「渋谷ABEMAS」、競技麻雀の楽しさを広めるべく小学生と交流

Other

いよいよ9月30日(月)より、2019年プロ麻雀リーグ「Mリーグ」が開幕します!
この夏「渋谷ABEMAS」の選手は、子どもたちに向けて競技としての麻雀の楽しさを広めるとともに、将来「Mリーガー」が子どもたちの夢になれるよう、様々な取り組みを行いました。今回はその模様をレポートします。
 

「渋谷ABEMAS」、小学生向けの麻雀教室を開催

2019年8月、東京都渋谷区でSMA学生麻雀フェスが開催されました。このイベントは一般社団法人学生麻雀連盟が主催し、一般社団法人Mリーグ機構が共催・特別後援する小学生麻雀教室と中高大生麻雀交流大会となります。
 

午前の部では、「渋谷ABEMAS」の選手による小学生向けの麻雀教室が開かれました。はじめはピンズだけを使った4枚麻雀でアガリの練習をしました。夏休みに親に連れてこられて、初めて麻雀をプレイする未経験の子供もいましたが、4枚麻雀、7枚麻雀と慣れていきながら最後には通常の13枚麻雀も楽しんでいました。

「渋谷ABEMAS」選手のコメント

日向藍子選手
子どもたちの素直な反応にとっても刺激を受けました。私自身、子どもがいるのですが、麻雀は教育という観点でもとっても良いものだと思っています。小さなお子さんは数字や絵の認識を高めるのにとっても良いし、何より4人で対戦するので、コミュニケーション能力が高められる競技だと思っています。ぜひ、今後も麻雀を楽しんでほしいです。

 

松本吉弘選手
麻雀って楽しい!が伝えられればと良いなと思っていたのですが、逆に子どもたちからパワーをもらいとっても良い時間でした。全然教えてないけど、感覚的に次にどうするかが分かる子もいて、吸収力が凄いなと。麻雀の未来は明るいなと思いました。
 

白鳥翔選手
子どもたちの発想の自由さにとても驚きました。ルールの吸収も早く4枚麻雀はあっという間に理解し、13枚麻雀も難なく対応していて、子どもって凄いなと思いました。

 

多井隆晴選手
きらっと光る才能ある子もいて、ここからMリーガーを目指す子どもがいてくれると嬉しいなと思いました!麻雀が上手くなるコツは沢山打つこと。ゲームでも大丈夫です。これからも続けてくれると嬉しいです。Mリーガーが子どもたちの憧れとなるよう、引き続き頑張ります。

 

「Mリーグ」の4選手が目黒区の小学校を訪問

2019年9月、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」に所属する4選手が、東京都目黒区立駒場小学校の「駒ちゃん広場」を訪れ、小学生向けの麻雀講座を行いました。

「駒ちゃん広場」は放課後の子どもの居場所として、駒場小学校の在校生・卒業生の保護者有志で運営されています。東京大学のサークルや地域住民を講師に迎え将棋、麻雀、ジャグリング、ラクロス、ミニバレー、卓球、茶道、理科教室など、さまざまな講座を年間約90講座開催しています。

今回は、「Mリーガーがやってくる!プロに学ぼう♪麻雀」と題し、小学1年生から6年生まで約20名の子どもたちが参加。
 

講師をつとめてくれたMリーガー 
左から 
「EX風林火山」滝沢和典選手 「KONAMI麻雀格闘倶楽部」 佐々木寿人選手 
「赤坂ドリブンズ」 園田賢選手 「渋谷ABEMAS」 日向藍子選手
講師をつとめてくれたMリーガー
左から
「EX風林火山」滝沢和典選手 「KONAMI麻雀格闘倶楽部」 佐々木寿人選手
「赤坂ドリブンズ」 園田賢選手 「渋谷ABEMAS」 日向藍子選手

はじめての全自動雀卓に子どもたちは大興奮!

