさを表現し、次世代のエンタメ事業を担う存在になりたいと思います!

- トレーナーとして今後期待することを教えてください。


種市:そのように言ってもらえるのは嬉しいですが、私のようになる必要はもちろんありません。むしろ、私から仕事を無くすくらいの活躍をしてもらいたいです。”エンタメ人材”という、枠に囚われない彼女らしい新しい形をつくり、より難易度の高い仕事をして欲しいと思っています。

2021年卒本選考エントリー受付開始

2021年度卒ビジネスコース本選考の募集が始まりました。みなさまからのエントリーをお待ちしています。

新卒採用のオフィシャルSNSアカウントをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
Page Top