CA Tech Kids代表に聞く、未来の担い手を育てるためのプログラミング

Other

文部科学省の「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」委員なども務め、プログラミング教育の普及に努めるCA Tech Kids 代表の上野に、日本のプログラミング教育の現状や、「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」発足の意義をききました。

未来の担い手である子どもたちを育てていくために
「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」

 上野 朝大(ウエノ トモヒロ) 
株式会社CA Tech Kids 代表取締役社長  
 
2010年、株式会社サイバーエージェント入社。2013年5月小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」を運営するCA Tech Kids代表取締役社長に就任。文部科学省の「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」委員なども務め、プログラミング教育の普及に努める。現在、株式会社キュレオ代表取締役社長およびサイバーエージェントエデュケーション事業部部長も兼任。
上野 朝大(ウエノ トモヒロ)
株式会社CA Tech Kids 代表取締役社長


2010年、株式会社サイバーエージェント入社。2013年5月小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」を運営するCA Tech Kids代表取締役社長に就任。文部科学省の「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」委員なども務め、プログラミング教育の普及に努める。現在、株式会社キュレオ代表取締役社長およびサイバーエージェントエデュケーション事業部部長も兼任。

――日本でもいよいよ来年度より全ての小学校でプログラミング教育が始まりますね。

インドやイギリス、最近話題のエストニアなど、諸外国では何年も前から小学校でのプログラミング教育が必修になっているなか、けして早いとは言えませんが、タイミングとしては遅すぎるわけでもありません。重要なのは「必修」の中身です。例えばイギリスや中国の小学校ではアルゴリズムやプログラミング言語を教えているのに対し、日本は「プログラミング」という科目ができるわけではなく、「プログラミング的思考」を学ぶために、どんな内容の授業をするのかは各学校に任されています。

全ての小学校で、全員が等しく「プログラミングに関する学び」を得るということは歓迎すべきことなのですが、実際には学校のICT環境や先生側の体制が整っておらず、来年度から「だれが何をどうやって教えよう」という課題に直面している学校が少なくないというのが現実です。

――そうした状況を聞くと、日本のプログラミング教育はやはり遅れているのではないかと不安になってしまいます。

暗い話ばかりでもありません。日本でも、民間のプログラミングスクールに通うなどして、優れたプログラミングスキルを持つ子どもたちが着実に育っています。先に登場した井上くんのように、世界でも活躍できるレベルの子も出てきているのです。

本人が意欲的にハマっていった時に、きちんとその芽を育む環境があれば、ここまで成長する可能性が子どもたちにはあるということを知っていただきたいです。

――渋谷区長も話されていた「トップラインの大天才を育てる」という話に通じますね。

渋谷区では全小中学生にタブレットを配付して学習への活用を促しているほか、今回の「Kids VALLEY 未来の学びプロジェクト」発足以前から、DeNA社や当社などの民間企業が、実際に生徒たちにプログラミング授業をいち早く行っていました。

今回のプロジェクトでは、プログラミング教育だけでなく、実際にプログラマーの職業を紹介したり、会社見学を行ったり、社会との交流という側面にも取り組みます。

学校だからできること、私たち民間のIT企業だからできること、それぞれの役割、強みをもって、未来の担い手である子どもたちを育てていくために、まずはここ渋谷区から積極的に多くの事例を創出していきたいと考えています。

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line

芸能や世界を経たダンサーFISHBOYが語る、プロフェッショナルに必要な2つの要素

Other

「ダンス、踊れますか?」
この答えは、世代によって大きく違いそうです。
というのも、親世代と子供世代を比較するとダンスを習っている人が約5倍に増加しているという調査結果※が出ているんです。

このようにダンス人口が年々増加する中、2021年1月に日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE」が開幕します。
当社もチーム「CyberAgent Legit(サイバーエージェント レジット)」を結成し、リーグ参加を表明。チームの監督には、世界大会で優勝経験もあるダンサーFISHBOY氏が就任しました。

大ヒット曲『PERFECT HUMAN』で知られる「RADIO FISH」のメンバー、振付師、プロデューサーなど様々な顔を持つFISHBOY氏。
そんな彼がなぜ監督を務めることになったのか、またどんなチームを目指すのか、インタビューしました。

※1『ダンスに関する意識調査』株式会社ヤマハミュージックジャパン調べ

記事ランキング

Page Top