普段「駒ちゃん広場」では、机の上にマットを引いて手摘みで麻雀牌を並べていますが、この日は、大洋技研株式会社の協賛で、特別に全自動麻雀卓を1台持ち込み、実際に触ってもらいました。

はじめての全自動麻雀卓に子どもたちは大興奮!「なるほど、交互に積まれているのか」とすぐに仕組みを理解する子や、「これだと牌を並べるの楽ちんだね~」と興味深々です。

次に、初心者、経験者に分かれてレッスン。初心者は、自身も1児の母である「渋谷ABEMAS」 日向藍子選手から、麻雀牌の種類の説明、麻雀ならではのアガりかたを子どもにも分かりやすく
丁寧にレクチャー。

吸収の早い子ども達は、「ツモ」は最後あがるとき自分で牌を引く場合、「ロン」は最後あがるとき相手の捨てる牌で補充するとき、と早く麻雀を試したい様子です。

そしてお待ちかねの麻雀タイム。初心者は4枚麻雀からはじめていきます。1~2回実践してみると、ルールを理解し「やった、この牌の組みあわせは強いな~」「どうしよう~、運が悪い、これじゃ全然勝てないよ~」のコメントに、思わず笑顔がこぼれる「渋谷ABEMAS」 の日向選手。

一方、麻雀経験のある子どもたちは、ルールを理解しているので、大人と同様13枚からスタート。講師の佐々木選手が後ろについて、「この場合はこう切るといいよ」「いいね、その牌はいらないね~」と、牌の状況をみながら丁寧にレクチャーしていきました。

あっという間の講座を終え、子どもたちに今日の感想を聞いてみたところ、

・はじめて麻雀をやってみて、どんな牌が出てくるのか、わからないところが楽しいなと思った
(低学年・女子)

・将来サッカー日本代表になりたいなと思ってたけど、Mリーガーもかっこいいなとおもった
(低学年・男子)

・自分の思い通りにならないところが楽しかった(高学年・女子)

・面白かった!4枚だと物足りないくらい!(低学年・男子)

麻雀をやってみての楽しさや魅力を嬉しそうに語ってくれました。また、講座を見守ってくださった保護者の方にも感想を聞いてみたところ、

・麻雀は算数の勉強にも役立ちそう。子ども達が楽しそうでとっても良かったです
・お家でゲームをするよりも、こうやってお友達とコミュニケーションを取りながら麻雀をするほうがいいなと感じました

・一流選手の皆様に教えて頂いたことは忘れられない経験になると思います。子どもたちの笑顔がとても嬉しいです


講師をつとめた選手のみなさんは子どもたちが短時間で麻雀を理解し習得していく様子に驚きながら、「これをきっかけに少しでも麻雀の楽しさが伝わって、続けてくれるといいな」と感想を述べててくれました。

今後も「渋谷ABEMAS」では、競技スポーツとしてより多くの方に麻雀を楽しんでいただけるよう、様々な取り組みを積極的に行ってまいります。


いよいよ9/30(月)に「Mリーグ2019シーズン」が開幕します。
今期は新チームの「KADOKAWAサクラナイツ」が加入し、セミファイナル制も導入され白熱した闘いが期待されます。また各チーム男女混成チームとなったことで新しいMリーガーも多く誕生しました。昨シーズン以上に見所が増えています。
ぜひ「Mリーグ」でトッププロ達の手に汗握る対局をとおして、観る麻雀の楽しさや興奮を味わってみてほしいです。応援よろしくお願いいたします。
 

「Mリーグ 2019」ついに開幕!!

8チームのプライドをかけた戦いの火蓋が切って落とされます。「AbemaTV」でぜひご覧ください!
9月30日(月)17時半~開幕式、19時~試合開始
開幕戦は、U-NEXT Pirates vs TEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMAS

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

芸能や世界を経たダンサーFISHBOYが語る、プロフェッショナルに必要な2つの要素

Other

「ダンス、踊れますか?」
この答えは、世代によって大きく違いそうです。
というのも、親世代と子供世代を比較するとダンスを習っている人が約5倍に増加しているという調査結果※が出ているんです。

このようにダンス人口が年々増加する中、2021年1月に日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE」が開幕します。
当社もチーム「CyberAgent Legit(サイバーエージェント レジット)」を結成し、リーグ参加を表明。チームの監督には、世界大会で優勝経験もあるダンサーFISHBOY氏が就任しました。

大ヒット曲『PERFECT HUMAN』で知られる「RADIO FISH」のメンバー、振付師、プロデューサーなど様々な顔を持つFISHBOY氏。
そんな彼がなぜ監督を務めることになったのか、またどんなチームを目指すのか、インタビューしました。

※1『ダンスに関する意識調査』株式会社ヤマハミュージックジャパン調べ

記事ランキング

Page Top