「VRゲームを開発せよ」小学生プログラマーたちが2日間で挑むVRハッカソン

サービス

NINTENDO LABO × Tech Kids School

2019年6月29日、休日の渋谷の街を見渡すAbemaTowersに19名の小学生が集まりました。机上に置かれた「NintendoLabo」を手に取り、小学生らしい笑顔を見せてはしゃぐ子どもたち。実は彼らは、これからゲームをするのではなく、「2日間でオリジナルのVRゲームを開発せよ」というミッションに挑戦するキッズプログラマーたちなのです。

動画で見る「ハッカソンイベント「Nintendo Labo Hackathon 2019 ~VRゲームを開発せよ~」

任天堂が提供する、家庭で手軽にVR体験を楽しむことができる「Nintendo Labo: VR Kit」を通して、「Tech Kids School」に通う生徒の希望者の中から抽選で選ばれた19名の子どもたちが2日間にわたってオリジナルのVRゲーム開発に取り組みました。オリジナル作品の発表後は互いのゲームを体験し合うなど、大いに盛り上がった様子を動画でご覧ください。

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

Mリーグチェアマン 藤田が語る
「麻雀も仕事も人生も、運7実力3」

サービス

2018年10月に開幕した麻雀プロリーグ「Mリーグ」。リーグのチェアマンを務める藤田は、「麻雀はビジネスの最高の教材になる」と常々話しています。不平等な配牌から早く大きくアガりを目指す麻雀は、ビジネスの世界の縮図のような面もあるとか。

藤田が麻雀をすることで鍛えた、勝負強さ、場を見る力、忍耐力など、仕事をする上でも大いに役立つ要素について語りました。

※転載元:プレジデントオンライン

Page Top